4月から保育園での新生活が始まる赤ちゃんとお母さん、お父さんにとって、保育園での給食を食べるためにも、家庭での離乳食を進めていく必要があります。これまで家で2食または3食食べていた離乳食のうち、お昼ご飯1食分をこれから保育所で食べることになります。保育園に通う前に再確認の意味を込めて離乳食の進め方と、保育園に通う前に準備しておきたい離乳食まわりのことを紹介します。



●離乳食の進め方の基本

 離乳食には、離乳食初期(5〜6カ月ごろ)、離乳食中期(7〜8カ月ごろ)、離乳食後期(9〜11カ月ごろ)、離乳食完了期(12〜18カ月ごろ)の4時期があります。それぞれの時期により離乳食のきまりの目安があります。新しい食材を食べるときは、1日1種類を3日間食べることを心がけます。

◇離乳食初期(5〜6カ月ごろ)
・離乳食の回数 
1日1回(1カ月経過したら1日2回)
・離乳食の形状 
トロトロのヨーグルト状
・離乳食初期の基本の進め方 
まずは10倍つぶしかゆからスタートし、1週間たったら繊維の少ない野菜にチャレンジ。さらに1カ月過ぎたら2回食になり豆腐、白身魚にチャレンジ。

◇離乳食中期(7〜8カ月ごろ)
・離乳食の回数 
1日2回
・離乳食の形状 
2〜3ミリメートルのみじん切り
・離乳食中期の基本の進め方
7倍かゆスタート。少し繊維のある野菜も食べられるようになる。赤身魚や脂肪の少ない鶏ささみ、鶏むね肉を食べられるようになる。

◇離乳食後期(9〜11カ月ごろ)
・離乳食の回数 
1日3回
・離乳食の形状 
5〜7ミリメートル角程度
・離乳食後期の基本の進め方
5倍かゆスタート。繊維の多い野菜も食べられるようになってくる。青背魚、鶏もも肉、牛肉、豚肉なども食べられるようになる。手づかみ食べがスタートするので、手づかみしやすいメニューを用意し自分で食べる練習をさせる。また、家族と同じ時間に食べることで食べる楽しさが味わえる。

◇離乳食完了期(12〜18カ月ごろ)
・離乳食の回数 
1日3回 おやつを1日1〜2回
・離乳食の形状 
1センチメートル角程度
・離乳食完了期の基本の進め方
軟飯から普通飯を食べられるようになる。ほとんどの食材を食べられるようになる。ただ、大人用の加工品などは塩分、油分などが多く、赤ちゃんの内臓に負担がかかるので与えない方がよい。自分で食べたい意欲が増してくる。まずは手づかみ食べをしっかりとさせて、必要があればスプーンを持たせて自分で食べさせる時間をどんどん増やす。大人は食べる姿を見守ることを心がける。

●保育園での離乳食の進め方と入園までに準備しておきたいこと

 離乳食の進め方は各保育園によりきまりが違いますが、多くの保育園が、

・食べたことがない食材は除去
・食物アレルギーのある食材は医師から書面を書いてもらい除去

 ということを基本に進めています。ですので、食べたことのない食材は「家庭で数回食べてきてください」と伝えられたのではないかと思います。4月から給食がスタートしますので、4月の献立が発行されたら保育園にもらいましょう。その上で、入園までに準備しておくと助かることは、

・献立の食材を全て確認する

 また食べたことのない食材、調味料、アレルギーがあれば色ペンでチェックします。

・食べたことのない食材を食べ進める

 1日1種類を3日間ほど食べて身体に異変がない時は次の食材に進みます。この時に気を付けることは、赤ちゃんの発達に合わせて食材を食べ進めていくということ。

 例えば、5カ月で離乳食をスタートして2週間のAちゃんの場合、これまで家では、おかゆと玉ねぎ、にんじん、かぼちゃしか食べたことがありません。保育園の献立を見てみると、食べたことがない食材が以下のようでした。
4/6(月)豆腐、ほうれん草
4/7(火)豆腐、小松菜
4/8(水)鯛、大根、トマト
4/9(木)豆腐、かぶ、じゃがいも
4/10(金)しらす、キャベツ

 離乳食をスタートしてまだ2週間のAちゃん。おかゆを食べ慣れ、次に慣れてほしいのはさまざまな野菜類です。タンパク質の豆腐、鯛、しらすは、野菜に食べ慣れたうえ、離乳食をスタートして1カ月後くらいから始めるのが目安です。チャレンジしていく順番の目安は、野菜(ほうれん草→小松菜→大根→トマト→かぶ→じゃがいも→キャベツ)⇒タンパク質(豆腐→鯛→しらす)の順です。もし、4/6までに豆腐などのタンパク質を食べさせることができなければ、「チャレンジできなかったので今週は、豆腐、鯛、しらすを除去してください」と保育士に伝えればOKです。

 そして、可能であれば家での離乳食の時間を、なるべく保育所での時間に合わせてあげると赤ちゃんのリズムが整いやすいです。

 保育園での離乳食のおおまかな進め方をお話しましたが、これはあくまで目安です。離乳食に限らず赤ちゃんの発達には個性があり、順調に食べ進む子、なかなか食べ進まない子とさまざまいます。「給食で食べるのが4月6日だから、何が何でも4月6日までに3回ずつ食べなければ!」と必死になると、思い通りに進まなかった時のショックが大きくなるものです。「まあ、食べられたらラッキー。食べられなかったら除去してもらおう」と気楽に取り組みます。近い将来、必ずチャレンジできる食材なので慌てず焦らず、赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。(文・中田馨)

※AERAオンライン限定記事