漢方に対するニーズが高まっているが、漢方医学が普及するためには、当然ながら大学医学部における漢方医学の教育が重要だ。全国82大学医学部の漢方医学教育に関する調査研究から、その現状と展望を取材した。好評発売中の週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2020』からお届けする。

*  *  *
「全国大学医学部における新カリキュラムに基づいた漢方教育の現状調査」という研究がある。

 その研究のリーダーである、東海大学医学部専門診療学系漢方医学教授の新井信医師はこう説明する。

「この研究の目的は、医学教育新カリキュラムに基づいた全国の大学医学部における漢方教育の現状を調査して、漢方教育を確立するために何を解決すべきか、その課題をつまびらかにすることでした」

 2019年3月、全国82大学の医学部に、郵送による記名式アンケート調査を実施した。11年にも同様の調査を行っている。

「なぜ今回2度目の調査を行ったかといいますと、この間、いくつかの特筆すべき出来事がありました。ひとつは、医学教育に『世界医学教育連盟』が提示するグローバルスタンダードに準拠した新カリキュラムがどう変化したかを検証したのが同研究だ。導入され、臨床実習が増え、4年次後期から臨床実習を始めるようになりました。医学教育分野別評価基準のなかに『補完医療との接点』と明記されたため、日本では漢方医学教育の普及が期待されています。もうひとつは、18年、WHO(世界保健機関)のICD −11(国際疾病分類第11回改訂版)に東洋医学が入ったというトピックがありました。これは西洋医学の分類のなかに初めて東洋医学が組み込まれたという、画期的な出来事でした」

■必修授業数や専任教員など定着しつつある漢方教育

 このような漢方医学にとっての“追い風”のなかで、大学ごとの実態はどう変化したかを検証したのが同研究だ。11年の結果と今回の結果を比較した。

 有効回答数は82。回答率は100%だ。卒業までの6年間で必修の漢方授業回数は1回から32回。平均8・28回(11年は7・25回)。中央値は7・5回(同6回)。実習を必修授業に取り入れている大学は23%(同15%)、テキストを使用しているのは15%(同24%)、標準テキストがあれば使用したいと考えるのは74%(同74%)。

 漢方専任教員がいる大学は37%(同29%)だった。ほかにも必修授業回数の学年別分布など、さまざまな項目でのアンケートが実施された。

 さらに、教育現場で早急に解決すべき課題として、漢方教育を担う指導者の養成70%(同65%)、カリキュラムの標準化58%(同63%)、わかりやすいテキストの作成52 %(同51%)が上位に挙がり、早期体験学習の導入10%(同19%)、参加型臨床実習を行うための環境整備29%(同25%)、卒後初期臨床研修や後期研修への漢方教育の導入34%(同33%)などが数値として示された。

 2回の調査結果を比較すると、新カリキュラム導入前後で、必修の漢方授業は7・25回から8・28回へと増加し、専任教員がいる大学は29%から37%へ、実習を必修授業に取り入れている大学は15%から23%へと増加した。

「今回の調査で、漢方教育が医学部卒前教育に定着しつつあることは示唆されました。とはいうものの、依然として漢方医学に対する取り組みは、大学間で温度差があることもわかりました。漢方教育を確立するには、引き続き漢方教育を担う指導者の養成、カリキュラムの標準化、わかりやすいテキストを作成していくことなど、いくつかの重要課題が明らかになりました」

 そう総括する新井医師は、「神奈川県4大学医学部FDフォーラム」を皮切りに、「日本漢方医学教育協議会」という全国の大学医学部の漢方医学教育担当者が集結する組織への参加により、漢方医学の基盤カリキュラムやモデル授業( 60 分×4コマ)などの作成に尽力してきた。

■卒後のモチベーション維持が課題

 そして、新井医師は、卒前の漢方教育のみならず、卒後の漢方教育の実態も調査した。全国の臨床研修病院1011施設のうち816施設から回答を得た「臨床研修病院における漢方医学教育の全国調査」と、東海大学医学部第32期卒業生のうち93人から回答を得た「初期臨床研修医の漢方医学に関する現状調査」を行い、英語の論文として発表した。

「この調査によってもさまざまなことがわかりましたが、やはり臨床研修病院によって、漢方教育には温度差がありました。研修医は、漢方医学の必要性を実感しながらも、卒前に比べると、漢方医学に対するモチベーションが落ちてしまうという実態も明らかになりました。ただ、その一方で、初期臨床研修で漢方医学を学ぶ機会があった研修医は、自分自身の考えで積極的に漢方薬を処方していることもわかりました」

 今後は、初期臨床研修の2年間を大学7、8年生と位置づけて、卒後もモチベーションを維持してもらうために、研修における漢方医学教育を充実させる施策が重要だと新井医師は強調する。

 高齢者が増え続けるなか、地域の医療現場では、西洋医学の補完療法としての漢方医学の大切さを実感している医師は多い。

 漢方医学に対する、全国大学医学部の卒前教育、そして初期臨床研修施設での卒後教育のさらなる普及を望みたい。(文・伊波達也)

≪取材した人≫
東海大学医学部専門診療学系漢方医学教授 新井 信医師
1981 年東北大学薬学部卒。88 年新潟大学医学部卒。医学博士、医師、薬剤師。東洋医学科外来も担当し、東京薬科大学客員教授をはじめ数々の医学部の非常勤講師も務める。

※週刊朝日ムック『未病から治す本格漢方2020』より