在宅勤務が本格的に始まった4月。作業スペースがない、同居人がいて業務を遮られるなどの理由により、家で仕事ができない“在宅勤務困難者”が続出している。それから約一カ月、都心では困難者を地域主導でサポートする動きが少しずつ始まっているようだ。



 IT関連企業で役員を務める内山健さん(28・仮名)の勤務先で、最初に在宅勤務の指示が出たのは2月。育休中の妻と生後3カ月(当時)の子どもと同居しており、自宅近くのカフェで業務をこなすことが多かったという。

 状況が一変したのは4月に入ってから。会社が自宅以外での業務を禁止したのだ。自宅には、リビングのほかに寝室が一部屋あるが、4月からテレビ会議が急増。30分単位の会議が切れ目なく一日15本以上入るため、家事と育児に追われる生活空間での勤務がさらに困難になった。

■“役員室”は半畳のクローゼット

 そんな内山さんが目を付けたのが、リビングとドアで仕切られたウォークインクローゼットだ。作業スペースをつくるために、ハンガーパイプにかかっていた自分の服の大半を処分。空いたスペースにノートPCを置く小さな机を新調し、わずか半畳ほどの“役員室”を急造した。

「通勤時間がなくなり、仕事の量や質は高まっている実感があります。ただ、あまりにも狭いので、議論が白熱すると酸欠で息苦しさを感じることも…。一日中、クローゼットにこもっているので、妻にも心配をかけてしまっています」

 子どもを預ける予定だった保育園からは、家庭での保育を要請されており、しばらくはこの状況が続く。

「引っ越しは急には難しい。テレビ会議の数を減らすなど、働き方を工夫していく必要を感じています」

■地域で困っている人同士を掛け合わせる

 在宅勤務困難者の課題を、地域で解決できないか。そんな動きも出てきている。東京・渋谷のまちづくりプロジェクト「渋谷をつなげる30人」を運営する加生健太朗さん(39)は、まず在宅勤務困難者の現状を知ろうと4月下旬、約70人にアンケート調査を実施。その結果、家族の存在や作業スペースなどでの問題を抱えながら仕事をしている人が7割程度いることがわかった。

「とくに子育て世帯の多くは、なんとか仕事をこなしているというのが実際のところ。近所に作業スペースがあれば使いたいという人も半数以上いました」と加生さん。外出自粛が続く状況下では自宅外での作業は難しいが、「在宅勤務の流れは今後も続き、定着していくでしょう。作業スペースの確保は地域としても取り組むべき課題になると思います」と予測する。
 
 加生さんが直近で注目しているのは、営業自粛を要請されているバーやスナック。

「レストランは、テイクアウトやデリバリーなどに挑戦できますが、アルコールが主体の店は難しい。地域で困っている店と、困っている在宅勤務者を結び付ける試みを始めています」

 日中のスナックを仕事場として使ってもらう。意外な組み合わせではあるが、試験的に実施してみたところ利用者からは好評だという。

■カウンターの高さがちょうどいい

 コンサルティング会社に勤務する桜田慎吾さん(34・仮名)も、利用者の一人。3LDKの自宅で妻と3歳の娘と暮らしている。自室もあるので、ほとんどの業務は自宅でこなせるが、問題は新規の提案書作成など高い集中力が求められる業務。家族の気配を感じる場所では思考がまとまらないという。

 外に場所を求めてみたが「カフェは人の声が気になるし、コワーキングオフィスは、家からの距離や料金プランで条件が合わない」と話す。そんな折、加生さんの試みを知る。

「私はその店の常連だったので、少しでも力になれればという思いもありました」と桜田さん。店内は、三密にならないように同じ時間帯の利用者は2人程度に制限され、換気にも配慮されていた。意外だったのが、カウンターの高さがパソコンを操作するのに適していたところ。

「集中したいときに、近所にこういう場所があるととても助かります。今後の情勢次第ではありますが、また利用したいですね」

■近隣の仲間と困難を乗り越える

 近隣住人と連携して、在宅勤務困難を乗り越えている人もいる。建築関係でインテリアの企画やデザインを手掛ける須田直樹さん(43)は、妻と小学二年生の娘と3人で暮らす。

 自宅リビングの一画に夫妻の仕事用スペースがあるものの、テレビ会議のスケジュールが重なると互いの声が入ってしまう。娘が習い事のオンラインレッスンを受けることもあるので、働く場所のオプションを増やす必要があると判断。

 そこで、徒歩圏内にある友人の設計事務所に間借りを申し入れ、さらに自宅マンションの集会室が使えることにも気づいた。自宅、設計事務所、集会室の3カ所を家族とスケジュール調整しながら利用することで、在宅勤務困難者にならずに済んでいる。

 さらに、近所の子育て仲間も在宅勤務で困っていることを知り、設計事務所に橋渡しをする。事務所の鍵にはスマートロックを取り付け、遠隔で施解錠できるように工夫。スケジュールもウェブ上で共有し複数人で同時に事務所を使わないようにしている。

「困っている人はたくさんいる一方で、使えるのに使われていない作業スペースはまだまだあることがわかってきました。バーやスナックだけではなく、スモールオフィスの一角など、都心はバリエーションが豊富。これからは、“眠れる資産”を有効活用するための活動をして、地域に貢献していきたいですね」

(文:カスタム出版部)