レジェンド羽生善治九段が帰ってきた。最強の姿を取り戻し、新時代の旗手を粉砕してみせた。 ベテランが避けがちな最新型での真っ向勝負。英雄譚はまだまだ未完だ。「将棋」を特集したAERA 2020年10月5日号から。



*  *  *
 英雄が、満を持して帰ってきた──。そう感じさせるような、圧巻の勝利だった。

 9月22日。49歳の羽生善治は新時代のスーパーヒーロー、18歳の藤井聡太と対戦した。藤井の肩書は王位・棋聖をあわせ持つ二冠。一方、無冠の羽生は「九段」である。

 どんな世界でも、時代の超一流は若手・新人の高い壁となるだろう。しかし将棋界では規格外の新人がいきなりトップ棋士を圧倒することがある。現在の藤井がそうであり、30年以上前の羽生もまたそうだった。

 羽生がデビュー以来ほどなくトップを相手に勝ち始めたように、藤井もまた同じ道をたどっている。羽生と藤井の過去4回の対戦は、藤井の4戦全勝。今回5戦目の時点では両者の席次はついに入れ替わり、はじめて藤井が上座に着いた。

■最新の横歩取りを採用

 勝率的にわずかに不利な後手番を持った羽生は、現代最新の横歩取りの作戦を採用した。いつの時代も若手は最新型を研究し尽くしている。対してベテランはそうした競争にはついていかず、真っ向勝負を避けることも多い。そうした中で羽生は、若い時と変わらず、常に最前線の土俵で戦い続けている。

 藤井は序盤早々、強気に飛車を切り捨てる。難解な中盤戦。羽生は藤井の読みを超えて優位に立った。そして最終盤。現代の最強将棋ソフトが250億手以上読んで最善と判断する指し手を羽生は選んで踏み込んだ。最後は藤井が気づかなかった詰みを読み切って押し切る。絢爛華麗にして正確無比な羽生の棋風がそのまま盤上に表れたかのような一局だった。

「平成」が始まった1989年。当時19歳になったばかりの羽生は、初タイトルの竜王位を獲得した。10代での戴冠は当時の最年少記録。以来、羽生は将棋界初の七冠同時制覇をはじめ、あらゆる栄冠を勝ち得てきた。

 平成の30年間、羽生は常に超一流であり続けた。とはいえ、将棋界の層は厚く、ライバルたちもみな強かった。長いキャリアの途中では、何度か浮き沈みも経験した。

 04年には同年齢の森内俊之などに圧倒され、王座一冠にまで追い込まれた。08年、初代永世竜王を争う七番勝負で、一回り以上後進の渡辺明を相手に将棋史上初となる3連勝4連敗を喫するという挫折も味わった。

「天才羽生もついに衰えたか」

 そんな声が聞かれたのは、一度や二度ではない。常人離れした羽生の実績を基準とすれば、羽生は少し負けただけで「衰えた」と言われた。

 何度かの逆境を迎えながらも、羽生はそのたびに華麗な復活を遂げてきた。そんな羽生だからこそ、18年、竜王位を失って27年ぶりに無冠になったときも、復活は時間の問題と思われていた。しかし今回は思った以上に、その道は険しかったのかもしれない。ほとんどの棋士は20代から30代にかけて、キャリアのピークを迎える。9月27日の誕生日で50歳となった羽生も人の子。体力など、年齢的な衰えとは決して無縁ではないだろう。

 羽生がタイトル戦から遠ざかる間には超新星・藤井聡太の台頭があった。羽生と藤井は今年2020年、王位戦リーグで対戦した。結果は堂々たる内容で藤井の勝ち。この星は大きな意味を持ち、終わってみればリーグ成績は藤井5勝0敗、羽生4勝1敗。藤井は王位獲得まで一気に駆け上がっていった。

■「好調」ではなく「順調」

 羽生が弱くなったとは思えない。現に多くの棋戦でコンスタントに勝利をあげ続けている。一流棋士の証明でもある順位戦A級の地位も維持している。しかしタイトルや棋戦優勝からは遠ざかった。そして藤井ら新世代が台頭してくる。もしかしたら今度こそ、復活は厳しいのか。次第にそうも思われ始めていた。そうした中の「復活劇」だ。

 元名人の升田幸三は勝っている時に「好調」と言われると、聞きとがめて訂正した。いわく、好調ではなく順調であると。豪放磊落な升田はそんなことを言い続けて、ファンから喝采を浴びた。謙虚な羽生はそんなことは決して口にしない。それでも羽生が現在勝っているのは、もしかしたら「順調」に戻っただけなのかもしれない。(将棋ライター・松本博文)

※AERA 2020年10月5日号より抜粋