自分の意見を否定されると、自分の存在まで否定されダメ出しされている気分になっていつまでも落ち込んでしまうと悩む25歳女性。この癖を直したいという相談者に、鴻上尚史が分析した、「反応癖」の正体。

【相談61】意見を否定されると、自分まで否定された気持ちになる癖を直したい (相談者・25歳 女性 かなこ)

 鴻上さん、はじめまして、いつもこのコーナーに励まされています。

 今回は私の悩みを聞いてもらえればと思っています。

 私の悩みは、小さい頃から人の言葉にすぐに反応してしまい、いつまでもくよくよしてしまうことです。

 学生時代のゼミの話し合いで発言した自分のアイデアにいい反応がなかったり、違う人の意見が通ったりすると、発言しなければよかったといつまでも後悔してしまうのです。所属している演劇クラブで何気なくする会話でも「あの俳優が好き」という私の言葉に同調してもらえなかったりすると、なんだかすごい気持ちが落ち込み、ずっと気にしてしまいます。台詞について提案しても「それはここに必要ないでしょ」と否定されると、自分にすごいダメ出しをされている気持ちになります。

 そうではないのでしょうが、自分の存在を否定されているような気持ちになっていちいち落ち込んでしまうのです。でも私のこの心の癖は、本当に疲れるので、この自分のどうしようもない癖をなおしたいです。

 SNSでも「いいね」がつかないと落ちつかず、どこでも何度も確認してしまうのですが、そのことに母親がキレて、食事中にスマホを取り上げられて庭に投げられ、大げんかになったこともありました。

 自分だって、いちいち周囲の言動に振り回されて落ち込みたくないです。自信をもって生きられたらと思います。

 鴻上さん、どうしたら、この反応癖をなおせますか?

【鴻上さんの答え】
かなこさん。変わりたいですか? 僕がかなこさんにアドバイスする前に、「本当に自分は変わりたいのか?」と、今一度、問いかけてみてくれませんか。本当に人の言葉に反応していつまでもくよくよする癖をなおしたいのか? 本当に人の意見に惑わされない人間になりたいのか?

 どうしてこんなことを、あらためて聞くかというと、「自己嫌悪というのは自分に優しくて、クセになる」からです。

 かなこさんが苦しんでいるのは、「他人に否定されたこと」ではなくて、「そのことをいつまでもくよくよと悩んでしまうこと」ですよね。

 学生時代のゼミの時も、「なんてバカな発言なんだ!」と他人から完全に否定されたわけでもないのに、「発言しなければよかった」と、自分で自分を責めているんですよね。

 演劇クラブの時も、「そんな俳優が好きなあなたは最低の人間だ!」と罵倒されたわけではなく、同調してもらえなかったから「ずっと気にしてしま」うんですよね。

 かなこさんが自分で「そうではないのでしょうが、自分の存在を否定されているような気持ちになっていちいち落ち込んでしまうのです」と書いているように、否定しているのは、他人ではありません。否定しているのは、そんな気持ちになっているかなこさん、あなた自身です。

 これを「自己嫌悪」と言います。自分で自分を否定することです。

 では、誰か具体的な他人がかなこさんの目の前で「お前は最低だ!」とはっきりと否定することと、かなこさん自身が自分に向かって「あー、私はダメだ。本当にダメ」と責めることは、どちらが本当に傷つきますか?

 よく分からなければ、誰かにやってもらったらすぐに明快になるのですが、間違いなく、他人から面と向かって言われる方が、夜、一人、部屋で「あー、私ってダメだ」とうだうだと落ち込むより、はるかに深く、根本的に傷つきます。

 とくに、かなこさんが「いくらなんでも、この人よりは私の方がマシ」と思っている人に、面と向かって否定されたりすると、本当に傷つきます。

 だから、傷つくことに怯える人は、他人から直接、あれこれ言われる前に、自分で自分を傷つけます。他人に否定される前に、自分で自分を否定して、自分を守ります。

 その方が安心するからです。よく「あたしってバカだからさ」とか「俺なんか、ブサイクで全然ダメだから」と何度も公言する人がいます。

 他人に傷つけられる前に、自分で自分をゆるく傷つけてショックを減らそうとしているのです。

 かなこさんのくよくよと悩む「反応癖」も、楽だから続けているのです。人間は残念ながら、楽な方に進みがちです。本当に変わりたいなら、「えいやっ!」と気合をいれて、楽なことからいったん離れないといけないのです。

