AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。



*  *  *
Q:自分の容姿に自信があって、周りからちやほやされてきました。自分に落とせない男はいないだろうと思っていましたが、好きな人に告白し、振られました。一気に自信がなくなりました。相手は話しかけてくれるのに、私は振られたことが悔しくて冷たくしてしまいます。自信を取り戻すには、どう変わればいいですか。(女性/大学生/20歳/いて座)

A:告白する前って、好きになった人といろんな考え方や休日の過ごし方とかを共有したいと思いますよね。そういう未来計画が全部壊されてしまうわけだから、失恋は相当ショックが大きいと思います。

 でも、あなたのえらいところは、正直に「相手が自分を振ったことが悔しくて冷たくしてしまう」と言えるところ。悔しいと思うのは、相手を認めているから。負けたことにちゃんと向き合っていて、とても立派だと思います。

 いて座の人には、周りより一段高い立場に自分を置くことでエンジンがかかるという面があります。「私は寝ずに頑張った」とか「周りが遊んでいる間に私はちゃんとやらなきゃいけないことに取り組んだ」とか、隣人にいかに勝っているかを原動力にしがち。だからなかなか負けを認められなくなったりするんですが、あなたにはそれがなく、とても素直だと思います。

 この経験を今後に生かすためには、よければ、周りで話せそうな人に「私って性格悪いのかな?」って聞いてみてください。その時に笑顔で「気づかなかった?」って言ってくれる人とは男女問わず親友になれます。無理には勧めませんが、振った相手と友達になれる可能性もあります。

 占いを通して、美男美女と呼ばれる人たちにたくさんお会いしてきました。彼らはとても努力家で、周りに尽くす姿勢も持っています。でも、どうしても周りから気を使われすぎちゃう傾向もあります。「薄皮を一枚挟んだ対応」をされるのは結構キツい。自分について正直に言ってくれる人が周りに少ないケースが多かったように思います。

 そうすると、良くも悪くもとても正直な人と付き合う傾向があります。正直というのは、浮気をしたり金を貸してくれと言ったり働かなくなったり。「なんて正直な人なんだ、この私を相手に気兼ねなく『金貸して』と言ってくるなんて」って惹かれてしまうんです。嘘みたいに聞こえるかもしれないけど本当なんです。気を使われる人間関係だけだと新鮮に見えてくるから。

 人って自分を崩してくれる人や自分の素を見てくれる人を求めます。プライドを傷つけられないまま生き続けてしまうと、「お前は最悪だ」と何の愛情も込めないで言ってくるDV気味の人と一緒になる確率が高くなっちゃう。

「あんた性格悪いよね」って、ちゃんと愛情込めて言ってくれるのが親友の役割。そういう友達が見つけられたら、今はつらいかもしれないけど、後でいい経験だったと思えるのではないでしょうか。

※AERA 2020年6月29日号