うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や5歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

 この連載が本になりました。タイトルは『東大ママのラク&サボでも「できる子」になる育児法』です。杉山さん自身が心理カウンセラーとして学んできた学術的根拠も交えつつ語る「私の育児論」を、ぜひご覧ください。

*  *  *
 新型コロナウイルスの感染は、風邪のウイルス遺伝子が突然変異をしたことにより広がった「天災」です。内閣府のホームページでも、コロナに関することは「天災の影響」扱いで対応するように書かれています。しかし、このウイルス騒動を、「人災」だと言う人もいます。

■自分は大丈夫と思ってしまう「正常性バイアス」

 悪い情報を過小評価し、「自分だけは大丈夫だろう」と思ってしまうことを、心理学で「正常性バイアス」といいます。そんな考えに取りつかれた人たちが、外出の自粛要請が出ているというのに、なぜか旅行に出かけたり、あえて人が集まる大型イベントを開催したり、そこに大勢で参加したりして、体内にウイルスを取り込み、多くの人に接触し感染を広めていく。

 勝手な行動により自分が感染するのは自業自得ですが、自分が「感染させる側」に回ることを想像できない人が想像以上に多くいるのは不幸なことです。こうして広がっていく感染は、人災と呼んでしまっていいでしょう。

 コロナ禍の中で、人為的に他人の状況を悪化させ、精神的に追い詰める出来事が頻発していると耳にします。たとえば薬局で、「マスクは入荷していないのか」「いつ入荷するのか」と、毎日のように客がおしかけ問い詰めてくるせいで、従業員が疲弊していると聞きます。

「入荷は未定」というポスターを店の前にでかでかと貼っても、聞いてくる人がいるとのこと。実際に私も、レジを打っている従業員に詰問している人を目撃したことがあります。 薬局は、人の生活に必需である医薬品や生活用品を提供してくれる場所であり、安易に店を閉めるわけにはいきません。

 そして業務的に在宅ワークは不可能なうえ、多くの人と接触せざるを得ない仕事なのです。そこでがんばってくれている従業員に、自分のことしか考えられない人たちが、無自覚な言動を投げつけて労働環境を悪化させていく。これも、コロナ騒動の中で起きている、一つの「人災」ととらえても差し支えないように思います。

 そして今、人災により、特に過酷な労働環境を強いられていると感じるのは、働く親たちのよりどころである「保育園」です。

■保育士がコロナに感染……そのときに親はどう思うか

 お昼のテレビ番組で、富山県の保育士が新型コロナウイルスに感染したことを受け、ある女性アナウンサーが「たくさんの命を預かっている先生なんだよってことを本当に自覚してほしい」と、批判したことが話題になりました。

 この保育士は、3月24日に飲食店で友人と食事などをしたとのこと。その後、友人が新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになり、検査の結果、保育士も感染していると判明したそうです。アナウンサーは、「親たちはマスクを着用し、園内に立ち入らないよう徹底して感染リスクを減らしているのに、肝心の保育士が感染していては無意味になる」と怒りをあらわにしました。

 彼女の発言に対し、親たちからは「保育士を敵に回した」とか、「利用してやってる感がすごい」といった声が殺到したそうです。でも、「友人と遊んだ結果、新型コロナウイルスに感染した人」に関してどう思うか聞かれたら、このアナウンサーではなくとも、「危機感が足りないのでは」という旨の回答をするでしょう。

 軽々しく「ストレスがたまっているだろうから仕方がない」なんて言えば、さらにバッシングされるのは明らかです。そういう意味では、コメントしようにも選択肢は一つしかない質問だったと思います。

 ただ、テレビの趣旨を含め、彼女のコメントには、自分たちを守るために保育士を責めるスタンスが強くにじみ出ていて、保育士の背景に触れる配慮は一切ありませんでした。今、保育園がどのような状況下にあるのかなんて、少し考えればわかりそうなものなのに……(さらに、彼女は別のテレビ番組で、子どもを保育園に送ってからカラオケでストレス発散をしていたことが判明し、火に油を注いでいましたが)。

 そもそも保育士は、以前から責任の重さや仕事の大変さに比べ、給料が安いという指摘がなされ、改善が求められていた職業でした。そこに今回のコロナ騒動が加わったことで、現場の過酷さはピークに達しています。

■1歳児6人を1人で面倒みる……保育士の現状

 保育士一人が受け持つことができる子どもの人数は、国に決められています。1歳の子どもなら6人に対して必ず1人以上の保育士がつかなくてはなりません。4歳児なら30人につき1人。つまり、もしたった1人の保育士がいなくなったら、30人の4歳児が受け入れ不可能になってしまうのです。

 厚生労働省が発表した、2018年11月の保育士の有効求人倍率は3.2倍(東京は6.4倍)でした。現在は学校が休校になったことで、小さい子どもがいる保育士は仕事を控えざるを得なくなり、倍率はさらに上昇しているでしょう。とにかくどこも保育士が足りていない状態にあり、県や市に「保育士を派遣してほしい」と頼んでも、難しい、という渋い返答しかもらえないとのこと。

