旅情をそそる駅弁を、お取り寄せして自宅で味わう──。そんな楽しみ方がいま、じわじわと広がっている。背景には、コロナ禍で直面した苦境と、それを乗り越えようとする駅弁各社の奮闘があった。AERA2020年7月6日号から。



*  *  *
 箱いっぱいに広がる海の幸に山の幸。鉄道旅のお供として親しまれてきた駅弁がいま、危機的な状況に陥っている。新型コロナウイルスの影響による鉄道利用客の減少に伴い、駅構内で販売する駅弁屋の売り上げも大幅に落ち込んだのだ。JR東海によると、6月1日から9日までの東海道新幹線の利用客数は前年同期比78%減。緊急事態宣言の解除後は徐々に増えているものの、いまだ回復の動きは鈍いという。

 旅を彩る駅弁に、思い出のある人も多いだろう。幼い頃の家族旅行で、気の置けない友人との旅行で、出張で……。車窓に広がる景色を眺めつつ、ホームの売店で買い求めた弁当を膝の上にのせ、心地よい揺れを感じながら味わう。その土地ならではの食材がぎっしり詰まった駅弁は、普段の食事とは異なる特別な体験だ。

「駅弁って“想像力のお弁当”だと思うんですよ。まず掛け紙の絵を見て『中身はどうなっているんだろう?』と想像して、ふたを開けて『おー、そうきたか!』って。ラジオも“想像するメディア”と言われますが、駅弁との共通点を感じますね」

 そう語るのは、ラジオ番組の放送作家であり、駅弁ライターである望月崇史さん(44)。番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩き歴は17年、実食した数はなんと5千個におよぶ。2002年から、毎日一つの駅弁を紹介するウェブ連載を継続中だ。

 4月からの外出自粛による巣ごもり生活で、望月さんが新たに始めたことがある。駅弁のお取り寄せだ。

「実はお取り寄せできる駅弁屋が全国各地にあるんです。いま、メディアでは、『駅弁業界は苦しい』というメッセージばかり発信されていますが、こういう時だからこそ通販を始めたり、新しい商品を出したりしている会社もあって。鉄道ファンを中心に、苦境に立たされている駅弁屋を支えようと、応援の輪が広がっています」(望月さん)

 都内在住の会社員・伊東真さん(36)は、ローカル線をめぐるのが趣味の“乗り鉄”だ。コロナ禍のいまは、駅弁と共に自宅で“旅”を楽しんでいる。

「週末に自宅で、前面展望の動画を見ながら食べています。窓際にソファをクロスシートのように置いて、その地域を旅したときのことを思い浮かべながら食べるのが楽しいんです」

 牛の顔をかたどったふたを開けると童謡「故郷(ふるさと)」のメロディーが流れる「モー太郎弁当」で有名な「駅弁のあら竹」(三重県松阪市)も、この春から通販に力を入れ始めた。紀勢本線・松阪駅に店を構え、今年で創業125周年を迎える老舗だ。6代目社長・新竹浩子さんは、SNSで地元の魅力を発信し、「ぴーちゃん」の愛称で多くの鉄道ファンから愛されている。

「通販を始めたのは5年ほど前から。ホームページの片隅で細々とやっていて、注文は月に数件でした。でも、緊急事態宣言が出された時に、何人かのお客さまから『お取り寄せはできますか?』と聞かれ、それをきっかけに通販サイトを目立つようにリニューアルしたら、利用してくださる方がグッと増えたんです」(新竹さん)

 看板商品である全国初の牛肉弁当「元祖特撰牛肉弁当」を始め、部位を厳選した黒毛和牛を秘伝のタレで調理する。新竹さんのこだわりはそれだけではない。通販の弁当が入った段ボール箱を開けると、オリジナルキャラクター、モー太郎のイラストが広がるようにセットし、購入者へ感謝の気持ちを書き込んだ鉄道写真を添える。鉄道写真は、通販の注文時に購入者がコメント欄に書いた内容などを参考にして選ぶ。

「例えば、近鉄好きの方からの注文だったら近鉄の『しまかぜ』の写真にしたり、お一人ずつに合わせて選びます。あと、私は“エア松阪”と呼んでいるんですけど、松阪に来られない方たちにもお弁当を食べながら想像で楽しんでいただけるように、観光案内もたくさん同封しています。お弁当の揺れ防止にもなって一石二鳥なんです(笑)」(同)

 4月以降、松阪駅売店での売り上げは9割減、1日に2個しか売れない日もあった。しかし、新竹さんは前を向く。

「お客さまがうちの通販のお弁当を楽しんでいる様子をSNSにアップしてくださるんです。最近、一番感動したのは鉄道愛好家のご夫婦。奥さまが駅弁の立ち売りの格好をして、うちのお弁当をお盆の上に並べて、『ぴーちゃん、こんなことしたよ』とメッセージをくださった。なんてうれしい励ましなんだろう!って」

(編集部・藤井直樹)

※AERA 2020年7月6日号より抜粋