歯周病が進行してしまい、歯科医院で治療を始めたけれど、もう手遅れだった……。そんな場合、歯を抜かざるを得ません。抜歯すればそれで終わりというわけではなく、抜いた歯を補う治療が必要になります。日本歯周病学会・日本臨床歯周病学会は、国民に歯周病について正しい情報を伝える公式本『続・日本人はこうして歯を失っていく』を発刊しました。本書から、歯周病で歯を抜くケースとその後の3つの選択肢について抜粋して届けします。



*  *  *
 歯周病の治療は近年大きく進歩し、できるだけ歯を抜かない治療が主流になっています。腫れや出血がひどく、多少、グラグラしていても、歯周病治療をきちんとおこなうと炎症は抑えられ、進行をストップできる可能性があります。

 一方、歯の多くが進行した歯周病になっている場合、1本だけ抜歯するとほかの歯が弱くなったり、歯肉が下がったりすることもあります。このような場合、歯を抜かずに徹底した歯周病治療をおこなって歯周病の進行を止める(つまり歯を抜かない)、という選択肢もあります。

 それでも中には抜歯がどうしても必要になることがあります。

 それは第一に、「ひどい歯周病でそのままにしておくと、隣り合う歯の歯槽骨も破壊される危険がある場合」です。

 せまってくる歯周病菌からからだを守るために、私たちのからだの防御機能が働いて、歯周ポケット内では戦いが起きます。その結果として、歯槽骨は自ら溶けることで逃げ、細菌との距離を保とうとしていると考えることもできます。このように進行した歯周病の歯を放置しておくと隣り合う健康な歯の歯槽骨も減っていく可能性があります。

 第二に、「歯周病の予防がうまくできず、再発を繰り返したり、炎症が長引いている場合」です。歯周病の炎症は全身の病気や不調をきたす原因になります。

 このほか次項で解説するように、歯を失った後にインプラント治療を考えている場合、歯槽骨が一定量、必要になるため、骨がなくならないうちに抜歯したほうがよい場合もあります。

 このように悪くなった歯だけに焦点を当てるのではなく、口の中全体のバランスを考えて歯を抜くか残すかを検討する必要があります。抜歯をする場合には、歯科医師の説明を受け、十分に納得した上で抜いてもらいましょう。

■抜歯したまま放置するのはよくないケースが多い

 歯を抜けたままにしておくと両隣の歯が歯のないほうに倒れてきたり、なくなった歯とかみ合っていた上(下)の歯(奥歯)が下(上)に出っ張るなどでかみ合わせが悪くなる危険性があります。かみ合わせが悪くなったために、過度な力がかかった歯の歯周病は進行しやすくなります。

 また、歯は噛む機能だけでなく、正しい発音、顔形のバランスを支える役割などを担っています。このため歯を補う治療がすすめられます。歯を補う治療には(1)「ブリッジ」(2)「入れ歯」(3)「インプラント」の3つの方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので特徴をよく理解した上で、選択しましょう。

■失った歯を補う3つの方法

(1)ブリッジ
 失った歯が1〜2本で、健康な歯が多く残っている場合におこなう最も一般的な治療法です。失った歯の両隣に残っている歯を削って金属などをかぶせて橋桁にし、抜けた部分に人工の歯(ポンティック)をつけてセメントで合着します。

 支える両隣の歯は「支台歯」と呼ばれます。ブリッジの最大のメリットは人工の歯がこの支台歯でしっかりと固定合着されるため、噛むときの違和感がほとんどないということです。入れ歯のように取り外す必要もなく、天然の歯のように見えます。また、噛む力も入れ歯に比べ、高いといわれています。

 デメリットは、ブリッジの構造上、支えとなる両隣の歯がなければ治療が難しいということです。例えば一番奥に生えている歯を失った場合、支える歯は片側にしかないのでブリッジには向きません(片側だけで支える延長ブリッジという方法もありますが、固定力が劣ることなどから、例外的適応を除いて推奨されていません)。

 また、ブリッジは両隣の歯を削らなければなりません。一度削った歯はむし歯になりやすいことがわかっています。また、支台歯に負担がかかるため、その力により歯周病が悪化することがあり、メインテナンス時にはチェックが必要です。

 なお、支台歯をできるだけ削りたくない、という場合は「接着ブリッジ」といって、金属やレジンというプラスチック、またはグラスファイバーで接着するタイプもあります。ただし、従来のブリッジに比べて固定される力が弱く、強い力がかかると外れやすい場合もあるということを知っておく必要があります。

