インターネットとSNSの発展により、個人が情報を発信する時代になりました。YouTuberは個人発信の最たるもので、動画コンテンツで発信することが仕事になっています。

 情報を発信する側が気をつけてなければならないのは、自分が発信した情報による影響です。私はYouTubeで子供向けに動画を制作します。動画が子供たちにプラスの影響を与えるように、言葉やテーマには細心の注意をして制作しています。

 2年ほど前に、YouTubeでは子供向けの動画のガイドラインが変更されました。残酷な描写や暴力的な演出など、子供に悪影響をもたらす動画は「エルサゲート」と呼ばれ、排除されることが決定し、その際に健全な動画も含めて多くの動画が削除されました。

 YouTuberは、3本の動画がガイドライン違反とみなされるとチャンネルが削除されます。当時はエルサゲートの判定がAIによるもので、誤判定も多く、国内外で多くのチャンネルや動画が機械的な判定により削除されました。私のチャンネルでは、当時の基準で誤判定のリスクがある動画を400本、5億回分削除しています。

 現在は当時ほどの混乱はありませんが、子供たちは特に動画の影響を受けやすいので、キッズ向け動画のYouTubeのガイドラインは特に厳しく設定されています。コメント欄や終了画面など、キッズ向けのチャンネルは機能が制限されています。

 他のジャンルでも、健全な動画以外は排斥される傾向があり、YouTubeのガイドラインの基準は明確には公開されていません。「発信した情報が与える影響を考えること」がクリエイターに求められているのです。
              
 以上のように、YouTuberは特に、発信した情報が受け手にどんな影響を与えるのかを考える仕事です。不確かな情報や間違った情報を発信すれば炎上したり動画やアカウントが消えます。情報の扱い方に関しては、かなりの注意を払っている職業です。

 新型コロナウイルスによる現在の混乱は、情報社会の弱さと強さを浮き彫りにしています。世の中を混乱に陥れる原因の最たるものは、不確かな情報の拡散です。悪意なく発信した情報が、悪影響をもたらすケースも増えています。

 例えば、新型コロナウイルスが発生した当初、「風邪やインフルエンザと同じで大したことはない」と発信する人もいました。

 症状や致死率の数字からそう判断した可能性もありますが、皆さんが痛感しているように新型コロナウイルスの問題は、致死率ではなく感染力の高さと潜伏期間の長さによる医療崩壊でした。

 感染症や医療従事者などの専門家でない場合、その発信は確かな情報ではなく個人的な推測です。知識や知恵や経験が少ない素人が、新しい感染症について起きた事象以外に明確な予想の発信をするのは困難です。

 表現や思想の自由はもちろんありますし、SNSは個人的な意見を発信する場所でもあります。ですが、現在のような非常事態下では、社会に与える影響を考えなければパニックや混乱をもたらします。ソースの確かな事実や事象、専門家の発信や正しい情報が拡散されるべきです。

 そして情報化社会のさらに複雑で意外なのは、正しい情報ですら逆効果をもたらす事象も発生する点です。少し前に、トイレットペーパーの品不足が問題になりました。買い占めや転売が起こり、世界中で混乱とパニックが起こりました。この発端となったのは「コロナの影響でトイレットペーパーが品薄になる」というデマでした。

 そしてこのデマを拡散したのは、「トイレットペーパーは品薄にならない」という正しい情報の共有だったのです。「トイレットペーパーを買い占めないで」ツイートの拡散が、本格的な品不足のトリガーとなりました。

 昔話でもよくある展開ですが、「見るな」「振り返るな」「押すな」と強く禁止されると、逆の行動をとってしまう心理が働きます。

「トイレットペーパーを買うな」と言われて、買いに行く人が増えたのです。品不足を招いたのは、デマだけはなく、善意による正しい情報の拡散も原因のひとつだったのです。

 歴史上、このような混乱は何度もありました。オイルショックの際も人々は焦ってトイレットペーパーを買いあさりましたし、根拠のないうわさやデマにより恐怖と不安が広がって銀行の取り付け騒ぎが起きたこともあります。

 新型コロナウイルスに伴う問題のひとつは、情報化社会により、良くも悪くも多くの人に迅速に情報が届くことです。情報の扱い方に注意しないと、事態が悪い方向にいきます。特に拡散やシェアされやすい感情は、怒りと恐怖です。怒りの拡散は治安の悪化を招き、恐怖の拡散はパニックを引き起こします。また、不安も周りに広がりやすい感情です。

 新型コロナウイルスにより、人々は多くのストレスにさらされています。余裕がなく不安が大きくなると、正しい情報を精査できなくなります。詐欺は、人々の不安につけこむ犯罪です。判断能力を失わないように、冷静でいなければいけません。

 特に恐怖は、広がる際に増大します。多くの人が恐怖によりパニックに陥ると収拾がつかなくなります。正しい情報を受け取ることと、冷静な判断力を持ち続けることが重要です。情報を発信する側は、感情も含めて受け手への影響を考えて発信や拡散をしなければいけません。