大学に進学せず棋士に専念することが多いなか、大阪大学文学部哲学科から同大学院博士前期課程修了の棋士がいる。糸谷哲郎八段だ。棋士と学問の両立で感じたこととは――。AERA 2020年10月5日号で掲載された記事を紹介する。



*  *  *
 進学しないことを明言している藤井聡太二冠(王位、棋聖)も含めて、羽生善治九段(50)や谷川浩司九段(58)ら棋界の時代を彩った寵児たちは、大学に進まず棋士に専念した例が多い。

 しかし近年では大学進学をする棋士も増え、タイトルを獲得するトップ棋士もいる。

■自分からできる努力

 なかでも竜王位を獲得したこともある糸谷哲郎八段(31)は、大阪大学文学部哲学科から同大学院博士前期課程修了という、究極の二刀流。将棋と学問をいかに両立させてきたかについて、糸谷八段の話をじっくり聞いているうちに、互いに共通する思考回路や方法論が浮かび上がってきた。

 まず、将棋と学問における「資質」について、糸谷八段はこう考えている。

「ともに求められる資質はモチベーションですが、将棋の場合は特に闘争心が大事。学問はどんなことであれ、強く興味を持つことが必要でしょう。将棋で勝ちたいと必死に努力するのは、勝つと楽しいからです。将棋にしても学問にしても、やらされている状態では伸びない。自分からできる努力が大切で、実際に楽しんでやっている子はどちらも伸びますよね」

 四段昇段でプロになったのは高校3年生の春。大学受験とぶつかる時期だ。進学かプロ専念かで迷うこともあったのかと問うと「プロになれたので、受験に集中できると思った」と振り返る。結果、大阪大に進んだ。

 糸谷八段は以前、自身の将棋観について、こう話していたことがある。

「思考をショートカットすることで、将棋は強くなる」

 読める手が50手あるとしたら、その全てで枝まで読んでいくのは不可能。将棋は一対局で選択肢が40〜50手あるうち、将棋指しが実際に読むのは所詮3〜5手ぐらいしかない。その他をちゃんと読んでいないというより「切る能力があるんです」と語る。

 羽生九段もまた、かつてこう語っていた。

「将棋は最初のうちは指す手の可能性が多くありますが、局面が煮詰まってくると、マイナスの選択肢、パスしたほうがよい局面が増えてきます」(クバプロ刊『将棋と脳科学』から)

 常に相手の先を読むように思える将棋の考え方は、悪手を「切る」ことが重要となる。勝つだけでなく負けも重ねることで、マイナスの選択肢に気づくようになる──。「最善」を目指すための学びは、ここにある。(編集部・大平誠)

※AERA 2020年10月5日号より抜粋