「親の受験」と言われるほど、親の関わり方が結果を左右する小学校受験。今の「お受験」事情がどうなっているのか、見当がつかない親は多いだろう。現在発売中の『AERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2021」』では、気になる「お受験」のあれこれを専門家3人に取材。最新情報を3回にわたって紹介する。第3回となる今回は、共働きで家庭がお受験に挑戦する際のコツや、お受験で重要な父親の役割、受かるための願書の書き方、面接服の選び方などについて解説する。



■保育園児より幼稚園児が有利?

 共働きでチャレンジする家庭が少ないイメージのお受験。保育園出身だと、やはり不利?

「受験者が幼稚園出身者ばかりだったのも今は昔。受験にはまったく関係ありません」と、ウェブサイト「お受験じょうほう」で小学校受験の最新情報を発信する野倉学さんは言う。その上で「入学後しばらくは最寄り駅まで送り迎えが必須だったり、平日の保護者参加の行事が多かったりする学校も。共働きだと入学してから大変という側面はあります」と言う。

 著書でワーキングマザーに向けてアドバイスもしている、2人の子どもの小学校受験を経験したコラムニストの二宮未央さんは、「共働き家庭がめざすべき受験対策は『量より質』です」と言う。

「ペーパー対策、体を使った外遊びなど、夫婦それぞれが得意な分野を分担するのもよいですね」(二宮さん)

 久野泰可さんが主宰する大手幼児教室「こぐま会」でも会員の約6割が共働き家庭だ。

「願書の段階で保育園児だから、と差別されることは一切ありません」(久野さん)

 ただ、久野さんは、「幼稚園で育った子と保育園で育った子それぞれにプラス・マイナス面がある」とした上で、「両者のタイプの違いは、行動観察のときに表れやすい」という。

「行動観察はお行儀のチェックではありません。大事なのは、集団活動をしているときに『聞く』こと、『話す』ことができるか。一概に言えませんが、保育園のお子さんは、自由な発想で自分の話ができる。幼稚園の子たちは、相手の話を聞く姿勢が身についているという傾向はあるかもしれませんね」(久野さん)

■共働き家庭に勇気を与える 私立小のアフタースクール

 2016年、伝統校の聖心女子学院初等科がアフタースクール「ジョアニークラブ」を開設し、大きな反響を呼んだ。

「これは『働くお母さんを応援します』という学校側からのメッセージだと思います」(久野さん)

 2018年の編集部調査では、回答のあった私立小学校184校のうち7割以上もの学校が、アフタースクールを導入していることがわかった。増え続ける私立小学校のアフタースクールのなかには、「放課後の預かり」という従来の役割を超えるものもでてきている。

「新渡戸文化小は、入学後に全員がアフタースクールを利用することが前提。スポーツやアートなど20以上のプログラムがあります。鎌倉女子大初等部では、幼児教室『理英会』との協同プログラムが評判です。さとえ学園小は、そろばんや速読のほか、系列である進学校・栄東中学内進に向けた補強授業などを教員が担っています」(野倉さん)

 いずれも保護者の満足度は高いという。

■合否のカギを握るのは父親?

 母親がリードすることも多い小学校受験だが、家族の足並みがそろわないと合格は難しい。

「昔は、社会的なことについては父親、子育てについては母親というように面接の質問が分けられていましたが、今は父親が『お子さんの幼稚園ではどんな遊びが人気ですか』などの質問を受けることも。父親の役割は重要です」(久野さん)

 夫婦間で受験に対する温度差がある場合、どうすればいいか。熱心な母親に対し、父親が引き気味……といったケースでは、「まずは志望校の行事や説明会に夫婦で参加し、子どもにどんな教育を受けてほしいか、イメージを共有しましょう」と二宮さん。野倉さんによると「情報量の少ない父親向けのお受験セミナーもあるので参加するのもよいでしょう」

■水泳、体操、絵画…有利な習い事がある?

 受験対策の塾に通いつつ、複数の習い事を掛け持ちする家庭も。「受験に有利」な習い事はあるのか。

「体を動かすことは、幼児期の発達において重要。入試の課題となる場合もあり、体操教室に通われる方は多い」と久野さん。一方で、「習い事は『受験に有利だから』という発想ではなく、子どもが楽しんで打ち込めるものを選んでほしい」と話す。

「目標を持って取り組め、頑張るほど成果が目に見えるような習い事がおすすめです」(久野さん)

「幼児教室以外、習い事はピアノのみでした」と言うのは二宮さん。「詰め込みすぎのスケジュールは負担が大きく、親子で向き合う時間も少なくなるので、ゆったりと受験対策に集中できる時間を持つようにしました」と語る。

■第一印象は願書で決まる?