*費用:一般的な材料を使う場合は健康保険の適用となりますが、健康保険対象外となる材料や治療法もあります。
 
(2)入れ歯
 歯を失った部分に取り外しできる人工の歯を入れて、噛めるようにする方法です。入れ歯というと「総入れ歯」をイメージするかもしれませんが、1本から数本の歯を補う「部分入れ歯」もあります。部分入れ歯で一般的なのは「クラスプ」という、金属のバネを残った歯にかけるタイプです。部分入れ歯の最大のメリットは、健康な歯をほとんど削らずにすむことと、多くのケースで適応となることです。また、毎食後、取り外して洗うことができるので、清潔に保つこともできます(ただし、取り外しが面倒という人にとってはデメリットかもしれません)。破損した場合も修理をすることが可能です。

 デメリットは歯の位置によりクラスプが見えてしまうことです。このために見た目を気にする人は少なくありません。クラスプをかけた歯の負担が増え、歯周病が進行したり、むし歯になりやすかったりします。また、固定式ではないので違和感があり、噛む力はブリッジに比べ劣ります。

 総入れ歯は部分入れ歯よりも簡単な構造で、人工歯と歯肉を補う床で構成されています。床が歯肉に吸盤のように吸い付くことで固定されます。

 総入れ歯のメリット、デメリットは部分入れ歯と基本的に同じですが、総入れ歯の場合、口の中全体を覆うために、食べ物の味や温度を感じにくいことがあります。また、「外れやすい」「痛みが出る」「食べ物がはさまる」ということがないよう、完成後も細かい調整が必要です。

 *部分入れ歯には白く目立たないホワイトクラスプ、磁力などを利用したアタッチメントタイプなどがあります。ただし、金属のクラスプタイプ以外は保険適用外となります。床についてもプラスチック以外の床(金属床)は保険適用外です。

(3)インプラント
 歯根に代わる金属の人工歯根、「インプラント体」を歯槽骨に埋め込み、これを土台にして人工の歯を取り付ける治療です。人工歯根に多く使われるのはチタンという金属などで、このチタンが骨とほぼ結合状態となる性質を利用して固定します。

 インプラントのメリットはなんといっても自分の歯と同じような感覚で噛めること。見た目も天然の歯とほとんど同じです。ブリッジのように周囲の歯を削らずにすみ、1本の歯を失った場合からすべての歯を失った場合まで治療が可能です。

 デメリットはインプラントを埋め込むために外科手術が必要なことです。手術である以上、合併症のリスクがともなうため、持病がある人は適応外になることもあります。また、顎の骨に近い太い血管や神経が傷つけられた場合、異常出血や神経損傷による麻痺などが起こることがあり、経験豊富な歯科医師に治療をしてもらうことが大事でしょう。

 また、インプラントが歯槽骨に結合するまでは最低でも下顎で2〜3カ月、上顎で4カ月程度かかります。歯周病が進み、インプラントを支える歯槽骨が少ない場合、適応外となってしまうこともあります(他の部位から骨を移植したり、骨を増やす手術を併用すれば、おこなえる場合もあります)。

 最近はインプラントの上部(人工の歯)を取り外し可能な入れ歯にした「インプラントオーバーデンチャー」があります。入れ歯のように清掃ができることなどから、高齢で歯周病のセルフ・ケアが十分にできない人などに向くといわれています。

*インプラントには健康保険が適用されず、全額自己負担です。医療機関によって異なりますが、1本あたり数十万円の治療費がかかります。

※『続・日本人はこうして歯を失っていく』より

≪著者紹介≫
日本歯周病学会
1958年設立の学術団体。会員総数は11,739名(2020年3月)。会員は大学の歯周病学関連の臨床・基礎講座および開業医、歯科衛生士が主である。厚労省の承認した専門医・認定医、認定歯科衛生士制度を設け、2004年度からはNPO法人として、より公益性の高い活動をめざしている。

日本臨床歯周病学会
1983年に「臨床歯周病談話会」としての発足。現在は、著名な歯周治療の臨床医をはじめ、大半の会員が臨床歯科医師、歯科衛生士からなるユニークな存在の学会。4,772名(2020年3月)の会員を擁し、学術研修会の開催や学会誌の発行、市民フォーラムの開催などの活動をおこない、アジアの臨床歯周病学をリードする。