『戦国武将を診る』などの著書をもつ産婦人科医で日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授の早川智医師は、歴史上の偉人たちがどのような病気を抱え、それによってどのように歴史が形づくられたかについて、独自の視点で分析する。今回はアイザック・ニュートンを「診断」する。



*  *  *
「歴史は繰り返さない。しかし韻を踏むことが多い」(マーク・トウェイン)

 4月7日の新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受けて、在宅勤務や待機となっている――読者の中にも、こういった方が少なくないだろう。宣言は5月末までの延長も見込まれている。

 疫病による都市の封鎖は歴史の上で何度か起きているが、ペストによる休校を「創造的休暇」として万有引力の発見に結び付けたのが、ニュートンである。

 重力とは何か。この物理学上の最重要発見をわかりやすく説明するのは意外と難しい。人に会うたびに万有引力の原理を数学的に説明していたニュートンもこれが面倒くさくなって、「あれはな、リンゴが木から落ちるのを見て思いついたんだ」と話を端折ったというのが故立川談志家元の説だが、案外、本当かもしれない。

■英国科学の父

 第二次世界大戦後、植民地の独立によりイギリス経済は縮小したが、科学の分野では今でも世界最先端の国である。イギリス科学の父と言われるアイザック・ニュートンは、1642年12月25日にイングランドの東海岸の寒村の小地主の家に生まれた。同名の父は彼の出生前に病死し、母はアイザックが3歳の時に牧師バーナバス・スミスと再婚、アイザックは父方の祖母に養育された。

 祖母は幼いアイザックを溺愛するのみならず、最高の教育を授けようと考え、近郊の小都市グランサムのグラマースクールに入学させた。アイザックはすぐに首席になったが、14歳になった時に母の再婚相手が死去し、母は農家を継がせるために退学させた。しかし、アイザックは農業にまったく興味がなく、親類の助言もあって復学、そしてケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学した。

 実家が貧しいため大学の雑用をしながら優秀な成績で進級、生涯の師となるルーカス数学講座の初代教授アイザック・バローに出会った。奨学金を得ながら学位をえる25歳までに万有引力、二項定理、微分積分学という三大業績を達成した。

 大学在学中の1665〜66年にはペストが流行したためカレッジは閉鎖され、実家に戻って微積分の完成、分光の実験などに従事している。1667年大学に戻ると助手の地位を得て、研究費も支給されるようになった。1669年には、恩師の後任としてケンブリッジ大学のルーカス教授職に就き、幾何学、算術、天文学、光学、地理学の講義を担当したが、あまりに難解だったため学生がついていけず、欠席者が多かったという。1688年には、大学から選出された下院議員になったが、政治にはあまり興味がなく、執筆活動に従事した。

■「硬貨のギザギザ」発明

 大学者として功なり名遂げたニュートンだが、齢54にして新たな職に就いた。名誉革命によって王位についたウィリアム3世・メアリー2世が1694年にイングランド銀行を設立すると同時に、英国を代表する哲学者を造幣局監事に任命したのである。これには師匠の経済的窮状を見かねた弟子のチャールズ・モンタギュー卿の推薦によるものだった。

 ニュートンは当初、ただの名誉職と思っていた。だが、実は財政破綻寸前の英国経済に対する起死回生の役割を期待されてのことだった。当時の連合王国は銀本位制だったが、ヨーロッパ各国ごとに銀の価値が違い、流通する銀貨の1割以上が贋金(にせがね)でありイングランド国債の価値は額面の7割以下という状態に陥った。

 ニュートンはまず、銀貨周囲の削り取りを防ぐために簡単な方法を発明した。硬貨の周りにギザギザをつけるのである。このために、新旧すべての銀貨を回収し、鋳つぶして新たな新硬貨を発行した。この時に通貨の切り下げを断行して政府の負債を軽減。しかし、彼の改革は英国中の贋金づくりを敵に回すことになった。その中でもウィリアム・チャロナーなる詐欺師が最強の敵となった。

■“鬼の平蔵”ニュートン

 チャロナーは釘製造業から身を起こし、売春斡旋や賭博の胴元など裏社会業も営みながら、長期的に英国経済全体を食い物にしようともくろんでいた。他のケチな贋金製造者とは一線を画し、造幣局の役人を買収して自らの作品を公の経路から流通させたのである。この空前絶後の犯罪に気付いたニュートンはチャロナーを告発したが、逆に誣告罪(ぶこくざい)で告訴を受けることになった。

 怒り心頭に発したニュートンは情報提供をしたチンピラに酒をおごり、密偵を雇い、さらに容疑者を自ら尋問しついにはチャロナーを絞首台に送り出すまで手をゆるめなかった。鬼平こと火付盗賊改方の長官・長谷川平蔵を彷彿とさせる活躍である。科学史や偉人伝で我々がイメージするニュートンとはかなり大きな隔たりがある。

■ナイトに叙された錬金術師

 英国経済改善の功によりニュートンはナイトに叙せられるが、生涯最後の大仕事をしかけた。銀本位から金本位に移行するために、神による権威を与えられた国家が金の産生を完全にコントロールすること。すなわち錬金術である。科学の手で卑金属の混合物を金に変えることができれば、それが神と国家の権威を万民に示す最強の証明に他ならない。しかし、当たり前ながらこの試みは成功しなかった。

 鉄や炭素などと異なり、金のような重い元素は恒星の内部で作ることはできない。地球の誕生からほどない39億年昔に、中性子星どうしの衝突により生じたガンマ線バーストが大量の重元素を生じ、これら金銀プラチナを含む隕石として地表に降り注いだのが貴金属やレアメタルの起源らしい。

 ニュートンの功績としてもう一つ忘れてならないのは、対物レンズの代わりに放物面を描く凹面鏡を用いた望遠鏡(いわゆるニュートン式反射望遠鏡)の発明である。ただ、ストレスの多い造幣局長官を務めながら自作の反射望遠鏡で天体観測をしていたニュートンもまさか宇宙空間で金が作られていたとは想像もできなかったであろう。

◯早川 智(はやかわ・さとし)/1958年生まれ。日本大学医学部病態病理学系微生物学分野教授。医師。日本大学医学部卒。87年同大学院医学研究科修了。米City of Hope研究所、国立感染症研究所エイズ研究センター客員研究員などを経て、2007年から現職。著書に『戦国武将を診る』(朝日新聞出版)など

※AERAオンライン限定記事