週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。病院ランキングだけでなく、治療法ごとの最新動向やセカンドオピニオンをとるべきケース、ランキングの読み方などを専門の医師に取材して掲載している。ここでは、「股関節の人工関節置換術」の解説を紹介する。

*  *  *
 股関節の骨を削って人工関節を設置する人工股関節置換術を受けるのは、約8割が変形性股関節症の人である。

 残りは、股関節の一部の骨頭(イラスト参照)が壊死してしまう大腿骨頭壊死、急速に骨頭がもろくなってつぶれる急速破壊型股関節症、関節リウマチ、外傷などがある。

 神奈川リハビリテーション病院の杉山肇医師は、以前と比べて「ここ5年間の傾向として、素材や技術の進歩によって人工股関節の耐用年数が以前より長くなった」と話す。

「人工股関節のライナーという部分(イラスト参照)にクロスリンクポリエチレンという素材が使われるようになって約15年経ち、以前は20年と言われていた耐用年数が延び、30年ほど期待できるようになりました。現在、人工股関節の種類は100以上あります。ライナー以外の主流の素材はヘッドがセラミック、ソケットとステムはチタン合金、スクリュー(ねじ)は純チタンです」

 JCHO大阪病院の中田活也医師は次のように話す。

「CT検査で患者さんの骨格を立体的に構築し、人工股関節の立体モデルを入れて仮想で計画する『3次元(3D)術前計画』が、この5年で一気に広がりました。これによって患者さんに合った人工股関節の種類やサイズを、患者さんごとに正確に選べるようになり、設置する位置なども決められます。変形した骨などの難しい症例にも対応しやすくなったのです。現在、国内で約500の病院に導入されています」

 その「3次元術前計画」を元にしたロボット手術も広まっている。医師がロボットアームを持って操作し、骨を削り、人工股関節を設置するものだ。仮に計画と異なる動きをすると、それを制御して、正確な設置をサポートするという。導入している病院は全国でもまだ限られているが、一部の病院で実施されている。

■セカンドオピニオンとるべきケース

 股関節の変形が強い人は、人工股関節を設置した際、それをしっかり支える土台となる部分の骨があるのかを調べたほうがいい。中田医師は「初めての手術であっても、セカンドオピニオンを求めたほうがいいと思います。支える側の骨が、かなり傷んでいるケースがあるからです」と話す。

 また人工股関節置換術のほかに、人工物を使わずに骨を切って負荷を軽減させる骨切り術という方法もある。これは変形性股関節症や大腿骨頭壊死などの病気の、比較的若い患者に対しておこなわれている。

「変形性股関節症で骨切り術を受けたことがある人は、人工股関節置換術を受ける場合、『3次元術前計画』ができる病院で人工股関節をしっかり選択したほうがいいでしょう」(中田医師)

 難度が高い手術の一つが、人工股関節を入れ替える再置換術だ。骨の強さ・弱さは人それぞれで、すでに入っている人工股関節を抜く技術なども必要なため、経験のある病院が望ましい。再置換の方法や新たに入れる人工股関節の選択がさまざまなので、再置換をおこなっている病院でセカンドオピニオンをとるのがいいだろう。

≪セカンドオピニオンをとるべきケース≫

ケース
人工股関節置換術を受けたいが股関節の変形が強いと言われた

骨の変形が強い場合は、人工股関節を支えるための骨が傷んでいる場合があるため、はじめての手術の場合でも「3次元術前計画」ができる病院でしっかり調べてもらう。

ケース
人工股関節の再置換術を受ける必要がある場合

再置換術は、今からだに入っている人工股関節を抜く技術が必要で、骨の状態によって使用する素材や技術に種類があり、難度が高い。再置換術の症例数が多い病院で意見を聞く。

■ランキングの読み方と病院選び

 週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』に掲載している手術数ランキングでは、人工股関節置換術、再置換術、骨切り術の年間手術数をそれぞれ掲載している。骨切り術は病気によって手法が複数あるが、このデータは変形性股関節症に対して実施された分となっている。

 両医師ともに、病院選びの指標の一つとして、「手術数は参考になる」と話す。人工物を入れる手術では「いかに正確に設置するか」が重要だからだ。

「年間100件実施していれば、医師や看護師などのスタッフもある程度手術に慣れていて、技術力があると言えるでしょう。さらに再置換術も実施していれば、それなりの経験があると評価できます。再置換術は他院からの紹介で実施されることも多いからです」(杉山医師)

「地域によりますが、最低でも年間100件。できれば150件以上が理想的です。公式ホームページに手術数を掲載している病院もありますから、その数や医師の技術、人柄、相性などを総合して病院を決めたらいいと思います」(中田医師)

 技術や人柄を判断するために、診察時にしっかり聞いておきたいのが、手術のリスクの説明だ。

「その病院での、術後の脱臼や感染症などの合併症の発生率を医師が把握しているかどうかが大切です。ガイドラインで発表していますが、脱臼率は初回で1〜5%、再置換術で5〜15%、感染症の発生率は0・1〜1%が目安です。例えば、下半身の血流が停滞して血液のかたまりができる深部静脈血栓症から肺梗塞になると、緊急搬送になることがあります」(杉山医師)

 中田医師も、「合併症のリスクは必ず確認を」と語る。

「発生してしまうと、早期の社会復帰に関わります。私としては、感染は1%、脱臼は1%未満が目安だと考えています。また、手術の進入法といって、股関節の前側・後ろ側のどちらから切開をするのかで、さまざまな手法があります。患者さんの形態や希望の生活スタイル、医師の考え方などによって決められますが、脱臼率は後ろ側からのほうが少し高いです。前側からの手術では術後の動作制限は必要なく、指導していません。一方、後ろ側から手術をする場合は、関節包靱帯を温存して術後の動作制限をしない方法を採っています」(中田医師)

 杉山医師は、術後についてこう話す。

「若い人であれば術後にしてはいけない動作はほとんどありません。スポーツではゴルフとダブルスのテニス程度は可能です。ただし腰が硬い人は股関節への負荷が大きくなるので要注意です。体重がかかるだけであれば問題ないのですが、足を思いきりねじる動き、内ももを床につけて座る座り方、和式トイレの使用、マラソンなどでは注意が必要です。これらの動作をおこなうと人工関節が早くすり減ったり、脱臼の危険性も高くなります。術後のリハビリや、何か起きた場合のフォローをしてくれるか、対応方法も事前に確認してください」(文/小久保よしの)

≪取材した医師≫
神奈川リハビリテーション病院 病院長 杉山 肇 医師
JCHO大阪病院 人工関節診療部長・人工関節センター長 中田活也 医師

※週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』より