おうち時間の急増で注目を集めるオンライン英会話。自宅で気軽に英会話に取り組める一方、「レッスンが単調になりがち」「力がついている実感がない」という悩みを抱える人も。現在発売中の『AERA English2020 Autumn & Winter』では、オンライン英会話のお悩みに、プロが回答。あいさつやオンライン英会話以外の勉強など、英語力をアップさせるための工夫や、25分のレッスンの効率的な受け方を聞いた。

*  *  *
【Q1】最初のあいさつの時間を有効に使いたい!

 会ってまず発する英語の鉄板あいさつといえば「How are you?」。オンライン英会話でもこの言葉からレッスンはスタートする。ただこれが毎回繰り返されると、もっと何か変化をつけたい、新しい表現を学びたいと思うもの。

「How are you?は、Hello. と同じようなニュアンスなので、Good. くらいのひとことで返すネイティブが多いです。でもレッスンではていねいに返してもいい。自身の状態を形容詞で答え、その後に理由をつけましょう」(レアジョブ英会話の深井朋子さん)

 たとえばI’m so tired because I had a meetingthis morning. と言ってみる。講師はそれに対して「何を話したの?」「何人参加したの?」など聞き返してくるはず。情報を伝えるほど、つっこみポイントが生まれ、会話が広がる。

 初めての先生の場合、あいさつの後は自己紹介になるが、オンライン英会話に関する書籍や記事を多数執筆する嬉野克也さんは、その内容を絞っていたという。

「最初は住んでいる場所や趣味、家族のことなど全部話していたのですが、英語学習の目的と合わないので、自己紹介は仕事の話を中心にするようになりました。そうすると先生も仕事のことを聞いてくれます。また、なぜ英語を話したいか、今のレベルと目標のレベルについても自己紹介のときに話しておくと、先生はそれを意識したレッスンをしてくれると思います」

【Q2】25分を効率的に使うには?

 英語学習・海外留学のWEBサイトを運営する柴崎亮さんが特に心がけているのが、「自分一人でできることをレッスン中にしない」ことだ。柴崎さんがいつも利用している、時事ニュースを取り上げる教材「デイリーニュース」の場合、セオリー通りだと記事の音読や単語の解説の時間がレッスンに組み込まれている。

 柴崎さんは、それは予習で行うことにして、できるだけディスカッションに多くの時間を割くようにしている。レッスンがはじまると断りづらいので、予約するときに授業の内容をリクエストしておくのがポイントだ。また、ディスカッションはテーマを見て、何を話すか事前に考え、日本語でもいいから簡単にメモなどをしておく。

「レッスン中に考える時間がもったいないですからね。25分でより英語力を上げるには、やはり何より予習が大事。その上で自分に必要なことだけをレッスンでやってもらえるようカスタマイズしましょう」

 深井さんは注意点として「教材のレベルを間違えないこと」を挙げる。

「自身の課題と難易度に合ったものを選んでください。自分が英語を話したいシーンに合った表現や話し方が学べる教材であること。また、レベルが簡単すぎると伸びないし、難しすぎると挫折のもとになります」

【Q3】オンライン英会話を活用するために、他にはどんな勉強をすればいい?

 この質問にはオンライン英会話ユーザーの2人に答えてもらおう。まず柴崎さんは、「4 技能(話す、書く、聞く、読む)はつながっているので、全部のスキルを伸ばす学習を普段からやったほうがいい」と言う。

 最も大事なのはリスニング。スクリプトのある教材を使い、聞き取れない部分を確認しながら、何度も聞く。初心者にオススメは米国営放送VOAが開設した英語学習サイト「VOA LearningEnglish」や、英BBCの英語学習サイト「BBC Learning English」だ。

「どちらも質が高く無料なのが素晴らしい」(柴崎さん)

 洋書を読むことも効果がある。「英文を前から理解するクセがつくので、リスニング力向上にもつながります」

 嬉野さんも「インプットは大事」と言う。特に効果があったのはTOEIC 対策を同時に行い、試験も受けていたことだ。

「スコアが出るので目標を立てやすいし、ビジネス英語のテストなので語彙力もつく。パート3や4を音読すると会話の練習になります」

 また、会話力に直結する教材としては、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』(ベレ出版)と『英語のスピーキングが驚くほど上達するNOBU式トレーニング』(IBCパブリッシング)の2冊が最適とのこと。

「『瞬間英作文』は英文の構造を頭にたたき込む練習に、『NOBU式』はより実際に使うための発話の練習にいいと思います」

【Q4】講師とのフリートークに挑戦したいけど何を話せばいい?

 やっぱり世界共通の時事ネタなどがいいのだろうか?「そんなことはありません。レッスンなので自分の好きな話をすればいいんですよ」と深井さん。相手がその話題に興味がないときは、相手へ伝える努力をしてみよう。きっとそこで表現力がグッと上がるはずだ。

「教材だけを使っていると、ただレッスンをこなすのが上手になるだけの場合もありますので、定期的にフリートークを入れるといいですね」(深井さん)

 嬉野さんも経験上、自分の好きなことを話したほうが盛り上がるという。

「むしろ先生が知らないことのほうが伝え甲斐があります。私はX JAPANの大ファンなので、その魅力を語ることもありました。日本のこともいいですよ。お好み焼きの作り方は好評でした」

 相手の知らないことを説明するときは、動画や画像検索も使うという。それらを一緒に見ながら解説すると伝わりやすい。

「フリートークも英語学習の目的に合った話題にして、その表現を増やしていく時間とするのもオススメです。最初はある程度、話す内容を英文に書き起こして、読み上げるくらいでもいいと思います」(嬉野さん)

◆柴崎 亮(しばさき・りょう)さん
27歳のときに脱サラし、オンライン英会話を使いゼロから英語学習を開始。2017年8月から、アメリカ・ボストンの起業に特化したMBA(Babson college)に留学、19年5月に修了。“にゃんこ先生”というチームで、英語学習・海外留学のWEBサイト「There is no Magic!!」を運営しており、Twitterのフォロワーは1万人を超える。

◆嬉野克也(うれしの・かつや)さん
36歳からオンライン英会話をはじめ、英語を使う仕事ができるようになる。その経験から、会社員をしながら書籍や記事の執筆、自ら運営する塾「ウレシトーク」での指導をおこなう。著書に「36歳からオンライン英会話をはじめたら英語で仕事ができるようになりました」(KADOKAWA)、「新しいオンライン英会話の使い方」(アルク)など。

◆深井朋子(ふかい・あきこ)さん(レアジョブ英会話)
レアジョブプログラム開発部副部長。大手英会話教室で学習アドバイザーを経験。2015年レアジョブに入社、オンラインカウンセリングサービスや、短期集中型英会話プログラムの立ち上げなどに従事。TESOL修了。ESAC®Professional資格保持者。

(文/稲田砂知子)

※『AERA English2020 Autumn & Winter』より。誌面では、戦略的な自己紹介の作り方をポイントごとに解説しているほか、読者おすすめのオンライン英会話活用法も掲載している。