夏を迎え、虫に悩む人も多い。近年の虫取り・虫よけ商品は多彩だ。

 発売2年余りで150万個を売った商品がある。美容品などの企画・販売をするイースマイル(東京都世田谷区)のダニ取りシート「さよならダニー」だ。

 シートは、ダニが好む食品添加物を発泡ウレタンと不織布で覆う構造にした。「ダニの死骸やフンだけでなく、生きたダニを捕まえられる点が大きな特徴。誘引剤は食品添加物だけで、人体に有害な化学物質を使っておらず安全です」(広報担当者)。アトピー性皮膚炎の家族を持つ仲村淳社長が、ダニの専門家と出会ったことが開発のきっかけだったという。

「着る防虫」──。アウトドアブランド「フォックスファイヤー」を展開するティムコ(東京都墨田区)は、そんなうたい文句で、虫よけ効果のある繊維素材を使ったTシャツ、パンツなどを販売する。アース製薬が開発した非揮散性の特殊な防虫剤を、帝人フロンティアの加工技術で繊維につけたものだ。洗濯しても効果が落ちにくく、紫外線もカットできるという。

 100円ショップも、虫よけ関連の商品を拡充している。服や身の回り品に貼れるマスキングテープやブレスレットといった、独特の手軽さが売りだ。

 老舗メーカーも商品を進化させ、負けてはいない。

「かっこいい」「変身できそう」などとネットで話題を呼んだのが、フマキラーの「どこでもベープ プレミアム」だ。腕や足、腰などにつけられる携帯タイプの虫よけで、金色で流線形の斬新なデザインが注目された。薬剤カートリッジと高性能の送風ファンを使い、ユスリカやチョウバエなどを寄せつけないようにするという。

 おなじみの塗り薬「キンカン」(金冠堂)は今春、数量限定の「キンカン ノアール」を売り出した。黄色が基調のパッケージを黒にし、宣伝ポスターに外国人モデルを起用するなど、高級感をアピールする。

「キンカンはロングセラー商品として親しんでもらってきましたが、若年層の獲得にも力を入れています。おかげさまで当初計画の20万本はすべて出荷し、在庫もない状況です」(広報担当者)

 虫よけ商品は、使い方によって効果に差があったり、体質によっては体に影響したりする場合もある。不安だったら医師や専門家に相談するなどして自分に合ったものを選ぼう。(本誌・池田正史)

※週刊朝日  2020年7月24日号