 1歳児をたった1人世話するにも、体力と気力をすさまじく消耗します。それなのに1歳児6人を1人で一気に面倒みるなんて、とてつもなくヘビーな仕事でしょう。走り回ってあちこちぶつかって転ぶし、うまく言葉が話せないためすぐに友達とけんかをしてしまうし……危険な行動をしないよう、常に目を光らせていなければなりません。

 そうした子どもたちの対応をしている間に、別の子がご飯や飲み物の容器をひっくり返したり、オムツを替えなければいけない子が出てきたり、 突然泣きだす子も出てきます。保育という大変な仕事を、人数がギリギリの状態でこなしてくれている保育士さんには、頭が下がる思いです。

 そんな保育士さんたちに子どもを預けるとき、コロナを心配する親たちは、「咳(せき)をしている子はいないでしょうか?」「熱を出している子は?」なんて言葉をかけるそうです。「なるべく接触させないよう気をつけて遊ばせてください」という、無茶な要望をしてくる人もいるとか。

 ささいな言葉のように聞こえるかもしれませんが、新型コロナウイルスが蔓延している現在、こうした発言は保育士の疲労をじわじわと増大させていきます。

 考えてもみてください。コロナの感染を防ぐためには、人との間を2メートル開けるべきだという 目安が報じられました。果たしてそれが、保育園の中で可能かどうか。

 小さな子どもたちが2メートルずつ開けて、お利口にじっとしていられると思えるほうが、どうかしています。保育園に預けるということは、イコール濃厚接触を避けられないということ。そしてそれは子どもたちだけではなく、そこで働く保育士も同様なのです。

 周囲の話を聞く限り、保育士は、今は熱があっても、体がきつくても、代わりがいないために休むことができず、無理にでも出勤しているのだそうです。

 政府からは、「子どもの感染を防ぐために、少しでも熱があったり体にだるさを感じたりしたら、すぐに休みを取るように」と指導が出ています。自分がコロナに感染していたらと考えれば、園児たちみんなにうつしてしまう可能性があり、決して出勤すべきではありません。

 しかしコロナの厄介な点は、症状が出なかったり、出てもただの風邪に似ていたりするというところにあります。熱が出たら大事をとって休む「べき」ではありますが、もし自分が休んで他の保育士がヘルプに入れない場合、何人もの園児たちを受け入れられない事態が発生します。

 かといって出勤してコロナだったとしたら、勤務先の保育園周辺がしばらくシャットダウンすることになるわけです。自分が感染者かもしれないという恐怖と戦いながら、体がだるいにもかかわらず無理して保育をしていたら、いつ精神的に限界がきてもおかしくありません。

 保育園からは、神経が削られてうつになってしまった、精神的にも体力的にも疲れ果てた、もう保育士をやめたい、しかし今の時期にやめるわけにはいかない、という生々しい声があふれています。

 体調が悪い場合、感染リスクを考えて休むべきなのか、子どもを預かるために無理にでも働くべきなのか。その判断が誤っていたとき、責められるべきは、果たしてその保育士だけなのでしょうか?

■園児を3日以上預けなかった場合は、1万円を給付

 愛知県小牧市では、4月14日から5月6日までの間、3日以上保育園に子どもを預けなかった場合、協力金として園児一人につき1万円を給付するという政策を打ち出しました。すると、今まで保育園に通っていた子どものうち、95%(4月14日と15日の2日間の数字)が家で待機するようになったそうです。

 こんな数字を見ると、「預けなくても大丈夫な状態であるにもかかわらず、保育園を頼っていた人」がたくさんいたのではないかと邪推してしまっても仕方ないでしょう。

 保育士は、在宅ワークなどできないため、必ず外に出て出勤する必要があります。保育園の中でも外でも、いつどこで自分がウイルスに感染するかわかりません。こうした状況を聞いていると、炎上したアナウンサーの「自覚をもって」という発言や、親からの「保育士を敵に回した」「利用してやってる感が強い」という批判も、私にはなんだかポイントがずれている気がするのです。

命懸けでがんばっている人たちに対して、他人を顧みず自分たちのことのみを考えた心ない言動で、メンタルを追い込んでいく。これこそ、コロナ騒動の中で生じる人災なのではないでしょうか。

 以前、 X JAPAN の YOSHIKI さんが自身の Twitter で、大型イベントを開催する人たちと参加者に「冷静な判断を求める」ように呼びかけたとき、同時にこう発しました。

「批判じゃないよ、批判してる時間なんかない。戦っているのは、対人じゃ無くて、対ウイルス」「今後みんなで助け合う方法を考えようよ」

 まさしく、私たちの敵は新型コロナウイルスなのです。感染が終息に向かってもいないのに、人災を生み出している場合ではありません。私たちは、批判をしたり責任を追及したりすることに時間をかけるのではなく、助け合う糸口を探るべきです。

 コロナで疲弊している人が多いとは思いますが、いつのまにか自分が誰かの加害者になっていないか、一度、自分の行動を省みるべきかもしれません。