コロナ禍のいま、頻繁に手洗いや消毒をする人は多い。だが、過剰になってはいないか。科学的合理性を知り、適正に対策したい。ナビタスクリニック理事長の久住英二さんと京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸さんが解説する。AERA 2020年7月6日号から。



*  *  *
Q1:水だけの手洗いはムダ? 帰宅後すぐシャワーを浴びればリスク減?

宮沢:ウイルスの付着ゼロを目指すのではなく、100分の1作戦で

 せっけんがあるに越したことはありませんが、なければ水で15秒洗い流すだけでも構いません。もしも新型コロナウイルスが付着したとしても、感染しない量=約100分の1まで減らせば、問題ありません。私はそれを「コロナ100分の1作戦」と呼んでいます。完璧に洗うよりもこまめに洗うことが大切です。手が洗えない時は、濡れタオルやウェットティッシュでよく拭き取るだけでもいい。

 帰宅後すぐシャワーや入浴をすれば、ウイルスを気にせずリラックスして過ごせるのは確かですが、無理する必要はありません。仮に服や髪にウイルスが付着していても、なめ回さない限り感染しません。

Q2:手袋で感染リスクは減る?

宮沢:皮膚よりもビニールやプラスチックの方がウイルスは長く生きる。感染防止にならない

 手袋をしてウイルスを触れば、手にウイルスが付かなくても手袋に付きます。スーパーや飲食店で手袋をつけっぱなしで商品の受け渡しをしているケースが見られますが、感染予防にならないどころか、手洗いや消毒をサボりがちになるので、かえって危険です。手袋をするより、こまめに手を洗いましょう。

Q3:アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、洗剤。消毒するならどれがいい?

久住:用途によって使い分けて

手指であれば、濃度70〜80%のアルコールが良いですが、まだ地域によっては品薄でしょう。酒造会社製の高濃度エタノールでも消毒効果は変わりません。モノの表面の消毒もアルコールが一番手軽ですが、なければ台所用洗剤でも次亜塩素酸ナトリウムでもいい。ただし、後者は金属の腐食や色落ちの可能性があること、希釈直後でないと効果が半減することに注意が必要です。どちらも手袋をつけて使用し、ヌルヌルが残らないよう水拭きを。

Q4:次亜塩素酸水の効果は?

久住:噴霧はしないで

 次亜塩素酸はタンパク質を壊し、ウイルスを不活性化します。人間の細胞にも同じ作用があります。次亜塩素酸を含む水を噴霧することで肺に障害を起こしたケースも報告されています。自己判断で市販の漂白剤などを薄めて噴霧することも危険です。

Q5:宅配便の箱、スーパーで買った食材も消毒してます

宮沢:怖がらなくて大丈夫

 段ボールの表面で新型コロナウイルスが24時間生き続けたというデータはありますが、あくまで実験条件下での話。実際にはウイルスが段ボールに付着しても、運ばれている最中に死んでいき感染力を失います。ウイルスが染み込んでいても乾けばそこに留まったままです。

久住:感染事例はありません

 スーパーの入り口で手指を消毒して、商品を選ぶ際あちこち触らなければ問題ありません。野菜の表面でウイルスは長生きできませんが、心配なら調理前に水洗いすれば十分。ビニールなどツルツルしたものの上でウイルスは長生きすると言われますが、それで感染したという報告はありません。冷蔵庫にしまった後、手を洗えばいいのです。

Q6:トイレもまめに消毒?

久住:これまで通りでOK

 家庭のトイレ消毒は今まで通りで構いません。トイレだけ清潔にするより、トイレ後の手洗いを徹底するほうが大切です。

 不特定多数の人が使う職場のトイレや公共のトイレは、1日に数回清掃されていることがほとんどなので問題ないでしょうが、心配なら便座クリーナーを持ち歩いて拭いてください。

(編集部・石臥薫子、小長光哲郎)

※AERA 2020年7月6日号から抜粋

■アエラでは、「新しい生活様式」を感染拡大防止の効果は維持しつつ、より合理的で続けやすい形にアップデートすることを試みました。発売中の「AERA 2020年7月6日増大号」では、4人の専門家に取材。27つの「新しい生活常識」を提案します。