世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。日本も例外ではなく、なかなか感染拡大が抑えられていない。一方で、抑え込みに成功しつつある国もある。その一つが、台湾だ。その台湾に研究のために行き来している日本薬科大学漢方薬学分野講師の糸数七重先生は今年3月に入国し、政府の制限により、現在も台湾に滞在している。台湾の新型コロナウイルス対策や最新事情を、医学博士、漢方研究者ならではの視点でリポートしてもらった。



*  *  *
 私は、ちょうどウイルスの大規模な感染が世界各地から報告されるようになってきた3月2日に台湾に入国。その後、感染拡大により日本が海外からの入国に対して制限を設け始めた影響でそのまま台湾にとどまったことから、この感染コントロールの成功の実際を目にすることとなりました。

 ふだんは日本薬科大学で、漢方薬学分野講師および漢方資料館の学芸員を務めています。また、本務校の姉妹校である台湾の中国医薬大学との間を中期滞在で行き来しながら仕事をしています。

 私が現在滞在している台湾では、2020年4月27日現在、感染者数429人、死者6人、治癒して退院した人が290人……と、小さな国であるためもともとの国民数(人口約2360万)が多くはないことを差し引いても、世界でトップクラスの「感染コントロール成功国」となっています。

 素早い水際対策、防疫物資を始めとする物流のコントロールなどが成功原因としてあげられる一方、現在中国が世界に向けて発信している「治療への伝統医学(注・漢方のこと)の活用」は、台湾では見られません。台湾では感染の検査は西医(注・西洋医学の医師のこと)のみが行うことから、感染陽性となった人の治療は引き続きすべて西医で行っているためです。

 ただ、「発症者と濃厚接触があったなど、COVID−19感染の可能性が考えられる」場合でなければ、風邪様症状の患者さんはまず中医(注・漢方医学の医師のこと)にかかって中医で治療を受けることが多いため、ひょっとしたら「実は感染していたがごく軽い症状の人」はそのまま中医によって治癒していた、という可能性も考えられなくはありませんが。

 現在の台湾における一番の特徴は、全世界的な問題となっている「ロックダウン・自粛」をそもそもしていないということではないかと思います。

 規模を縮小しながらも国内の「日常」の維持を可能にした大きな理由のひとつとして、早期からの厳格な水際対応が挙げられます。

 3月21日時点で台湾は、台湾人の帰国および特定の理由がある外国人の場合を除いて全世界に対する入国禁止措置を取りました。そこで「国外からの感染持ち込み」が大きく制限されたことから、本稿を執筆している4月末時点で台湾内にいる外国人は「3月21日以前に入国しており、特に問題も起きていないので、台湾人と同程度に安全」な存在である、とみなされています。外国人が危険視や差別の対象になっているというニュースなどを目にするたびに、国内が安定しているからこそ外国人が安心して居住していられるのだ、ということを実感するこの頃です。

 とはいえ、それだけでは防げるわけでもなく、さまざまな対応も同時になされています。

 屋内100人、屋外500人を超える集会の自粛が要請されています。また、屋内1.5メートル、屋外1メートルのソーシャル・ディスタンシングが指示され、飲食店や待合室等の椅子は位置や向き、数を制限するようにという通達が出ています。

 学校や店舗等、何らかの施設に入るときは体温を測定され、37.5度以上の人は入場を拒否されます。公共交通機関内では全行程においてマスクの着用が義務付けられ、新幹線の車内での飲食も厳禁となっています。

 また、海外からの帰国者やその濃厚接触者など、一定条件に当てはまった人には14日間の居宅隔離が義務付けられています。が、逆に言えばそれを守るという条件で、多くの業種が営業を続けています。保育や教育についても、幼稚園から高校までは、マスク着用・体温測定・ソーシャル・ディスタンシングのもとに行なわれています(大学のみ、講義が屋内100人を超える集会の禁止に抵触してしまうため、オンライン講義などを併用しています)。

 とはいえ「感染が怖いから」と自主的に外出を控える人もおり、経済の停滞が問題となっていることも事実です。これには、政府から、個人や企業に対して金銭的補助が行われています。旅行・観光業から舞台関連、そして現在ではタクシーの運転手や小売業など、経済的な問題がはっきりしてきた業種に対して順次補助を表明しているためか、政府への信頼感は現在も維持されています。

 ただ、そもそも厳格な自粛の指示がなく個々の判断に任せていたことが裏目に出たか、4月初めにあった連休期間には観光地に人が密集してしまったこともありました。そして、その場所にいた人のスマホに、政府から「マスクを着用し、ソーシャル・ディスタンシングを保つように」という警告メッセージが送られるという一件もありました。私が滞在している中国医薬大学では、このメッセージを受け取った学生に対し、大学として独自に14日間の登校停止を課しています(ただし連休時の密集が理由と考えられる感染者の急増は起きていません)。

 新規感染者が増えなくなってはきました。しかし政府からは「まだ油断してはならない、不要不急の遠出は控えて」というメッセージが提示され続けています。

 今後どのように終息宣言にこぎつけ、完全な日常を目指すのだろうか、あるいは現在の鎖国状態(台湾は全世界に対して入国禁止を宣言しています)を続けながら国内をなんとかして立て直していくのか。感染対応の次のフェーズの展開を祈るような気持ちで、あるいは期待を込めて見つめている……というのが、台湾に滞在している外国人として感じる、正直なところです(4月17日、台湾外交部は、これまでの3月21日以前に入国した外国人に対する滞在期間延長措置をさらに30日再延長し、計60日間の滞在期間の延長を特段の手続きなしで許可する旨をアナウンスしました。なので私の台湾滞在もまだ続きます)。

追記:
本稿を編集部に送った翌日、公益財団法人日本台湾交流協会よりメールを受け取り、4月30日をもって、社交距離を保ちながらのさまざまな活動が推奨されるようになりました。海外との通行は制限しながらも、国内での活動は復旧に向かいつつあります。現代において、経済は一国では完結しません。ですから決してたやすいことではないでしょう……が、これは我々にとって大きな希望となるのではないでしょうか。(文/糸数七重)