自粛中、歯科治療などを控えていた人は多い。だが口腔ケアとウイルスの感染や重症化には、深い関係があることがわかっている。その関連性を取材した、AERA 2020年7月13日号の記事を紹介する。



*  *  *
 厚生労働省は4月、新型コロナの感染拡大を防ぐため、日本歯科医師会に対し、「緊急性がないと考えられる治療については延期することも考慮すること」などと要請を出した。

 日本歯科医師会の調査によると、今年4月の受診件数は、昨年同時期より2割減ったという。同時に現場の歯科医師からは、「治療を自主的に延期していた患者のう蝕や歯周病が重症化していた」との声が寄せられている。治療中の人に限らず、テレワークなどで直に人に会う機会が減ったことから、歯磨きの回数が減ったり、口腔ケアがおろそかになったりしている人は多いだろう。だがウィズコロナ時代、口腔ケアを怠ることは単なる口の汚れ以上のリスクが伴う。口のなかが汚れると、感染症にかかったり重症化したりするリスクが上昇することがわかってきたからだ。

 すでにインフルエンザについては、冬場6カ月間に歯科衛生士による口腔ケアを受けた人のインフルエンザ発症率が1%だったのに対して、受けなかった人は9.8%と、約10倍の差が出たことが発表されている(2006年「日本歯科医学会誌25号」)。なぜ、口のなかが汚いとウイルスに感染しやすくなるのか。神奈川歯科大学副学長の槻木恵一教授はこう解説する。

「通常なら、唾液中にある免疫物質がウイルスを取り囲み、粘膜内に侵入しないようにブロックします。そして唾液の自浄作用によって洗い出されます。しかし口腔内に歯周病菌などの病原菌があると、ウイルスの侵入を手助けする『プロテアーゼ』という酵素が出てウイルスが活性化してしまい、感染リスクを高めてしまうのです」

 7月上旬、槻木教授はインフルエンザと同じようなことが新型コロナに関してもいえる可能性があるとする論文を発表した。

「ウイルスは口腔内に入るとたんぱく質の受容体と結合しますが、新型コロナを受け入れる受容体とプロテアーゼが、歯肉や舌の上で、混在していることがわかりました。セットで同じ場所にあったということは、口腔内から新型コロナに感染するリスクがあるといえます」(槻木教授)

 口腔内には善玉も含めて100億個もの細菌が常に存在している。歯周病は歯に付着した細菌の塊である歯垢が引き起こす炎症と、それに対する生体反応により、歯を支える歯周組織が失われる病気だ。

 それと同時に、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞、認知症など、さまざまな病気に悪影響を及ぼすことがわかってきている。唾液中にある歯周病菌が、歯周ポケットや虫歯で開いた穴を通じて、血管に入り、全身をめぐってしまうのだ。この歯周病菌が、ウイルス性感染症の重症化リスクを高めることもわかっている。鶴見大学歯学部の花田信弘教授はこう話す。

「毒性の強い歯周病菌が歯周ポケットや虫歯の穴から血液中に入ると、全身に細菌がめぐる菌血(きんけつ)症が起きます。ウイルス性肺炎を発症した人の口腔内で歯周病菌が血液中に入ったことにより、二次性細菌性肺炎を引き起こすと死に至る可能性が高くなります」

 ウイルス性肺炎を発症した状態で菌血症になると、免疫システムが暴走して正常な細胞を攻撃し、炎症を起こす危険性が高まる。さらに、細菌が肺に達して、二次性の肺炎を起こす可能性がある。

「新型コロナでも、ウイルス性肺炎が落ち着いた後に二次性細菌性肺炎を引き起こすことが報告されており、歯周病菌と新型コロナ重症化の関連性が推察されます」(花田教授)

 他にも、新型コロナ患者が誤嚥(ごえん)性肺炎を発症し、重症化する例も報告されている。誤嚥性肺炎は歯周病菌などが気道を通して肺に入ってしまうことで起きる。飲み込む力が衰える高齢者に多く、舌に付いた食べかすやはがれ落ちた粘膜の細胞からなる舌苔(ぜったい)を就寝中に飲み込み、肺に入れてしまうことがあるという。ではどうすればいいのか。花田教授はこう話す。

「歯周病菌は、歯周ポケットや虫歯の穴から入ってくるので、そこを塞げばいい。虫歯や歯周病がある人は歯科医院で治療しましょう。毒性の強い歯周病菌が体内に入ることを防止することができます」

 歯周病が重症化する前に、歯垢や歯石を取るために歯科医院に行ったほうがいいという。そこで自分に合った口腔ケアの方法を聞くことも可能だ。

 同時に、ホームケアも大切だ。花田教授によると、家では1日2回ほど歯を磨き、数日に一度はデンタルフロスで歯と歯の間を掃除するのが目安となるという。こまめにうがいもし、病原性のある細菌が、口腔内にない状態にすることが重要だ。

 舌の汚れは、専用のクリーナーでとるといい。舌が白く見えるのは、舌に食べかすや細菌がたまっているからだ。舌を傷つけないように使うには、奥から手前に向かって軽い力で動かす。細菌の繁殖を抑え、口臭も防いでくれる。(ライター・井上有紀子)

※AERA 2020年7月13日号より抜粋