「メシが食える大人」に育てる――27年前から一貫してそう言い続けているのが、「花まる学習会」代表の高濱正伸さんだ。遊びや野外体験を通じて子どもを伸ばす、一風変わった学習塾を開いた当初、「そんな塾は成立しない」と非難された。しかし時代は変わった。従来の教育にとらわれない学校が生まれ、そのような学校を選ぶ人も増えた。木村智浩さんもそんなひとりで、自由教育を実践する「きのくに子どもの村学園」にわが子を通わせている。現在発売中の『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』(朝日新聞出版)ではそんな二人が、真に子どもを伸ばす教育について、語り合った。

*  *  *
木村:うちの子が通うのは、テストも宿題もチャイムもない小学校です。基礎学習の時間も週に数時間はあるのですが、授業の大半は「プロジェクト」と呼ばれる活動に充てられています。

高濱:プロジェクト?

木村:おもしろいんですよ。劇団や建築、昔生活など五つほどのプロジェクトがあり、そのどこかに所属して1年間活動するんです。

高濱:お子さんは何を選択したの?

木村:去年は料理のプロジェクトを選択しました。作物を育てたり、調理道具を一から作ったりもします。その過程で、漢字も計算も地理も化学も自然に学んでいるんです。

高濱:それこそ教育の本質だね。木村さんもよく理解している。

木村:いえいえ。ぼくはもともと、大人が理想と思う学びの場を子どもに提供すれば優秀な子に育つと思い込んでいたんです(笑)。でも子どもの幼児期にモンテッソーリ教育を経験して、「大人が主導権を握っているうちは、子どもが主体的に学ぶことはできない」と知りました。

高濱:プロジェクトは完全に子ども主導で行われているの?

木村:はい、先生は見守る立場。

高濱:私の塾のサマースクールも完全に子ども主導型。でも、好きなように秘密基地を作らせたりすると、親からクレームがくる。「うちの子の基地はショボイ。なんで作り方を教えてくれないの?」って。でもね、子どもにとってこれがベストで最高なの。これでいいの(笑)。

木村:あぁ、つい大人目線で見ちゃうんですよね。あるとき、建築のプロジェクトの子たちが屋根に雨どいをつけたんですけど、傾けていないから水が流れない。そのくらい先生が教えればいいのにって思うんだけれど、でもあえて失敗させる。

高濱:すばらしいね、先生たち。

木村 失敗すると、みんなめちゃくちゃ考えるんです。それこそが「探求」。探求心は、大人が信じて待つ間に身につくものなんですよね。「子どもを信じる」という点において、自分がいかに浅はかだったかを実感しました。

高濱:親は子どもの間違いや失敗を恐れるから「転ばぬ先の杖」を出したくなる。でも、子ども時代に小さい傷をいっぱい作った子は、大人になったとき痛みに強くなるのです。いい経験も悪い経験もたくさんさせようとする、木村さんのような親が現れたことに新しい時代を感じます。

■「知らない」と言える子が本当に伸びる

高濱:木村さんが働く会社(ガイアックス)も、自由で新しい感覚の会社だよね。

木村:一時期、会社勤めしたまま家族で2カ月間沖縄に移住したんです。仕事はリモートワークでした。

高濱:すごい、時代の先取りだ。そんな会社もある中で、いまだに「大企業や総合商社でなくちゃ!」みたいな親はまだ多いんだよね。

木村:うちの子が通う学校を見学して「子どもが幸せそう!」と感動した人でも、「やっぱり学力も進学先の選択肢も大事」と思ってしまうんです。でも実際には卒業生の多くは一般の高校でも成績優秀だし、海外の大学を首席で卒業した子もいるんです。

高濱:なぜそんなに優秀なの?

木村:その子にとって必要なタイミングで、集中して学ぶからでしょうね。そして彼らは、知らないことを知らないと言える。そこが強い。

高濱:それ、ものすごく重要。

木村:「自分で育つ力」を身につけてきているから、知らないことを恥ずかしいと思わずに、素直に学べる。人の力を借りるのも上手です。

高濱:知らないことを知らないと言えるかどうかは、学校や塾の文化次第なんだよね。大人次第ってこと。

木村:「子ども主体」とか「他者を尊重」とかどの学校も似たようなお題目を掲げていますが、骨抜きにされている学校も多いですね。行事を見るとわかりますよ。保護者の満足のためか、本当に子ども主体なのか。

高濱:学校のトップが自分の哲学とビジョンを本気で語れるかも見なくちゃ。学校パンフレットには書いていないその部分を見抜くのは大人の役目ですからね。

木村:大人はそれだけやって、あとは子どもに任せましょう。

高濱 それが正解、だね。


高濱正伸(たかはま・まさのぶ)
1959年熊本県生まれ。「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」、小学4年〜中学3年生を対象にした進学塾「スクールFC」を設立。保護者対象の講演会や著書も多数。

木村智浩(きむら・ともひろ)
奈良県生まれ。(株)ガイアックスのチーフカルチャーオフィサー。ブランド、文化づくりと新規事業開発を担当。4児の父。モンテッソーリ教育を学び、子どもたちはきのくに子どもの村学園へ通う。
(『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』より)

(文/神 素子)