料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「いちごのゼリー」。

*  *  *
 いちごが安くなってきましたね。フレッシュないちごでゼリーを作ってみませんか。材料を混ぜて冷蔵庫で固めるだけの、“ラクしておいしいゼリー”の作り方をご紹介します。

 まず、粉ゼラチンは水でふやかしておきます。そしていちごは飾り用に少し残して、あとは全部細かく切ります。切ったいちごをバットか、少し大きめの保存容器に入れてください。

 そこに砂糖、白ワインを入れて、丁寧に混ぜ合わせてから、少し時間をおきます。いちごの果汁がしみ出し、白ワインが淡いピンク色に染まってきたら、電子レンジで加熱して溶かした粉ゼラチンをさらに混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やし固めます。

 かわいい小さいグラスなどに少しずつゼリー液を入れて、たくさんのゼリーとして仕上げてもいいのですが、時間がないときはこんなふうに大きな容器で一気に作り、小分けするときに盛り付けを美しくしましょう。

 大きめのスプーンですくってガラスの器に盛り、いちごのスライスやミントの葉を添えていただきましょう。いちごとミントの香りがなんとも爽やか。「春爛漫」な大人のおやつとして、おすすめです。

(構成/赤根千鶴子)

■いちごのゼリー

【材料】(作りやすい分量) いちご1パック(300g)、白ワイン80ml、砂糖50g、粉ゼラチン5g、水50ml、ミントの葉適量

【作り方】(1)水50mlを小ボウルに入れ、粉ゼラチンを振り入れ約10分おく。(2)いちごは洗い、ヘタを取る。1/4は飾りに使うので残し、他は細かく切り、保存容器に入れ、上から砂糖、白ワインを加え混ぜ合わせ約10分おく。(3)(1)をラップして電子レンジ(600W)で40秒加熱して溶かす。(2)に加え、よく混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。食べるときに残しておいたいちごとミントの葉を飾る。

【ワンポイントアドバイス】いちごを細かく切り、そこに砂糖、白ワインを混ぜて少し時間をおき、白ワインがきれいなピンク色に染まるのを待つ。

※週刊朝日  2020年3月27日号