子宮体がんには年間約1・6万人が新たに罹患しており、女性ホルモンのエストロゲンが発生に関与するタイプが約8割を占める。比較的見つけやすいがんといわれるが、見逃さないためにはどうすればいいだろうか。



*  *  *
■ 子宮頸がんとは別の疾患 女性ホルモンが関与

 子宮体がんは、女性特有の臓器である子宮の体部という部分にできるがんだ(イラスト参照)。子宮には、子宮頸部に発生する子宮頸がんもあるが、子宮体がんと子宮頸がんでは発生する場所も、がん細胞も、発生のしかたもまったく異なる。子宮体がんと子宮頸がんに関連性はなく、まったく別の疾患ととらえていいだろう。

 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスというウイルスの感染によって引き起こされるがんで、20代、30代の若い世代から発生のリスクがある。一方、子宮体がんにはいくつかの種類があるが、そのうちの一つでタイプ1と呼ばれるものが約8割を占める。タイプ1は40〜60代の閉経前後の年代に多く、エストロゲンという女性ホルモンが発生に関与している。

 卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンが分泌されていて、子宮内膜の増殖を調整している。エストロゲンには増殖を促進する作用が、プロゲステロンには抑制する作用がある。

 タイプ1の子宮体がんは、なんらかの原因でエストロゲンの刺激が長く続くことで発生する。多くは子宮内膜異型増殖症という状態を経て、子宮体がんになる。妊娠・出産歴のない人、閉経が遅い人、排卵障害があって月経不順や不妊症の人が高リスクとされている。また、肥満があると脂肪中の酵素がエストロゲンの量を増加させるため、高リスクとなる。

 子宮体がんには、エストロゲンとは関係なく発症するタイプ2もある。タイプ1より高齢層(70代以上)に多い。子宮内膜異型増殖症を経ずに発症し、がんの性質が悪く、悪性度が高い。タイプ2は、子宮体がんのおよそ2割程度を占めると考えられている。

 そのほか、遺伝子異常が関係するものがあり、「リンチ症候群」が代表的だ。子宮体がんだけでなく大腸がんや卵巣がん、胃がんなどになりやすく、頻度としては子宮体がんの約5%と低い。ここではタイプ1を中心に述べることにする。

■  自覚症状は不正出血 赤い血でなくても婦人科受診を
 
 子宮体がんでは自覚症状として不正出血が起こることが多い。進行すると下腹部の痛みやおなかが張った感じ(腹部膨満感)などがあらわれることもある。神奈川県立がんセンター婦人科部長の加藤久盛医師は次のように話す。

「不正出血というと、患者さんの多くは赤い血を思い浮かべるようですが、茶褐色や黄土色などで、おりものと間違えやすい場合もあります。また、出血があっても止まってしまい、安心して放置してしまうこともあります。すべての不正出血が子宮体がんをあらわすわけではありませんが、たとえ赤くなくても、月経周期と異なる出血や閉経後の出血が一度でもあれば、婦人科の受診をおすすめします」

 検査はまず内診と超音波検査で、子宮内膜の様子をみる。子宮内膜が増殖して異常に厚くなっていると、がんの存在が疑われる。閉経後の人では子宮内膜が4ミリ以上であれば要注意とされる。

 次に子宮からがん細胞を採取して調べる細胞診がおこなわれる。がん研有明病院婦人科部長の金尾祐之医師はこう話す。

「この段階ではがんがある場所がはっきりしないこともあって、細胞診の確実性は7割程度と考えられています。そのため、がんの疑いが強い場合はさらにしっかりと組織を採取して調べる、組織診をおこないます」

 組織診は採取に痛みを伴うことがある。とくに妊娠・出産歴のない人や高齢者では、強い痛みになることもあり、入院して全身麻酔下でおこなわれる場合もある。

 組織診の結果、がんが確認されたら、CT(コンピューター断層撮影)、MRI(磁気共鳴断層撮影)などの画像診断で、がんがどれくらいの深さまで達しているか(浸潤度)、がんの広がり具合、リンパ節や他臓器への転移の有無を調べる。

■   治療は手術で卵巣・卵管の摘出が第一選択

 子宮体がんの進行によって、子宮内膜の下の筋肉の層(筋層)への浸潤が、筋層の深さの2分の1未満であれば低リスク(IA期)に、2分の1以上であれば中リスク以上(IB期以上)と診断される。そのほか、がんの組織型や悪性度、転移の有無などを総合的に評価して、最終的なリスク分類がおこなわれる。

 子宮体がんの治療は、手術によって子宮、左右の卵巣・卵管を摘出することが第一選択となる。病変の広がりやリスクに応じて、リンパ節に転移の可能性がある場合は、リンパ節の切除(郭清)も実施される。

 術後の再発リスクが高い場合や、すでに再発・転移している場合は、抗がん剤などの薬物療法をおこなう。

 タイプ1の子宮体がんは通常、IA期で発見できれば、開腹することなく、負担が少ない腹腔鏡や手術支援ロボット(ダビンチ)による手術を受けられる可能性が高い。術後の判定で再発のリスクが低いと判断されれば、術後の薬物療法が不要になることが多い。また、5年生存率も90%以上と高い。

 子宮体がんの手術については、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』で、全国の病院に対して独自に調査をおこない、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。ランキングの一部は特設サイトで無料公開しているので参考にしてほしい。

「手術数でわかるいい病院」
https://dot.asahi.com/goodhospital/

 子宮体がんの自覚症状である不正出血は、早い段階であらわれる。少しでも不正出血があったら婦人科を受診し、子宮内膜細胞診とともに超音波検査を受け、子宮内膜の厚みや状態をチェックしてもらおう。(文・別所文)

<取材した医師>
神奈川県立がんセンター婦人科部長 加藤久盛医師
がん研有明病院婦人科部長 金尾祐之医師

※週刊朝日  2020年9月25日号