 コロナ禍で重要度が高まりそうなのが「願書」だ。これまでの経験を生かし、幼児教室で願書の添削を手がけている二宮さんによると、「このご家庭は絶対に合格すると確信できるような願書は、50件以上チェックしても1件あるかないか」。学校側の目に留まるようなキラリと光る願書を書くにはどうすればいいのだろうか。

「受かる願書の書き方」といったマニュアル本も多数あるが、久野さんは「対策本を読んでどうしようか悩むくらいなら、最初から読まないほうがいい」とアドバイス。

「美辞麗句を連ねて整った文章を書くより、拙くても実感のこもった自分の言葉で書くほうが重要です。そのご家庭で実際に体験したことや家庭で大事にしていることを、できるだけ具体的に書く。それが志望校の教育方針とどうマッチしているか、明確に打ち出すことが肝心です」(久野さん)

 野倉さんも「願書はオリジナリティーが大事」と同意する。

「直前になって慌てないよう、夏ごろから志望理由などの下書きを始めるといいでしょう」

「志望校にもよりますが、家庭での教育を伝える際は、『親がどうサポートをしているか』が重要です」と言うのは二宮さん。

「たとえば『何か疑問に感じたことを解決するまで追求する』という教育方針だとしましょう。太陽光でたまたま家の中に虹ができたのを見て、子どもがなぜだろう? と不思議に思ったなら、光の屈折について一緒に図書館で調べてみる、どういう条件ならできるのか繰り返し実験してみる……普段の教育がよく伝わりますよね」

 誰もが書くような習い事での努力や成長をアピールするよりも、「親が子どもにどのように向き合っているのか、その家庭ならではの個性が感じられるエピソード」が盛り込まれた願書が目を引くという。

■紺は〇 黒は×? 面接服にルールはある?

 面接日などに着用する「お受験スーツ」。母親は紺色、父親は紺かグレーが定番だというが、やはり黒を着るのはやめたほうがいい? 

「普段のお稽古や説明会では黒でも問題ありませんが、試験や面接では暗い印象を与えるので、避けたほうが無難。子どもの受験服は、本人の顔に映えるカラーを選んでいいと思います」と二宮さん。

 自身が受験に臨んだときは、説明会用と本番用の2着を用意。本番用は受験服を多く扱うブランドで選んだ。

「脱ぎ着できるようにジャケット付きのワンピースにしました。着席時に膝が隠れるよう、心持ち長めのスカート丈がおすすめです」

 清潔感があり、きちんと見えさえすれば、志望校ごとに洋服を替える必要はなさそうだ。

■不合格の時こそ、親の真価が問われる?

 第一志望だけでなく、受験した学校がすべて不合格ということも。「不合格でも気持ちを切り替え、次にどのような目標を持つかが大事」と久野さん。公立小に進み、中学受験で「御三家に入りました!」とかつての教え子から手紙が届くことも多いそうだ。

 子どもには合否をどう伝えるべきか。

「夫婦で出した結論だけを伝えられるとよいですね。また、『公立の先生と私立の先生が、○○君の取り合いっこをしているの。先生たちがくじを引いて、当たったほうの学校から招待状が届くよ』とお子さんに伝えたご家庭も。合格発表の日に、お母様が手作りの招待状を渡したそうです」と話すのは二宮さん。

 いずれにしても、合否に一喜一憂する姿を子どもに見せないよう、親としては心がけたい。

久野泰可(くの・やすよし)
幼児教室「こぐま会」代表。幼児期に大切な「思考力」を育てるため実践教育を追求し、独自カリキュラム「KUNO メソッド」 を確立。著書に『「考える力」を伸ばす AI時代に活きる幼児教育』(集英社新書)ほか多数。

野倉 学(のくら・まなぶ)
バレクセル代表。リクルートを退社後、独立。専門サイト「お受験じょうほう」(https://www.ojuken.jp/)で小学校受験の実態や最新情報を発信。データを基に受験家庭や、私立小学校へアドバイスも行う。

二宮未央(にのみや・みお)
コラムニスト。小中・専門学校保育科と、聖心女子学院の一貫教育を受ける。卒業後は幼稚園教諭を経て結婚。著書『小学校受験バイブル 賢い子育てをするために』(宮田紀子監修、あさ出版)に、自身の子どもの小学校受験の体験をまとめた。

(文/澤田聡子)

※『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』より