新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートワークやオンライン飲み会などが定着し、外出や飲み会の機会が激減したという人は多いだろう。出会いも少なくなり、対面で人と会うことが減ったりしたことで、婚活も様変わりしているという。コロナ禍のこの状況は、婚活をする人にとって障壁になるのか、それとも後押しになるのか。大手結婚相談所「NOZZE.」の代表取締役社長・須野田珠美さんに、婚活の最新状況について話を聞いた。



*  *  *
 会食での感染リスクが指摘されるようになり、合コンや婚活パーティーなど、これまでのような男女の出会いの場は激減してしまった。婚活中の人にとっては逆風のように思えるが、結婚相談所「NOZZE.」への女性からの問い合わせは、コロナ前と比較して2割ほど増えているという。

「特に、真剣に結婚を望んでいる人からの問い合わせが増えています。マッチングアプリや婚活パーティーなどでたくさんの人と広く浅く知り合っていたという女性が、コロナをきっかけに現実的に結婚を考えるようになり、『1カ月以内にお見合いを組んでもらえませんか?』と切実に訴えてきた例もありました」(須野田さん)

 須野田さんによると、コロナの感染拡大で、婚活している人は二極化しているという。

「一つは、『感染が心配だし、こんな世の中だから、今は婚活を控えておこう』という“休戦派”。もう一つは、『この状況は長引くだろうから、早めにいい人と結婚して一緒に生きていきたい』という“短期決戦派”です。それまでは、合コンやマッチングアプリなどである意味「ゆるく」婚活していた人たちも、外出自粛で自分と向き合う時間が増えた結果、自分の婚活に対する考え方が明確になってきたのだと思います」

 “短期決戦派”には、「一人でいるのは寂しくて心細い」という心理的な理由だけでなく、現実的な「コスパ」を考えて結婚したいという人も増えているという。

「コロナの影響で、収入減になる人が増えるのは確実です。収入が減少傾向にあるときは、1人分の収入だけで単身で暮らすよりも、2人分の収入で一緒に暮らしたほうが、コスパがいいと考える人が多いんです。特に、男性はそうした経済面を重視する人が増えています」(須野田さん)

 入会から結婚に至るまでの期間はコロナ前より短い傾向にあるといい、1〜6月の成婚数は前年比で10%増だったという。こうした社会不安の中で結婚を求める人が増えるということは、過去にもあった。

「東日本大震災の後にも、入会者や成婚率は大幅に伸びました。『絆婚』なんて言葉も生まれましたね。有事には、普段は意識していなかった自分の価値観が、あぶりだされていきます。例えば今なら、手洗いやマスク一つとっても、人によって考え方が全然違いますよね。そんなとき、自分と価値観が近く、ストレスなく一緒にいられるパートナーと支え合って生きていきたいという気持ちが芽生え、結婚を意識する人が増えるのではないでしょうか」

 そうはいっても、コロナ禍でこれまでのような婚活ができない中で、どのように出会えばいいのだろうか。須野田さんの相談所では、会員それぞれのコロナに対する考え方に合わせて、対面とオンライン両方の婚活サービスを提供しているという。

「感染対策をしながら対面で人と会いたいという人に対しては、マスクや消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底したうえで、通常のお見合いのほか、男女合わせて10人程度の少人数のパーティーを開催しています。一方、人と直接会うのは抵抗があるという男女に対しては、オンラインでのお見合いや婚活パーティーを行っています」

 オンラインでのお見合いも、実際のお見合いと流れは基本的に同じだ。ウェブ会議アプリを使って、男女各1人とそれぞれのアドバイザー計4人でまずあいさつなどを行い、その後アドバイザーは抜けて2人でトーク。終了間際に再度アドバイザーが参加してお見合いを終えたら、それぞれのアドバイザーが個別に相手への印象などをヒアリングするという。

 コロナ前は100人近くが参加する婚活パーティーも行っていたが、今年はウェブ会議アプリを使ってオンラインで実施。男女計6〜10人程度で、最初に参加者全員で説明を聞いた後は、男女1人ずつウェブ上の小ブースに分かれて10分間トークし、次々に組み合わせを替えていく。最後に気に入った人をスタッフに知らせて、カップリングが成立したら、連絡先の交換を行うという。

 婚活パーティー等、同社のオンラインイベントでは、毎回数組がカップル成立するというが、結婚相手となる人をオンラインで見極めることは、難しくないのだろうか。

「オンライン婚活のいいところは、相手の見た目の印象やその場の雰囲気に流されることなく、会話に集中できるということです。私はオンラインの場合は、相手に対して聞きたいことをメモしておいて、そのメモを見ながら会話することを勧めています。対面のお見合いでメモを持ちながら話すわけにはいきませんが、ビデオ通話なら手元が見えないですからね。また、聞いたことを忘れないように書き留めておくこともできます。ただの印象だけではなく、会話の内容から相手の人格や価値観などを見極められます。これは婚活にとってとても重要なことですから、私はコロナが収束後も、オンラインでのお見合いは続けていきたいと思っています」(須野田さん)

 また、このコロナ禍で婚活をする人たちに、ぜひ取り組んでほしいことがあると須野田さんは話す。

「なかなか思うように人と会えない時期だからこそ、充電期間と捉えて、自分の感性を磨く機会にしてほしいですね。女性におすすめなのは、恋愛ものの映画やドラマを見ることです。登場人物に感情移入して気持ちを練っていくことで、『恋をしたい』という気持ちを高めていってほしいと思います」

 一方、婚活中の男性には、自分を動画に撮って見返す時間を作ってほしいという。

「自己紹介程度でいいので、毎日数分間、自分のしゃべっているところを録画してみてください。それを見ると、思っていたのと全く異なる自分の姿が映っているはずです。下ばかり向いていたり、声が小さくて聞き取りにくかったり。気になったところを直すように毎日気をつけて録画を続けていると、相手からどう見られているかを客観的に意識できるようになります。そうすればオンラインの画面越しにも、好印象を持たれるようになりますよ」

 須野田さんは、「婚活では見た目の印象も大切」としながらも、「コロナ禍のオンライン婚活では、見た目以上に、会話の内容や人間性が問われる」という。

「相手に自分をわかってもらうには、まずは自分で自分を理解することが大切です。コロナで人と会えないと気落ちするのではなく、自分と向き合い、『自分はどんな人間で、どんな人をパートナーとして求めているのか』ということを考える期間にしてはどうでしょうか。そうなれば、コロナ禍は婚活にとって追い風にもなりうると思いますよ」

須野田 珠美(すのだ・たまみ)
NOZZE.(株式会社結婚情報センター)代表取締役社長、一般社団法人結婚社会学アカデミー理事長。
東京都生まれ。幼稚園教諭を経て、亡き夫と共に進学塾、早稲田アカデミー(東証1部上場)を創設。引退後、専業主婦を経て、創業間もない結婚相談所・NOZZE.に入社。2013年12月に代表取締役社長に就任。のべ1万2000人以上に婚活や恋愛、結婚生活のアドバイスをおこなっている。著書に 『45歳からのプラチナ女子宣言!! 恋も仕事も最高に輝く46の習慣』『おふたりさま はじめました。』(幻冬舎)。

NOZZE.
http://www.nozze.com

(文/白井裕子)