この春、日本各地の動物園で、動物の赤ちゃんがたくさん生まれた。新型コロナの影響で休園する時期とちょうど重なり、今年は生まれたての姿を見ることができなかった。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」7月号では、動物学者・今泉忠明さん(日本動物科学研究所所長)の解説で、動物の赤ちゃんたちを紹介した。



*  *  *
 日本の動物園は、春、出産ラッシュを迎えてとてもにぎやか。今年1〜4月にもたくさんの動物の赤ちゃんたちが生まれた。

 春生まれの動物が多いわけは、四季のある日本では、春に出産したほうが、子どもが生き延びやすいからだ。春から夏は自然界でも食べ物が得やすいし、気温も下がらないから安心だよね。

 同じ春といってもフンボルトペンギンの生息地・南半球の春は9月ごろ。熊本市動植物園のペンギンの孵化時期は6〜7月と11〜3月の年2回あるというから、ペンギンたちはすむ場所に合わせて出産時期を調整しているのかもしれないね。

 動物園にはアムールトラなど絶滅危惧種を繁殖させる役割もある。全国の動物園は協力して動物の「戸籍簿」を作成し、血統ができるだけ交わらないようにしているよ。たとえば旭川市 旭山動物園で生まれた3頭のアムールトラの両親、キリルとザリアは、アメリカの動物園からやってきた個体。新しい血を継ぐ赤ちゃんたちは、繁殖面でも期待されているんだ。

 小動物は3カ月ぐらいで大きくなってしまうので、赤ちゃんらしい姿が見たいなら、できるだけ早く見にいこう。大きさの変化だけでなく、羽が生えそろってきたり、模様がはっきりしてきたり、泳ぐのがじょうずになったり、どんどん成長する過程を追いかけるのもおもしろいよ。

【アムールトラ】
オス2頭、メス1頭(名前は未定)/2月1日生まれ/旭川市 旭山動物園(北海道旭川市)
父はキリル(11歳)、母はザリア(10歳)。7頭出産したうち3頭が元気に育った。5月上旬の体重は約12kg。トラは模様が一頭一頭違うので模様で個体を見分けるが、小さいうちは見分けられない。2歳ぐらいで「成人」し、オスは約180kg、メスは約120kgになる。6月の体重は20kgほどの見込み。半年ぐらいは、子どもらしさが残る。

【カバ】
メス1頭(名前は未定)/1月16日生まれ/旭川市 旭山動物園(北海道旭川市)
父は百吉(9歳)、母は旭子(8歳)。生まれたときは推定体重30〜40kgだったが、5月上旬には80〜100kgにまで成長。母親と一緒に暮らし、いつもべったり甘えてお乳を飲んでいるが、バナナやキャベツ、干し草も食べ始めている。好奇心旺盛で無邪気、おてんばでドジなところも。6、7年かけて大人になるので、成長ぶりをじっくり観察できる。

【キリン】
ヒカリ(メス)/2月2日生まれ/上野動物園(東京都)
父はヒナタ(10歳)、母はリンゴ(5歳)。リンゴは今回が初めての出産で、子どもの世話をしなかったため、飼育員がミルクを与えて育てている。誕生直後の体重は約41キログラムで標準の約60kgより軽かったが、順調に育っている。大人キリンへの第一歩、反芻(一度のみこんだ食べ物を何度も口に戻しながらゆっくり消化すること)ができるようになった。

【ヨツユビハリネズミ】
ベリー、マッチャ、バニラ(すべてオス)/3月9日生まれ/群馬サファリパーク(群馬県富岡市)
父はトルコ(2歳)、母親はアイス(1歳)。寒さに弱いため、暖房のきいた部屋で出産。生まれた直後から「ピーピー!」と元気な声で鳴き、生後約2週間で少しずつ動き回る。母乳を中心に、生後約3週間で果物や野菜も食べ始める。どの子も食べるのが大好き。夜行性のため、昼はほとんど寝ている。うつぶせ、横向きなど、寝相にも個性がある。

【フンボルトペンギン】
マツ(性別不明)/3月31日生まれ/熊本市動植物園(熊本県熊本市)
父はトモ(8歳)、母はキウイ(13歳)。昨年12月にも同じペアから1頭生まれた。フンボルトペンギンはオスもメスも子育てをする。エサを吐き戻して、口移しで子に与える。特にキウイはマツにおなかいっぱい食べさせるために、飼育員についてまわってエサをねだる。6月は泳ぐ姿が見られるころ。7月中旬ごろまでに大人と同じ模様になる。

【ゴマフアザラシ】
コハル(メス)/3月17日生まれ/マリンワールド海の中道(福岡県福岡市)
父はマスオ(7歳)、母はハルコ(13歳)。そのほか、別のペアから4月3日にサクラ(メス)、4月4日にシシオ(オス)が生まれた。誕生すると母と子は鼻をくっつけて匂いを確認しあい、約1時間後には授乳する。生後2、3週間でエサを食べるようになり、親から離れて、子どもたち3頭で水に浮いたり潜ったりして、気ままに暮らしている。

【ミーアキャット】
コゲラ(オス)、ヒバリ(メス)/3月1日生まれ/秋吉台サファリランド(山口県美祢市)
父はアナゴ(7歳)、母はキンクロ(4歳)。昨年10月に生まれた兄2頭と一緒に、家族6頭で暮らしている。3月生まれの子たちはよく動き回り、やんちゃ。兄たちがよく世話をしている。仲良く穴を掘ったり、じゃれあったりする家族団らんの様子が見られる。5月に同じ親から5頭の赤ちゃんが新たに生まれ、ベビーラッシュを迎えている。

【チーター】
しばふ(仮名、メス)/3月2日生まれ/姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)
父はピース(11歳)、母親はパール(5歳)。チーターの誕生は全国的にめずらしい。野生では一度に複数の子が生まれるが、今回は1頭だけの出産。母親のミルクの出が悪かったため、人工飼育に切り替えた。5月上旬には肉も食べるようになり、元気にあばれまわっている。人工飼育の影響もあり、とても人なつこい。6月には模様もはっきりしてくる。

(動物学者・今泉忠明)

※月刊ジュニアエラ 2020年7月号より