61歳で公立小学校の校長を定年退職した福田晴一さんが「新入社員」として入社したのはIT業界だった! 転職のキーワードは「プログラミング教育」。全国を教員研修で回っているうちに、間もなく64歳となる。円滑導入を目的とした全国各地での小学校教員の研修も一区切りつく今、本連載最終回となる今回は、今後の教育課題や福田さん自身の今後についてご紹介する。



*  *  *
 学校現場は、新型コロナウィルス対応で混乱の中、新学期が始まろうとしている。そしていよいよ小学校プログラミング教育の全面実施を迎える。

 この2年間、教員養成研修で訪問した自治体は、北は青森から南は宮崎まで30を超える。正確な数は不明だが、研修会に参加された先生は1000人に及ぶだろう。また、現場の先生方だけでなく、校長や副校長対象の管理職研修会やPTA会長対象の研修会、一般企業人の自主勉強会なども複数回開催してきた。

 振り返ると、いろいろな顔が浮かんでくる。

 日頃は学校マネジメントで多忙な校長先生が童心に帰ったようにプログラミングに取り組む姿、研修に参加して「学び」に花が開き、「プログラミング教育イノベーター」として知られるようになった先生、島根県益田市の全校児童14名の小学校では、自然あふれる環境の中で子どもたちは一人一台のタブレットを操り、デジタルとアナログが共有することで生まれる逞しさを痛感させられた。

 さて、小学校でのプログラミング教育導入の見通しがたった今、これから我々は何をしていくべきか。

 もちろん、実際に導入された後でもいろいろ問題が起こってくるわけだから、そのサポートはし続けなければならないだろう。

 さらには、子どもたちが次に身を置く中学校、高等学校のプログラミング教育を中心とした情報教育はどうなっているのかも考えるべきだろう。

 中学校学習指導要領では、プログラミング教育は、技術家庭科の技術分野で取り扱われることになっている。これは何を意味するかというと、技術科の教員以外は関与しないことになる。ましてや、校長等の管理職が技術分野でなければ、プログラミングは担当教員にお任せとなり、保護者とて高校の入試科目でもないので意識は低くなりがちだ。

 となると、小学校での取り組みが生かされず、連続性、継続性に欠くことは明確である。このような状況では、政府が抱く、「次世代のテクノロジーを支え、創出する人材輩出」に至るわけがない。

 小学校プログラミング教育が導入されたことは、日本の教育現場へのテクノロジーの必要性を投じた訳で、小学校教員も児童もその意義を感じ始めている。

 その児童が中学校生徒になった後も連続して学び続ける場を作るべく、NPO法人としての弊社、「みんなのコード」も、今後は中学校教育にフォーカスし、さらには高等教育も視野に入れ、活動することになった。

 一つ目は、2021年度の中学校学習指導要領に導入される、技術分野の「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」を具体的に学ぶための研修材料を無償で提供することである。

 日頃、何気なく使用しているSNSなどのメッセージの送受信の体験を通して、スタンプ機能を作成したり、不正ログインなどの問題解決をしたりする研修である。

 この領域は、昨今のSNS等の普及から時代の要請で導入されたものなので、まだ研修体系が整っていない。それだけに、すでに20近い自治体からの問い合わせ申し込みがある。とはいえ、これはあくまでも技術分野の研修なので、技術の先生が中学校3年間の学校生活において、ほんの数時間取り組むだけである。

 そこでもう一つ考えているのが、プログラミング等の情報教育を総合的な学習の時間に導入することである。

 政府が公表した「GIGAスクール構想」(全国の義務教育を受ける児童生徒に、一人一台のPCやクラウド活用を前提とした環境を整備するための5年間の計画をまとめたもの)の実現に伴い、近い将来中学生にも一人一台端末が配備されるだろう。

 その時に、先生方が「私の教科では活用場面がない」、「従来の教科指導で十分」などと言っていたら、積極的な端末使用は期待できない。となれば、生徒の情報活用能力は停止してしまう。

 私は、是非、中学校の先生方にもコンピュータ等を積極的に活用してもらいたいと思っている。長く続く中学校の教員文化を一掃し、高校入試のための教科指導から、次世代を生き抜く生徒の資質能力を育成する指導方針に舵取りを切り替えていく必要があるだろう。

 これからの教育に必須の情報活用能力を教員自身も高める意識で、生徒と一緒に取り組んで欲しい。指導はできなくとも、生徒と一緒に学ぶ教師の姿を見せるべきではないだろうか。学年経営という中学校教員の強みを生かし、総合の時間に情報教育に取り組むべきだと考える。中学校に一人一台端末が配備された際に「税金の無駄遣い」という言葉は聞きたくない。

 今こそ、中学校文化をスクラップ&ビルドする機会だと思う。これが、私が2年間、全国の小学校教員研修に携わって見えてきた課題であり、今後取り組まなくてはならないものだと思う。

 中学校教員の方には耳が痛いかもしれないが、過去に囚われず、生徒の未来のためにまずは自分自身の意識と未来像を変えていただきたい。

 さて最後に私自身の今後である。

「みんなのコード」がこれから行おうとしている中学・高等学校への教育支援は、私の40年間の小学校教員としての知見が生かされるかが悩みどころで、現場からのリタイアも考えた。が、ここまできたら怖いものはそう多くはないし、失うものもない。

 人生100年時代、生涯学び続ける観点から、未知の中学校教育にアプローチしていくことを決めた。

 実は私は、「みんなのコード」の仕事と並行して、ある自治体の巡回心理士として、発達障害児や多様な特性のある児童への支援を行っている。もともと、「多様な特性のある子どもたちを救いたい」という思いはずっとあり、大学では言語障害児教育の専攻課程を取り、教員になってからは、知的障害養護学校の管理職もやっていて、この分野にはずっと関心を持ち続けていた。そこで、「学校心理士」の資格を退職の前年度に取得したのだ。

 また現在、文部科学省が進める地域連携の要である「コミュニティースクール」普及のコンサルも行っている。コミュニティースクール、つまり「学校と保護者、地域が一緒になって学校運営にかかわり、子どもの成長を支えていく仕組みづくり」は、定年前に校長をやっていた東京都杉並区の天沼小学校でずっとトライ&エラーしてきたことだ。

 私はこれからの学校運営の3種の神器は「科学技術の推進×多様性の享受×地域連携」だと考えている。この2年間、どっぷりとテクノロジーを推進する仕事についていたが、引き続き、このようにテクノロジー業界に身を置くことは、心理士として発達障害児者とIT教材との親和性を探ることもできる。

 また、学校と地域を結ぶ手法として、また、リモートPTAなどの都市型の新しい学校スタイルを考える上でも、テクノロジーは欠かせない。

 少しだけかじったテクノロジー分野を生かして、「多様性」と「地域連携」の分野にも引き続き身を置いていたい。

 まもなく私は、64歳。「もう64歳か、まだまだ64歳か」は、これからの自らの身の振り方で決まるのだろう。まだまだ、やりたいことはたくさんある。もうひと頑張りパラレルワークを続けよう。

 今回で本連載は終了するが、子どもたちの成長や次世代を支える上で必要だと思われるトピックは不定期なからも、自身の学びが続く限り投稿させていただきたい。

 読者の皆様に感謝。またどこかでお会いしましょう。