新型コロナウイルス感染拡大で休校が長引き、小学生は在宅学習を余儀なくされ、不安の新学期を迎えている。先が見えない中、「わが子の勉強は大丈夫なのか」と、焦りを募らせる親は多い。学校再開までの期間、家庭でできる学びとはなにか。家庭学習のポイントや心構えについて、「教育界のノーベル賞」ともいわれる「グローバル・ティーチャー賞」のトップ10に選出された立命館小学校(京都府)英語教諭・正頭英和さん(37)が語る。

※本記事は、東京のPTA有志による活動「学びをとめるな!」の一環として、4月22日に催されたzoom講演会の内容を構成したものです。

*  *  *
「米ハーバード大が『外出自粛は2022年まで必要』と予測するなど、コロナによる世界的危機の長期化は避けられないでしょう。まさに『コロナの時代』といえます。親は『早く学校が始まるといいな』と思うのではなく、『学校が何をしてくれて、何ができないのか』を明確にし、家庭で補
える部分を分析しなくてはいけません」

 正頭さんの勤務先の立命館小学校では、休校中の4月からオンライン学習支援が進められている。だが、オンラインの対面指導を取り入れる自治体は全国で5%にとどまるなど、取り組みには大きな差がある。そんな「コロナの時代」に負担を強いられる親たち。一体どうしたらいいのか。

「精神的に落ち着かない状況で、子どもに『勉強しなさい』といっても無理。まずは心と体の健康を確保しましょう。習慣化してほしいのは3つ。室内でも適度な運動をすること、生活リズムを整えること、毎日体重を測って健康管理することです。また、休校によってクラス替えや席替えがなくなり、新しい人間関係が生まれる機能が失われています。SNSで既存のつながりを維持することも大切ですが、どんな新しい人間関係が生まれるか、親がフィルターを張る必要があるでしょう」

 家庭学習には、親が意識するべきポイントがいくつかある。「親はぜひ、学習はアウトプットで強化されるということを知っておいてください」と正頭さんは言う。

 学びには「聞く」「読む」といったインプットと、「話す」「書く(まとめる)」「行動する(アサガオを育てる、観察する等)」といったアウトプットがある。

「インプットとは、おもに学校での学びです。オンライン授業やワークシートを解くのもインプットです。子どもが読書やプリント学習していると親は安心しがちですが、本来学びというのはアウトプットがあってこそ成り立つものです」

 アウトプットの重要性について、正頭さんはアドラー心理学を解説したベストセラー『嫌われる勇気』を用いた実験を例に挙げる。

「10人に読んでもらい、終わったあとアドラー心理学についてきちんと説明できた人は、たった1人でした。10人中9人は内容を忘れていた。つまり、インプットをアウトプットに結び付けなければ、学びは無駄になってしまうのです」

 休校中のいま、学校がアウトプットの学びを提供することは難しい。そこで正頭さんは、親が子どものアウトプットの相手になることをすすめる。

「『あとで本の内容をお母さんに教えて』『お父さんも知りたいから、まとめてくれるかな』と声をかける。『おもしろい内容だね。自分でも書いてみる?』と創作意欲を刺激する。どれも難しいことではありません」

 コロナウイルス禍によって何を失ったのか、または得たのかについても、各家庭で考えておきたい。

「僕の専門である英語に限っていえば、日本人が海外にいく機会もインバウンドも激減したいま、『英語が話せる』という価値はどんどん下がっていくでしょう。翻訳アプリ『DeepL』は、僕の見立てでは英検準1級レベルくらいの精度はありますから、頑張って勉強してもアプリが代わりにやってくれます。子どもの英語学習のモチベーションを維持するには、英語を学ぶ新たな価値を見出してあげないといけないのです」

 英語習得に最も効果的なのは「とにかく長く続けること」だと正頭さんはいう。

「英語は習得までだいたい4000時間ほどかかるとされています。小中高の英語の授業はトータル1000時間程度ですから、授業だけで習得できるかというと理論上ありえません。大事なのは家庭学習です。低学年で最も効果的なのは、絵本の読み聞かせです。親がたくさん読み聞かせてあげてください。英語力に自信がなければ、テクノロジーに頼りましょう。Far Fariaというアプリは、感情込めて音読してくれておすすめです」


 休校で時間をたっぷり得たいまだからこそ、できる学びもある。没頭しているうちに、いつしかそのものが好きになる。そんな学びだ。夏休みにしかできなかった「自由研究」もそのひとつ。

「『日本より米ニューヨークでコロナ感染が広がったのは、英語にはp・t・bといった破裂音が多いからではないか?』と仮説をたてて調べようと、僕に質問してきた小学生がいました。その疑問を持ったきっかけは、おそらく時間がたっぷりあったから。いまは、そんな子どもの『気づきの力』を伸ばすチャンスです。テストで点を取るための短期的な学びではなく、やり続けるうちにゆっくりでも成長を自分で実感でき、いつしかそのものが好きになるような長期的な学び。それこそが『コロナの時代』の学びなのだと思います」

 その際、親は成果をほめるのではなく、「昨日よりがんばったね」などと「努力」や「プロセス」をほめてあげるとよい。正頭さんは言う。

「いまこそ子どもに学びの本質を教える大きなチャンスなのです」

(文/曽根牧子)

#プロフィール
正頭英和(しょうとう・ひでかず) 立命館小学校英語科教諭・ICT教育部長。1983年大阪府生まれ。関西大学大学院外国語教育学修了。人気ゲーム「マインクラフト」を活用したユニークな問題解決型授業がイギリスの教育団体に評価され、2019年、「教育界のノーベル賞」といわれる「グローバル・ティーチャー賞」トップ10に、約150ヵ国・3万人の中から日本人小学校教員として初めて選ばれる。AI時代の教育をテーマにした講演も。