かつては“不治の病”のイメージで、映画やドラマで描かれることも多かった白血病だが、近年は“治る病気”になった。大きく分けると急性と慢性に分類され、診断されたら一刻も早い治療が必要になるのが急性白血病だ。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、急性白血病の診断や治療法について、専門医に取材した。



*  *  *
 2019年2月、日本女子競泳界のエース、池江璃花子さんが、発症を公表し、改めて注目を集めた血液がんの一種が白血病だ。白血病と言えば、長年、不治の病と思われてきたが、近年、数々の薬物療法の登場などにより、根治が見込める病気となった。

 白血病は、大きく分けると病状の進行の速さなどによって急性と慢性、そのそれぞれに骨髄性とリンパ性があり、四つのタイプに分類される。

 急性白血病は、急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病がある。

 白血病全体の約7割を占める急性骨髄性白血病は、血液を作る造血幹細胞のなかの骨髄系幹細胞が、血液を作る過程で未熟な細胞である骨髄芽球に遺伝子異常が起こってがん化し、それが増殖して起こる。一方の急性リンパ性白血病は、リンパ系幹細胞である白血球の一種のリンパ球が、やはり未熟な段階でがん化して起こる。こちらは、白血病全体の約2割だ。

 急性白血病は、白血病細胞が20〜30%以上あると、白血病と診断される。診断されたら一刻も早い治療が必要だ。都立駒込病院副院長の大橋一輝医師はこう説明する。

「急性白血病の発症が判明するパターンは二つあります。一つはだるさや風邪のような症状が長引き、医療機関を受診してわかるケース。もう一つは何の症状もなく、たまたま健康診断や人間ドックの血液検査で、赤血球、白血球などの数値の異常で見つかる場合です。前者ももちろんですが、後者では患者さんは大きなショックを受けます」

 本人は元気なのに、病気を告げられたとたんに、即入院し、検査と治療を受けるように医師から言われる。何がなんだかわからないまま事態が進み、仕事や家庭のこと、命のことなどあれこれ考えて、パニックに陥る人も多い。

■次々に新薬登場で 治療効果が上がる

 治療方針は、骨髄検査で染色体や遺伝子、血液細胞の表面に現れる抗原などを解析して、年齢や患者の状態も加味して決められる。

「急性骨髄性白血病の場合は、寛解導入療法で抗がん剤2剤を1週間投薬して残り3週間の休薬で1コースという治療をおこないます。大量の抗がん剤により、できるだけ悪い細胞を消して良い細胞の回復を促す治療です。顕微鏡で血液を見ても悪い細胞がない状態に持ち込みます。ただし、悪い細胞はそれでも潜んでいますので、さらに念のための治療である地固め療法をおこないます」(大橋医師)

 この治療で寛解へ入るのは約8割だが、寛解が長期間維持されるのはそのうちの2割程度で、残りの6割は再発する。そして造血幹細胞移植により根治へ導けるのはそのなかの約5割程度のため、5年生存率全体は5〜6割だ。

「悪い細胞のタイプは染色体の異常によって予後不良、中間、良好に分けられ、さらに遺伝子を70種類ぐらいに分類し、精査して治療方針を決めています」(同)

 かなり予後良好なものから、手を尽くしても救命できないものまでタイプはさまざまだ。特に再発・難治症例は治療が困難だったが、現在は新しい薬が使えるようになった。FLT3阻害剤のギルテリチニブ、キザルチニブの2剤だ。

 また、FDA(米国食品医薬品局)は、イボシデニブというIDH1変異に対する薬を承認した。日本での承認も期待される。このように特定の染色体異常や遺伝子変異を標的にする薬が次々に登場し、急性骨髄性白血病の治療は進化している。

 一方の急性リンパ性白血病は、池江さんが、この病気であることを公表したタイプだ。

「急性リンパ性白血病は長い間、打つ手のない病気でした。しかし現在、成人の約3割を占めるフィラデルフィア染色体に異常があるタイプの場合にはイマチニブなどのチロシンキナーゼ阻害剤というタイプの薬を使うことで、劇的に治療効果が向上しました」

 そう話すのは、東京女子医科大学病院血液内科教授の田中淳司医師だ。
「再発・難治症例についても、免疫療法剤ブリナツモマブと、抗CD22抗体と抗がん剤を結合させたイノツズマブオゾガマイシンの二つの薬が使えるようになり、治療予後が改善しています」(田中医師)

■遺伝子改変による免疫細胞療法も

 さらに、現在注目されているのが、CD19陽性の特定のタイプの病気に対して、自己のリンパ球を体内から取り出し、遺伝子導入して改変し、体内に戻してCD19を認識して攻撃するCAR−T(キメラ抗原受容体T細胞)療法という免疫細胞療法だ。

 チサゲンレクルユーセルという薬が3349万円と破格の薬価であることも話題になった。再発難治の急性リンパ性白血病では25歳以下の患者に対して保険で使えるようになり、一度の治療でかなりの効果が出ると言われている。現時点では全国でも数カ所の病院のみで治療を受けられるが、今後の普及や適応拡大が期待されている。

 急性白血病は、根治を見込むためには寛解状態で造血幹細胞移植を受ける必要がある。

 移植は、骨髄を提供してくれるドナーが見つかった場合に受けられる治療であり、患者にとってもかなりの負担を強いる治療だ。副作用での死亡率も2割程度あり、細心の注意が必要となる。

(文・伊波達也)

≪取材協力≫
がん・感染症センター 都立駒込病院 副院長 大橋一輝医師
東京女子医科大学病院 血液内科教授 田中淳司医師

※週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』より