お世話になった方にあいさつにうかがったり、帰省をして親と歓談したりするのが難しい、コロナ禍の夏。会えないからこそ、素晴らしい贈り物で気持ちを伝えたい。そんなときにぴったりな8品をご紹介します。



■菓匠 菊家 水ようかん

自称「水羊羹評論家」の向田邦子さんが足繁く通った菊家の逸品。口に含むと上品な小豆の香りが。贈答用ケース入りは10×10×3cmで1385円。右は干菓子の唐衣1188円

東京都港区南青山5‐13‐2

■佐藤水産 海の幸ゼリー寄せ詰合せ

海の幸を、魚介出汁入りゼリーに閉じ込めた。鮭、帆立、うに、蟹、つぶ、海老の6種あり、ゼリーの味は食材ごとに変えている。見た目にも涼しげでビールのあてにも。6種詰め合わせ2720円。単品400円

北海道札幌市中央区宮の森3条1丁目5‐46

■金谷ホテルベーカリー 百年ライスカレービーフ

日光金谷ホテルの料理長に代々受け継がれてきたレシピを再現した。最初は甘みが、次いで辛さが立ち上がる。チキン&マッシュルームもある。3箱入り3500円、6箱入り6200円

栃木県日光市土沢992‐1

■謝花きっぱん店 冬瓜漬

約300年前に中国から伝えられ、琉球王朝で愛された菓子。沖縄の太陽を浴びた冬瓜を、砂糖でゆっくり煮詰める。手間がかかるので、現在作っているのは同店だけ。6本入り2000円、9本入り3300円

沖縄県那覇市松尾1‐5‐14

■竹茂楼 名物うなぎ姿ずし

江戸時代、川魚生洲八軒のひとつとして川魚主体の料理を出していた竹茂楼。その歴史と経験を生かして、じっくりと煮込んだ鰻を押し寿司にした。4600円。ハーフ2500円もある

京都市左京区粟田口鳥居町65

■幸煎餅 銀座本店 七福神あられ

香ばしく軽やか。えび、青のり、しそ、バター、唐がらし、チーズ、カレーと7つの味が楽しめる。1個1個、七福神のイラスト入りパッケージに包まれている。缶入り2160円

東京都中央区銀座5‐14‐1

■ぷらんぼん アイスクリーム・ブリュレ

手作りアイス&シャーベット専門店の自信作。濃厚な味わいと焦がしキャラメルの苦みをアイスで再現した。濃厚なのに食後感はさっぱり。1個432円

愛知県名古屋市東区徳川1‐17‐2

■メルシャン 「日本のあわ」飲み比べセット

きめ細かい泡と心地よい酸の白は、甲州とシャルドネ。ベリー系果実の香りがするロゼは、マスカット・ベーリーA。共に国産ブドウを用いて造ったスパークリングワイン。4600円

東京都中野区中野4‐10‐2

※全品取り寄せ可。値段は税込み。詳細は各店のHPを参照ください。

(構成・文/本誌・菊地武顕)

※週刊朝日  2020年8月14日−21日合併号