東京の感染者数が何人超えただの、そんな報道のあり方にお笑い芸人カンニング竹山さんは苦言を呈す! 今、コロナ報道に疑問を投げかけるのは、冬への危機感があるからだった。



*  *  *
 コロナに関しての報道をワイドショーなどであまりにもやり過ぎ。感染者数がどうだとか、東京の感染者数はこんなに出てますとか、全国では感染者が何人突破しましたとか、PCR検査をしなきゃいけないとか、うわべを報じるようになってしまっている。

 東京都が6月30日までのコロナによる死亡者数を公表したんですけど、ひとつひとつ見ていくと、亡くなっているのは、80代と90代がほとんどで70代が少し。そのうちのほとんどが高血圧とか糖尿病などの持病のある人。PCR検査に関しては7月に検査数が増えているから、今回公表の数字にはまだ反映されていない。

 7月はPCR検査を増やしているから感染者数が多くなっているんですよ。その中で、高齢者はPCR検査で陰性になっていないという人もいるが、高齢者はPCR検査してないだけだから。若い人中心に検査をしているから、発表されるデータがそうなっているの。そういうことをひとつひとつ冷静にちゃんと理解してみていかないと、今、ただ「コロナが危ない、コロナが危ない」ということになっている。

 結局、世の中勘違いしちゃっているのが、PCR検査やって陰性だったら自分はセーフだと思っているんですよね。PCR検査は治療じゃない! 例えば、Jリーグも2週間に一回PCR検査をやっているから必ず陽性者が出るじゃないですか。回数重ねればね。だから、いつコロナにかかるかなんてわからないわけですよ。PCR検査が特効薬だと勘違いしている人がいる。はっきり言っておくとPCR検査は誤認もあるただの検査です。誤陽性、誤陰性が3割くらいはあるただの検査です! PCR検査を増やせってメディアが煽りすぎて、そのへんがおかしなことになっている。

 じゃぁ、どうすればいいか? それは、大げさにしないほうがよくて、一番大事なことって、死なないことでしょ? 感染者の数字を報じるだけじゃなくて、感染者と亡くなった人などとの比率をきちんと見ていかないとダメだと思うんです。

「諸外国みたいにPCR検査しないから感染者がまた増えてきているんだ」って言う人がいるんだけど、いやいや、PCR検査をめちゃくちゃしている国で、コロナで死んでいる人がたくさんいるじゃん! 結局、陽性者がいっぱい出てきてパニックってんじゃん? 検査したって、その先の対策ができていないってことでしょ。

 僕が出ているワイドショーとかでも、「今日の感染者数は400人超えました」とかでワーワー盛り上がるのを止めて、細かくひとつひとつ正しく検証して、ちゃんと伝えていかないと、もうそろそろおかしくなりますよ。

 なぜ、僕がそういう考えでいるかというと、必ず年末に感染が爆発して、重症者も死者も多く出ますよ。今、冬の季節の国では感染者が出ているんだから。コロナって風邪の一種なわけだから、ということは、今、日本は風邪のシーズンじゃないじゃないですか。ワクチンも特効薬もない今、冬に向けての対策を打っておかないと。

 その用意が全然できていないと思うんですよ。法律も変えなきゃいけないし。病床を空けておかないといけないし。無症状の人を入院させるわけにいかないし。どこかホテルで隔離するなら、そのような施設を確保しておいたほうがいい。一人暮らしの人がかかったら自宅にいてもらうようにするとか。そういうことをひとつひとついろいろ考えて、対策していかなきゃいけないときなのに、朝も昼も夜も報道で煽っているだけ。

 東京都は8月3日から酒を提供する飲食店などの営業時間を22時までに短縮する要請をしているけど、22時以降も営業したからって、どんな結果が出るのよ?って話でしょ。この春も、自粛要請で飲食店閉じていましたよね。でも、陽性者増えてんじゃんって話でしょ? どうしてかって、簡単な話でPCR検査を増やしたからでしょ。検査やると出るんだから。ウイルスを持っている人はそりゃいるでしょうよ。そこまでわかっているんだから、バカのひとつ覚えみたいに検査だ検査だって言うのではなくて。まず、一番大事なことは何か、今何が起こっているか? かかったときにどういうふうにするのか? 半年ぐらいしてデータも蓄積されてきたところで、わかったことは「死なない」ってことじゃないですか。そこから、ひとつひとつ紐解いていって、冷静な判断を報道でやっていかないと。

 今やっている対策と冬にものすごく爆発して感染者が増えたときに、その対策と感染者数が結びつけられ検証されると思うんです。このままいくと。「夏にもっと自粛しておけばよかった」とか報道されることになる。いやいやそれとは別だって。どっちみち、冬には感染者は増えるんだから、その用意を今しておかなければいけない。

 こういうことをAERA dot.で発信すると、そこに感情や思想が入ってきて、次にいろいろ言ってくる人がいるんですよ。「30代では1人しか亡くなっていない」って僕が発言したら「そのご家族の気持ちになったことがあるのか!」って書き込みをするようなもので、そういう感情論になってしまうと、社会が回らないですよ。冷静にひとつひとつ受け止めて考えないと。ていうことをテレビとかメディアがやらないと。どんどん、どんどん煽っていっちゃっているから。「ヤバイ、ヤバイ」って言って、「ヤバイ」の後の言葉はまるでない。「ヤバイ、ヤバイ、マジヤバイ」って。いや、ヤバくないって(笑)。

 お盆の帰省をどうするのかも報じられていますが、おじいさん、ばあさんにうつるかもしれないから、それは止めてもいいんじゃないって思いますけど、「逆にそこは規制しなくていいんじゃない?」ってことが一緒になりすぎちゃっている。海水浴を規制しているところもありますけど、子どもたちも夏休みは暇だし、データ見たって、子どもがたくさんかかっていないじゃん。そういう規制をやらなくてもいいけど、冬にはどえらいことになるよというのが前提です。何度も言いますけど、冬に向けての準備をしておかなければいけないというのはずっと僕が思っていることです。煽る報道だけしていて、冬の対策ができないでこのままいくと、冬はみんな巣ごもりすることになりますよ!