鉄道好きなら、だれもが一度は憧れる日本縦断の旅。最新ダイヤをもとに、その最速乗り継ぎ探索に挑戦。鉄道だけで乗り継ぎができる最南端と最北端、最西端と最東端ルートをそれぞれ探ってみた。



*  *  *
■意外な難敵は北海道新幹線

 南北ルートは、JR最南端駅のタイトルを持つ指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線・西大山駅と、最北端駅の宗谷(そうや)本線・稚内(わっかない)駅とを結ぶ乗り継ぎ。いまひとつ、東西ルートとして、根室本線の東根室駅と松浦鉄道のたびら平戸口を検証することとした。正確には、最南端駅は赤嶺駅、最西端駅は那覇空港駅でともに沖縄都市モノレール(ゆいレール)にあるが、離島のため海路か空路を利用することになる。ここでは鉄道のみのルートづくりにこだわり、九州を起終点としてみたい。

 南→北ルートは表1に挙げた乗り継ぎが、所要30時間15分で最速となった。

 最初に乗る指宿枕崎線は鹿児島中央〜山川間では運転本数が確保されているものの、出発駅の西大山のある山川〜枕崎間では3分の1程度に激減する。言い換えると利用できる列車はわずか8本。指宿〜鹿児島中央間には特急「指宿のたまて箱」が3往復設定されており、利用できれば時間短縮を期待したいところ。

 鹿児島中央〜新函館北斗間は新幹線の乗り継ぎとなるが、最少で2度の乗り換えが必須。「みずほ」や「のぞみ」など足の速い列車を優先して検索するが、乗り換え時のロスタイムを考慮に入れる必要もあるだろう。とりわけ、東京駅では改札を通っての乗り換えとなるうえ、相互の連絡が十全に考慮されているとは言い難いので注意が必要だ。

 そこで、まずは西大山〜鹿児島中央〜東京間で考えられる6通り(鹿児島中央着が夜間となる指宿枕崎線の2本を除外)で検証してみた。この段階の最速は西大山を9時11分にスタートする乗り継ぎで、所要時間は7時54分(東京着17時5分)。表1aの乗り継ぎは同区間で8時間22分なので、28分も先行することになる。一方で、大きなネックがあることが判明した。東京〜新函館北斗間の「はやぶさ」が時間帯によっては運転間隔が広く、ここまでの6通りに対して当日乗り継ぎができるのは14時28分の「はやぶさ29号」と17時20分発の「はやぶさ39号」2本だけなのである(表1b)。そのため、28分のアドバンテージは東京駅でのロスタイムで失われてしまう結果となった。

 とはいえ、さすがに新幹線は速く、最速プランでは函館本線の滝川までの日着が可能。札幌で乗り継ぐ「カムイ47号」は0時30分に旭川に着くので、同駅近くに宿を取って、翌朝6時3分発の稚内行き普通列車に乗り込めばいい。

■貴重な寝台特急をからめたプランも

 かつては、途中に夜行列車をからめることによって、「走っていない時間」を減らすことが容易だったが、この逆ルートとなる稚内発西大山行きでそんな乗り継ぎができる。

 表2がその乗り継ぎで、東京〜岡山間を寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」で結ぶのである。稚内6時36分の特急「サロベツ2号」でスタートすると、東京着は20時32分。「サンライズ〜」の発車は22時00分なので、ここで1時間28分のインターバルとなるが、東海道・山陽新幹線の姫路以遠行きはすでに終了しており、翌朝の乗り継ぎを考慮すると、東海道新幹線に乗り継いでも新大阪泊まりとなってしまう。翌朝は新大阪6時00分発の「みずほ601号」に乗れば鹿児島中央着は9時46分となるが、「サンライズ〜」との乗り継ぎ(岡山乗り換え)でも同じ列車となるため、夜行を選ぶことが可能なのである。

 ちなみに、この乗り継ぎの所要時間は29時間18分。南北縦断ルートの最速となるが、“移動泊”による夜行列車の効果が必ずしも得られていないのが残念といえばいえる。ただし、「サンライズ〜」では車中泊となるため、稚内〜西大山間の全行程を改札内乗り継ぎで結ぶことができる点で貴重なプランといえるのではないだろうか。

■時刻表は変幻自在なパズルかも?

 いまひとつ、東西ルートでは表3の乗り継ぎが最速となった。

 ここでのネックは博多以西の乗り継ぎだった。博多と最西端駅のたびら平戸口とを結ぶルートは、佐世保線の有田または佐世保経由のほか、福岡市地下鉄と筑肥線(唐津〜山本間は唐津線)を経由して伊万里で乗り換える方法がある。それぞれの乗り継ぎパターンを検証したところ、有田経由が最も適していることがわかった。博多〜有田間は佐世保線特急「みどり」が頻発しているので、行程はおのずと決まってくるに違いない。

 ところが、どういうめぐり合わせか、その肝心な「みどり」との乗り継ぎが芳しくないのである。表3の最速プランでは、博多〜新鳥栖間を九州新幹線「さくら559号」とし、新鳥栖で博多で乗り継げなかった「みどり19号」に追いつくという細かい乗り換えが必要となった。ほかのプラン(東根室発8時26分と11時06分)では「さくら」とのリレーのほか、長崎行き特急「かもめ17号」から肥前山口で佐世保線普通列車への乗り継ぎという例もあり、いずれも博多で「みどり」を捉まえることができないのである。
 
 ともあれ、こんな机上旅行も鉄道の楽しみ。今回は在来線だけのプランは割愛したが、乗り継ぎパターンは新幹線利用プランの比ではないハズで、それこそ複雑なパズルを解くような楽しさがあるように思う。いずれ旅を実行するもよし、机上だけで楽しむのもよし。ときにはこんな“鉄あそび”に興じてみてはいかがだろうか。(文・植村誠)

植村誠(うえむら・まこと)/国内外を問わず、鉄道をはじめのりものを楽しむ旅をテーマに取材・執筆中。近年は東南アジアを重点的に散策している。主な著書に『ワンテーマ指さし会話韓国×鉄道』(情報センター出版局)、『ボートで東京湾を遊びつくす!』(情報センター出版局・共著)、『絶対この季節に乗りたい鉄道の旅』(東京書籍・共著)など。