少子高齢化で親の介護に頭を悩ませる人は多い。なかには、愛人と家を出ていった父が、高齢になって家族のもとに“返され”そうになり、その対応に苦悩する家もある。横浜市に住むマイコさん(50代)のケースを紹介したい。(名前はいずれも仮名)



*  *  *
 マイコさんの父・ヨシオさん(80代)は長年、母・ケイコさん(80代)と別居状態にあった。離婚こそしていないものの、別居中、ヨシオさんは千葉県に住む女性と暮らしていたのである。マイコさんら親族はこの女性のことを“愛人”と呼んでいた。

 別居が始まる前から、ヨシオさんは家にほとんどいない父親だった。平日は家に帰らず、週末にふらっと現れては、夜ご飯を家族とともにする程度。マイコさんの妹の次女・アコさん(50代)は小学生のころ、「どうしてお父さんは家にいないの?」と母に聞いたことがある。

「母は『仕事が忙しくて、会社の寮に泊まっているのよ』と答えるだけでした。母は私たちの前で寂しそうな素振りは見せなかったんです。当時は子どもでしたから、本当のことはわかりませんでした」(アコさん)

 当時(1980年代)、共働き世帯は珍しく、家事・育児は妻がやって当然という時代。マイコさんたちは父が家にいないことに疑問を感じながらも、深く考えることはなかった。だが、大人になるにつれ、父が家に現れない理由が、仕事だけではないことを理解し始める。

「誰に電話しているのか分かりませんが、母が受話器越しに『夫がそこにいるのはわかっているんですからね!』と怒っていたことがありました。そうしたことから、少しずつ“愛人”の存在に気付き始めたんです」(マイコさん)

 ヨシオさんは「社交的だが短気」な人だった。酒を飲むと気が短くなり、ささいなことで怒っては、机をひっくり返したり、物を投げたりした。その後、仕事に行くかのようなきっちりとした服装に着替え、夜中に家を飛び出してそのまま帰ってこないこともあった。

「今思えば、あれは女性の家にいくための“口実作り”だったのかもしれません」(マイコさん)

 マイコさんらによれば、ヨシオさんのこれまでの愛人歴はわかっているだけで2人。兄妹の間では、それぞれの愛人宅の場所から『栃木の人』『千葉の女』などと呼ぶようになった。別居が本格的に始まった年数から計算すると、このほかにも愛人がいた可能性は高いという。ヨシオさんは別居中、女性宅を転々としていたのだ。

 あきれた妹のアコさんが母に離婚を勧めたこともある。だが、母は「手続きが面倒だからいい。生活費は入れてくれるし、老後に年金が半分もらえればそれでいい」と応じなかった。“別居状態”が続き、いつしか、父と会うのは盆や正月、親族の冠婚葬祭くらいになった。

 年に数回だけ会いにくる父に、戸惑いはなかったのだろうか。

「ありましたよ。でも母が受け入れて家にあげていましたから、これでいいのかなと。孫のことも可愛がってくれますから、そこは割り切っていました」(アコさん)

 そんな状態が揺らぎ始めたのが、3年ほど前だ。『千葉の女』と呼ぶ愛人から、マイコさんの兄の長男・タカオさん(50代)に次のようなメールがきたのだ。

「ヨシオさんが高齢になり、私も歳をとったので面倒を見切れなくなってきました。せめて老後は、ご家族のもとでお過ごしください」(千葉の女性)

 これに兄妹は怒り心頭だ。

「思わず『ふざけんじゃないよ!』と叫んでしまいました。散々好き勝手しておいて、面倒をみれないから『お返しします』って、こんなに都合の良い話があります?」(マイコさん)

 マイコさんは“千葉の愛人”と会うことにした。周囲に話を聞かれないようにと、マイコさんが待ち合わせに指定したのはカラオケ店。そこで今後について話し合うことになった。現れた女性に、マイコさんは驚きを隠せなかった。

「母にそっくりなんです。“愛人”っていうと、若くて派手な服を着た強気な女性を想像するじゃないですか。でも会ってみたら70代くらいの普通の女性だったんです」

 話し合いでは「介護の義務なんてない」と主張し続けたマイコさんだが、相手の女性も折れない。その後も兄妹らは電話やメールなどで話し合いを重ねたが、議論は平行線のままだ。

「『面倒がみれないなら、勝手に別れてください。父のことは放っておいて大丈夫です』というと、女性は『そういうわけにはいかない』と言うんです。本当にきれいごとだと思いますよ」(マイコさん)

 マイコさんらは今さら父の面倒をみるつもりはなく、母の介護で精いっぱいだという。父の収入は決して多くなかったことから、今後の遺産相続も期待していない。これからも現在のような別居関係を続けたいというのが本音だ。一方で、母と妹のアコさんが住む家は、今も父名義になっており、これにも兄妹は頭を悩ませている。

 あくまで引き取りを拒み続けるマイコさんらだが、心中では「本当にこれでいいのか」という葛藤もある。思い出されるのは、マイコさんが高校生のときのことだ。

「友人や彼氏と遊ぶのが楽しくて、学校には行きたくなかったんです。家出して彼氏の家に転がり込んだのですが、どうやって調べたのか、数日後に父が家の前で一晩中張り込んで、私を連れ帰りにきたんです。今思えば、ありがたい話ですよね」(マイコさん)

 その他にも、ヨシオさんは井の頭公園に家族を連れていってくれた。みんなで高尾山を登ったこともある。夕食に近くの洋食屋に行くのは週末の恒例だった。数こそ多くないが、どれもいい思い出だという。

 母のケイコさんは最近、兄妹のいないところで兄のタカオさんの妻にこんなことを漏らしていた。

「子どもたちは覚えてないだろうけど、両手に長男・長女、背中に次女をおんぶして、駅前で、主人をつかまえて帰ろうとしたこともあるのよ」(ケイコさん)

「母は『子どもたちのため』だけではなくて、女性として父のことが好きだったと思います。あんなに女性にだらしない人でも、私たちにとっては父。憎み切れません」(マイコさん)

 ケイコさんは認知症が進行しており、この問題については話していないという。ヨシオさんをどうするべきか、親族は途方に暮れている。

 今回のケースについて、介護義務はだれにあるのか、愛人に賠償請求はできるのかを、次回の『愛人から突き返された夫 妻と子どもに面倒を見る義務はあるのか?』で弁護士に解説してもらう。

(AERA dot.編集部/井上啓太)