『日本初の片づけヘルパーが教える 親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房刊)の著者、永井美穂さんの主な仕事は、高齢者の家族や本人から依頼を受けて、家を片づけること。頼まれれば、全国どこへでも出かけていく。しかし、このたびのコロナ騒動。特に高齢者の住む家には頻繁には訪問できない事態になってしまった。そこで、永井さんが活用しているのが、LINEのビデオ通話やZoomを使ったオンライン相談だ。



*  *  *
■高齢者の見守りの役割も

「コロナ禍の中でも、自宅に来てほしいという高齢者は多かったので、その対策としてLINEのビデオ通話を覚えてもらい、お互いの顔を見ながら会話ができるようにしました」 

 外出自粛要請が出てからは実家に頻繁に顔を出せず、帰省も控える人が多い。そんな中、片付けサービスにビデオ通話を活用することで、高齢者の孤立を防ぎ、仕事をしている家族に代わって見守りの役割も果たしているという。

 介護保険外サービスなので、話し相手といった片づけ以外のサービスも提供してきた永井さん。一人暮らしの高齢者にとって、つながっている人がいるということは大きな安心だ。

「40〜50歳代の子ども世代は、ZoomやSkypeなどを使っている方も多いので、オンライン相談も受け付けています。オンライン相談を始めたのは、コロナ対策でもありますが、実家の片づけで悩んでいた人はこの機会に本気で考えていただきたい、という気持ちからです」

 もともと、永井さんの仕事は、介護ヘルパーの役割と整理収納アドバイザーの両方を担う。“片づけヘルパー“と名乗る所以だ。

 実家が片づいていないことへの不安や心配は大きくふたつ。ひとつは、「モノにつまずき、転倒してケガや骨折をしないか」「不衛生になって病気にならないか」といった健康維持や介護の心配。もう一つは、「欲しいモノがすぐ見つからず困らないか」「不要なモノは捨てて実家をすっきりさせたい!」という整理整頓の側面。ただ、不要かどうかは親自身でないとわからない。この親子間のギャップでもめるのがまたストレスだ。“片づけヘルパー”の永井さんは長年の経験と具体的な方法で解決していく。

「モノを必要以上に捨てたり、モデルルームのようなキレイな部屋にするのが目的ではありません。そこに住んでいる高齢者が安全で快適に生活できることに重きをおいています。それが、片づけヘルパーの仕事」

 仕事が減り、収入も減ってそれどころではない、という人もいるだろう。しかし、普段はなかなか時間がないので、家族の問題とがっつり向き合うにはいい機会といえる。

■壁紙だと汚部屋だ勘ぐられる?!ピンポイントの片付け相談も人気

 また、リモートワークが進み、Zoomで会議や打合せをするという人が増えている。そんな時に気になるのが、画面に映し出される背景だ。

「画面に映し出された自宅の様子が気になる方が多いようです。背景を仮想背景に変えることはできますが、バーチャルにしていると『汚部屋なのでは?』と変に勘繰られることも。『背景に映る本棚を整理したいのだけれど……』『リビングのごちゃごちゃ感を何とかできないか』など、ピンポイントな片づけの悩み相談もあります」

 また、オンライン相談を始めたことで、意外な効果も。

「STAY HOMEを余儀なくされたことで、この際、家を片づけようという方が増えました。とはいえ、どこから手をつけたらいいか、というお悩みは変わらずあるわけです。以前であれば相談者のお宅に伺っていましたが、相談者は『まず、ざっと片づけないと永井さんを家に入れられない……』とブレーキがかかったと言います。しかし、オンラインの場合、片づけたい場所だけを私に見せればいいということで、相談の申し込みのハードルがグッと下がったようです」

 相談者の自宅に出張していた時は、2時間から相談を受け付けていたが、オンラインなら1時間からでもOK。料金もお手頃になり、交通費を請求することもない。相談者にとってはメリットが増えたともいえる。

■まとめ買いの前に家の在庫管理をしてみよう

「小池知事が会見で、『この機会に家の断捨離をしてみてはいかがでしょう!』と呼び掛けていました。もちろん断捨離、片づけにはいいチャンスだと思います。しかし、なんでもかんでも捨ててしまうのは、私は賛成できません」

 高齢者は「もったいない」という気持ちが強いので、不要に思えるようなモノをたくさん取り置いている。ヒモやリボン、包装紙、空き箱や空き缶などはその最たるモノ。でも、この外出自粛期間中にその不要に思えるモノが活躍したそうだ。

「タンスのとってが壊れて、修理にも出せないし、取っ手を買いにいくことも憚られる。それで、しまっておいたヒモをとっての代わりに付けたら、修理できただけでなく、前より引き出しやすくなったんです」

 高齢者の片づけは安全第一で、生活周りの環境を整えるのが最優先だ。子どもにとって不要に見えるモノも、高齢の親にとっては捨ててほしくないモノだったりする。その気持ちを尊重し、適量にしてとりあえずしまっておくという方法を実践してきた永井さん。

「まとめ買いによる品不足、生産が追いつかない商品もあります。モノがないと嘆くより、あるものでまかなう方法もあります。片づけをして、家にあるモノの“在庫管理”をしておくのもいいかもしれませんね」

≪永井美穂さんへのオンライン相談の方法≫
まず、事務所にメールか電話で連絡し日程と時間を決める。約束の時間に、オンラインでつながってやりとりする。オンラインはZoomを使用するので、事前に設定の案内と繋がる方法も確認する。
○事務所:NPOグレースケア
○電話:0422−70−2805
○Fax:0422−24−8307
○メール: office@g−care.org
○住所:〒181−0013 東京都三鷹市下連雀3−17−9 (三鷹駅南口・徒歩10分)

(取材・文/スローマリッジ取材班・時政美由紀)