1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は路面電車では定番となった「ワンマン運転」のルーツをたどってみた。



*  *  *
 現代では路面電車のワンマン運転は定番になっている。

 しかしながら、函館や広島などで不定期に運行される「車掌」が乗務した復元電車に接すると、車掌が肉声で行先案内をしていた往時の車内が無性に懐かしくなる。

 いっぽう、大量輸送を担う都市の鉄道では、東京メトロ丸の内線や南北線、東急電鉄池上線や多摩川線、横浜市営地下鉄など、多くの路線でワンマン運転が実施されている。最新のニュースでは、JR東日本・京浜東北線が2024年を目途にワンマン運転に移行することが発表された。少子化による乗務員の確保とコスパの観点からも、同線がモデルケースとなって、他線区のワンマン化を促進していくことと思われる。

 都電にワンマン運転が導入されたのは意外に遅く、最後まで残存した27・32系統が荒川線に改称されてからのことだった。

 冒頭の写真は1977年に登場した新7000型だ。旧7000型の主要機器を流用して、ワンマンカー仕様の新車体に艤装した車両だ。運転当初はワンマンカーと在来車の混合運転だった。左隣に写っている車掌が乗務する在来車と外観を区別するために、青帯の塗装に変更されている。7000形は31両が就役したが、不足分は従来の7500型16両をワンマン化改造して補い、翌1978年4月に全線でワンマン運転を開始している。

■国内初の路面電車ワンマンカーは…

 では、路面電車で国内初となるワンマンカーが誕生したのはどこか?

 答えは、1954年の名古屋市交通局(名古屋市電)だ。

 閑散線区の下之一色線と築地線で運転され、この路線には尾頭橋(おとうばし)と築地口(つきじぐち)の全線13800mを結ぶ70系統の市電が運転されていた。また、尾頭橋〜稲永町の11100mは単線で敷設されていた。

 写真は、70系統の区間運転随時系統(尾頭橋〜下之一色)である71系統に充当されたワンマン仕様の1700型だ。ワンマン運転を表示する紺帯の外装で、集電装置がビューゲルからZパンタグラフに換装されていた。筆者は下之一色線の撮影と無縁だったため、畏友である元東武博物館名誉館長・花上嘉成氏から所蔵作品をお借りしている。ちなみに、下之一色線と築地線は1937年に下之一色電車軌道と築地電気軌道から名古屋市が引き継いだ路線で、1969年2月に廃止されている。

■岡山電気軌道に見るワンマン運転の形態

 次のカットは岡山市を走る岡山電気軌道(岡山電軌)のワンマンカーが、番町線の終点番町停留所で発車を待つシーンだ。鋼製ながら古色蒼然とした100型低床式四輪単車が、周囲のひなびた風景と調和している。「ワンマンカー」と赤帯に白抜きされた表示がちょっと控えめで、微笑ましく感じられた。この番町線にワンマン運転が導入されたのは1956年だった。同線は全長900mの単線で敷設された短距離不採算路線のため、経営合理化に向けて白羽の矢が立ったわけである。

 ワンマンカーの車内ショットも紹介しよう。

 乗客は前扉から乗って、後扉から降りた記憶があるが、今となっては定かではない。運転台には運転士用の座席、料金箱、後方監視用のミラーがあり、空気作動の自動扉操作コックも見える。車内は木製のアンティークな造りで、市内中心部に出掛けるご婦人方で賑わっていた。

 岡山電軌は他に東山本線と清輝橋線の二路線があるが、いずれも複線で敷設されている。番町線が廃止されたのは1968年5月で、現在も盛業中の東山本線、清輝橋線の全線がワンマン運転化されたのが、1970年だった。

■豊橋鉄道のプリミティブなワンマンカー

 愛知県豊橋市を走った豊橋鉄道柳生橋支線は1960年12月からワンマン運転が開始されている。この路線も全長900mの単線で敷設されており、前述の番町線と一脈通じるものがある。訪問時にはワンマン仕様に改装された500型高床式四輪単車が稼働していた。

 次の写真は、終点の柳生橋停留所で折り返しを待つワンマンカーだ。画面右端奥に柳生川が流れており、この電車道を直進すると、豊橋鉄道渥美線と直角に交わる踏切に続いていた。その右手に渥美線の柳生橋駅が所在する。この500型は名古屋市電から譲り受けた戦前製の鋼体化車両。軽快な外観の割に、機能は前近代的な電車だった。ワンマン仕様への改装は最低レベルで施工されたため、「最もロースペックでプリミティブなワンマンカー」といっても過言はない。

 この500形は空気制動装置がないために、手用ブレーキのみを装備していた。警笛は床下に装荷したフットゴングで、床上のペダルを足で踏む仕組みだった。運転士は起立して運転しないと、手用ブレーキハンドルと警笛が扱えないため、運転座席は省かれていた。扉の開閉も手動であるため、運転士側の扉しか開閉できず「前乗り・前降り」の乗降方法だった。車内放送は低電圧電源が得られないため、運転台にある伝声管を使って、吹奏楽器を思わせるラッパ状の拡声器から肉声を車内に流していた。

 ちなみに、豊橋鉄道豊橋市内の本線は東田本線(あずまだほんせん)と呼称されており、全線にワンマン運転が導入されたのは1971年だった。また、柳生橋支線は1976年3月に廃止されている。

 ワンマン運転になった荒川線に乗車すると、録音された無味乾燥な車内放送が聞こえてくる。往時は名滑舌の車掌の肉声に、乗客が喝采を贈った路線もあったそうだ。発車時に聞こえる「チン・チン」という信鈴の響きだけが、旧き佳き日を彷彿とさせる。

■撮影:1977年11月23日

◯諸河 久(もろかわ・ひさし)
1947年生まれ。東京都出身。写真家。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。著書に「都電の消えた街」(大正出版)、「モノクロームの私鉄原風景」(交通新聞社)など。2019年11月に「モノクロームの軽便鉄道」をイカロス出版から上梓した。

※AERAオンライン限定記事