新型コロナウイルスによる世界経済不安で日本市場も大暴落した。日経平均株価は2万3000円台から一気に1万6000円台へ(3月18日現在)。未だ底が見えない状況だ。

 そんな中、「投資」を職業としているトレーダーはリスクについてどう考えているのか。現在発売中のアエラ増刊『AERAMoney今さら聞けない貯金の基本』では、リーマン・ショックなど数々の市場不安を乗り越えながら利益30億円を突破したトレーダー、テスタさんにインタビューを行っている。この記事ではテスタさんの「リスクに関する考え方」から、とっておきの部分を抜粋してお届けする。



*  *  *
 投資にリスクは付きものだ。取るリスクが大きいほど期待リターンも大きく、その逆も真なり。これまで30億円以上の利益を積み重ねてきたテスタさんは、どれほどのリスクを取ってきたのかと思いきや、開口一番、言い切った。

「僕は、投資でリスクを取っていません」

 は? 意味がわからない。リスクを取らずに「億り人」(資産が1億円を超えたトレーダー)になったとは、いったいどういうことなのか。

「リスクを取ると、いつか必ずつまずきます。投資の世界で長く勝ち続けている人はリスクを取っていないと思いますよ」

 2005年に株取引を開始し、市場の数々の暴落を乗り越えて資産を増やしてきた実力派トレーダー。自身のブログ「投資家テスタの投資日誌」には「目指せ利益40億」の副題が掲げられている。

「投資の損益を包み隠さずブログに記録してきました。負ける日もあるので、ギャンブルに見えるかもしれませんが……」

 話をわかりやすくするために、テスタさんは例え話で説明してくれた。

「ジャンケンで『勝ち』と『あいこ』で掛け金が2倍になり、『負け』のときはゼロになるゲームがあるとします。ジャンケン1回だけなら、たまたま確率3分の1の『負け』になることもあり、2回続けて負けることも珍しくない。つまりジャンケン数回ならギャンブルになってしまいますね。しかし、このゲームを何千回と繰り返していくと、平均化されて勝率は3分の2に近づいていきます。『勝ち』と『あいこ』が掛け金2倍なわけですから、トータルでプラスになるのが最初から見えていますよね」

 株を始めたばかりの頃は、1円、2円といった小さな値上がり益を積み上げていく「スキャルピング」という手法をとっていた。1カ月のうちに1日か2日しか負けはなく、マイナスが続くことはほぼなかったという。

「何千回となく繰り返した取引の一回一回について、期待できる勝率は50%を少し超えるくらいだったと思います。しかし、ジャンケンゲームと同じで膨大な回数の取引を続けていれば、どうやってもプラスになると確信していました。トレード全体ではリスクを取らなかったということです」

 投資を始めた当初は超短期売買だったが、今では週単位の中長期投資が中心。

「超短期でも中長期でも、勝率の高いものに張るスタイルは変わっていません」

 初めて投資をする人は買った商品が値上がりするか値下がりするかわからず、損を怖がる。テスタさんはその姿勢を疑問視。

「怖いものに投資する時点ですでに間違いだと思います。『当然、勝てるよね』と誰もが納得できるくらい勝率が高いものを見つけて、勝てそうなときだけ投資していくのが、本当のリスク管理なんじゃないかと」

 テスタさんは、株や外国債券をプロが運用する投資信託は買わない。自分で運用したほうがいいと考えるからだ。ただ、初心者が投資信託を買うことは否定しない。

「投資の技術や知識がないなら、投資信託の長期投資もアリです。手数料も昔と違って安くなっていますし、金利がほぼ付かない預貯金よりも魅力的です」

 自身も現在、40社ほどの企業の株を保有し、中には何年も持ち続けている銘柄もある。こちらは短期的な株価変動に一喜一憂せず、配当をもらうために買った。

「長期保有する企業の株価はたまにしか見ません。株価を確認しなくていいので、時間を買っているように感じます」

 柔和な笑み、穏やかな語り口に余裕を感じる。自分のペースで市場と向き合い、決して振り回されない信念があるのだ。テスタさん、これから投資を始めたい人に勧める商品は何ですか?

「先にダメなものから言ってもいいですか? 社員持ち株会などで、勤務先の企業の株を買うことです。もし会社が傾いたら給与収入と財産の両方を一度に失います」

 いっそのこと、ライバル会社の株を買ったほうがリスク回避になるという。

「給与も円、貯金も円なわけですから、他国に投資するのが有効なリスク分散で、手堅そうなのは米国。手元の資金が少ないなら投資信託もいいですが、個別株なら10年後に絶対つぶれていないと思う企業を」

 具体的には、スターバックスやウォルト・ディズニー、アマゾンのような企業。スマホで世界を席巻したアップルは10年後も勝ち残っているだろうが、IT企業の株価は割高になりがちだ。鉄道会社など昔からある企業のほうが株価は落ち着いている。

「初心者は、ちょっと値上がりしたらすぐ売ってしまいます。でも、10年後、20年後のために投資しているのですから、途中の上がり下がりはどうでもいいことです」

 最後に、テスタさんはこう言った。

「銀行にお金を何十年も預けている人は、それだけで損をしています。僕が子どもの頃、『週刊少年ジャンプ』は170円でした。今では290円です。すべてのモノが長期的には値上がりしますが、預貯金では物価の上昇分を埋めることはできませんから」

(構成/大場宏明、伊藤忍)

※アエラ増刊『AERA Money 今さら聞けない 貯金の基本』の記事に加筆・再構成