 かなこさん。あなたは、どんな育てられ方をしましたか? 母親にいつも否定されてきましたか? テストで85点取ったら、「すごいじゃない!」ではなく、「あと15点で満点だったのにねえ」と批判されてきましたか?

 小さな失敗を母親にいつまでも責められましたか? 何か選択して失敗したら、「だから、言ったじゃないの」と後知恵でダメ出しされ続けましたか?

 小さい頃から、他人の言葉に過剰に反応して、自分に極度に自信がないのなら、何か理由があると思います。

 本当に変わるためには、過去を探りながら、未来を考えることが重要です。

 映画や小説でもそうでしょう? 過去ばっかり掘り下げる物語はうっとうしくてうんざりします。でも、前だけ向いてガンガン行く主人公は薄っぺらに感じます。

 過去を掘り下げながら、未来を考えましょう。

 未来とは、どうしたら自信を手に入れられるか、ですね。

 まず、「これが手に入ったら自信を持ってOK」なんてものは、世の中にないんだと気付いて下さい。「選ばれて在ることの恍惚と不安とふたつわれにあり」という有名な言葉がありますが、オリンピックに参加する選手も、有名な賞を獲得したアーティストも、次に果たしてうまくできるかという不安に必ず苦しみます。100%の自信を持っている人がいたら、バカかアホか誤解した人です。

 そのことを理解した上で、「小さな勝ち味」を積み重ねていきましょう。今、かなこさんは、「自己嫌悪」することで自分を守っているから、なかなか、気付きませんが、ある提案をして、9人が首を傾げても、1人は軽くうなづいているかもしれません。その1人が、かなこさんの「勝ち味」です。

 ナイスなことが言えないと「自己嫌悪」しますが、ただ黙って人の話を聞くことで相手は満足した表情を見せるかもしれません。それが、かなこさんの「勝ち味」です。

 人の提案が素晴らしいと「自己嫌悪」する時に、その提案に思わずうなづいて、相手をホッとさせるのも「勝ち味」です。

「勝ち味」とは、「自己嫌悪」の反対、自分を認めてくれる言葉や表情、行動のことです。まず、自分で自分をほめましょう。

 ちゃんと会社に行ったこと。満員電車に乗れたこと。お弁当を作れたこと。パジャマではなく、ちゃんと洋服を着て出社したこと。「おはようございます」とあいさつできたこと。小さな小さなことで、堂々と自分をほめまくるのです。それを習慣にします。

 今、かなこさんは、「否定的なこと」に敏感になって「肯定的なこと」にはなかなか気付きにくくなっています。思考が「自己嫌悪」というクセに染まっているからです。

 ですから、毎日、「小さな勝ち味」を積み重ねていって下さい。やがて習慣になって、肯定的なことに敏感になります。

 そして、「完璧な自信」ではなく、「それなりの自信」が生まれて、少しずつ楽に生きていけるようになると思います。その頃には、「自己嫌悪」に逃げ込む必要がなくなっているはずです。

 焦らず、こつこつとね。

 あ、もし、あなたの自信のなさの原因が母親だったとしたら、そして、今も変わらず、それが続いているのだとしたら、別々に住むことを提案します。

 でもまあ、それは、過去を探ってみた結果です。

 生まれ変わろうとする旅は楽しいものですよ。ノンキに、でも、「えいやっ!」という気合で旅に出ることをお勧めします。旅は、準備の時はおっくうですが、新しい土地に行けば心が弾みます。よい旅になりますように。

■本連載を書籍化した『鴻上尚史のほがらか人生相談』が発売後たちまち4刷出来! 全国書店などで大好評発売中です!★Amazonでも発売中!