新型コロナウイルス感染拡大で休校が延長され、受験生を中心に不安の声が上がっている。他方で、塾や予備校では、様々なサービスが出てきている。休校が受験生にどういった影響を及ぼすのか、この時期をどう過ごせばいいか、専門家に聞いた。



「副校長から休校延長を想定した準備を指示されました」

 こう言うのは東京都の公立校に勤務する教員Aさんだ。学校現場では、政府の緊急事態宣言が延長される前から、「休校が延長される」として早くも準備が始まっていた。

 勉強のリズムがつかめなくなっている受験生も少なくない。新学期から新しい単元を学ぶことができずにいる生徒もいる。

「このままの状態が続いたら、しっかりと受験に臨めるのか不安で仕方ない。焦りでいっぱいの毎日を過ごしています」

 そう話すのは、都内の私立校に通う3年生の女子生徒。3月から休校になり、今は学校から与えられた課題や、塾が配信するオンライン授業を受けている。

「問題集を解いたり、これまでの復習をやったりしながら、自分でできることをしていますが、やっぱり集中できなかったり……。授業が遅れているし、この状況がいつ終わるのか」

 受験生が志望大学を決める際に参考にしている、大手予備校の模擬試験についても、実施が厳しくなっている。駿台予備校は5月上旬に予定していた一般の受験生を対象にした公開会場での「学力判定模試」を中止。河合塾でも同様に「全統共通テスト模試」、「全統記述模試」などを取りやめた。これ以降についても、今後の状況によっては中止もあり得るという。 

 受験生からは「自分の学力がどのくらいなのかわからない」「志望校の選択ができない」などの悲鳴のような言葉が漏れる。学校や塾も模試からわかる受験動向がつかめず、受験生に適切な助言を与えることが難しくなるとみられている。予備校関係者は、今年は安全志向、地元志向が強まり、“尻込み”受験となると見ている。 

 他方で、この時期を前向きに捉える生徒もいる。

「学校が休校になって良かった」

 そう言うのは、北海道帯広市の私立校に通う3年生の女子生徒。国公立の大学を目指している。北海道と札幌市による「緊急共同宣言」が4月12日に出され、その翌日から休校に。予習のための課題が出されたが、すぐに終えた。今では受験勉強に1日12時間取り組んでおり、基礎固めの学習をしているという。

「通学時間が節約されたのは大きい。受験に関係がない科目を学ばなくても済むのもいいです。先生が『この時期に頑張ろう』と話をしてくれ、周りの友人も勉強のやる気を高めました。休校を前向きに捉えている人も多いです」

 オンライン授業を積極的に活用しようとしている動きもある。注目を集めているのは、授業のすべてがオンラインになっている東進ハイスクールだ。通常通りに授業を実施。模試も東進生に限り、オンラインで実施した。4月10日からは東進生以外の高校生を対象に無料のオンライン講習を公開。申し込みが殺到し、1週間で1万件を超えた。

 東進ハイスクールを運営するナガセの市村秀二広報部長は、こう話す。

「スケジュールを逆算すると、受験生は今、漫然と過ごしている暇はない」

 休校しているぶん、夏休みが短くなることが考えられる。本来であれば、夏休みの時間を使って受験生は実力をつけるが、その時間が今に前倒しになっているとみる。

「東進生の受講状況を見ると、例年よりも多い傾向がある。つまり、しっかりと取り組んでいる生徒は実力を今つけているということ。生徒には電話やZoom(テレビ会議サービス)などで『いま全力で取り組もう』と指導している。この時期をどう過ごすかで合否が分かれると思います」(市村部長)

 高校受験にも影響は出ている。高校受験向けに実施されている模擬テスト「都立そっくりテスト」(新教育研究協会)や「都立Vもぎ」(進学研究会)などが相次いで中止になった。塾を閉め、オンライン授業に切り替えるところも多い。

 受験生の子を持つ親の不安は高まっている。

「学校がなくなったことで、メリハリがなくなってしまっている」

「課題のプリントだけでは何も身につかない」

 などの声が上がっている。

 そんな中で注目を集めているのが、「進研ゼミ」の小中学生向けのオンライン教室「きょうの時間割」だ。時間割りに沿って、平日8時45分から授業を無料で提供している。4月10日に開始して1週間でのべ35万人が利用したという。その他にも自習用のドリルを無償でダウンロードできるようになっており、学びのきっかけを作っている。

 高校受験でも、対策のポイントは大学受験と同様だ。夏休みが減る可能性があり、この時期にこれまでの復習をしっかりとやっておく必要がある。さらに、ベネッセ教育総合研究所特任研究員で進研ゼミ高校受験総合情報センター長の浅野剛さんは、こう指摘する。

「学校から出されている課題をしっかりと提出することが大切」

 各学校では休校中に宿題を出しているはずだ。休校がいつ終わるかはわからないが、学校再開後の提出物は成績評価の対象となる。休み中に配られたプリントをなくないように気をつけたほうがいいという。

「高校入試では内申点が影響してくる。学校からの課題はしっかりとやり、提出することが重要です」(浅野さん)

 また、志望校選びを今から始めることも大切だという。高校の説明会やセミナーはしばらくの間、中止になると見られている。受験勉強だけではなく、志望校選びの情報収集も後ろ倒しになるということだ。現在は、高校のホームページの内容は充実しており、教育内容や部活動の様子、進路指導の実績など知ることができる。今から情報収集をしたほうがいい。

「親や先生が子供をどう導くかも重要です。受験は計画的にやろうとしても、どうしても後ろ倒しになっていきます。それが今年は強制的に後ろ倒しになる。こうした状況を子供に説明して、今から準備していくことに納得してもらうことが大切でしょう」(同)

 中学受験でも困難な状況は同じだ。中学受験塾の四谷大塚では算数のオンライン授業を無料で提供している。学校の教科書レベルの内容だが、1年間受講できる。基礎的なレベルをしっかりと学べると評判だ。

 今まで経験したことのない非常事態。困難を乗り越える参考にしてほしい。(本誌・吉崎洋夫)

※週刊朝日オンライン限定記事