1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も「都電ナンバーワン」の視点で展望した路線編として、都電の最古と最新の路線、停留所間隔が最長と最短の区間の話題にスポットを当てた。



*  *  * 
 写真の撮影は1967年9月。その3年前となる1964年10月に開業した東海道新幹線と、この撮影の直後の1967年12月に廃止となった1系統の都電が一緒に写っている。この1枚の写真から、時代の移り変わりが見て取れる。

 東京に初めて路面電車が登場したのは1903年8月で、当初の運転区間は品川線(八ッ山〜薩摩原)と金杉線(薩摩原〜芝口)だった。この路線は1882年から新橋〜日本橋を皮切りに路線を延伸した東京馬車鉄道を電化して、「東京電車鉄道」に改称したものだった。

 前述の東京馬車鉄道は1904年に全線が電化され、後の1系統のルーツとなる八ッ山(品川)〜薩摩原(三田)〜芝口(新橋)〜本町〜浅草橋〜雷門〜上野〜本町の運転系統が確立した。東京電車鉄道は1906年に東京鉄道会社に併合。五年後の1911年に東京市に買収され東京市営になった。1943年から東京都営になり、以降「都電」の愛称で親しまれている。

■新橋駅の旧称は「烏森駅」

 冒頭の写真は、京浜第一国道(国道15号線)に面したビルの屋上から、眼下の金杉線を走る1系統品川駅前行き都電と国鉄東海道新幹線を写した一コマ。金杉線の開業当時、国鉄新橋停車場は画面左側の汐留にあり、このあたりに新橋停車場前停留所が所在した。金杉線を跨ぐ国鉄高架線が建設されたのは1909年12月で、画面右端奥に山手線烏森駅(1914年新橋駅に改称)が設置され、当初から電車運転が実施された。

 次のカットは品川駅前で折り返しを待つ1系統三田行きのPCC車だ。祭日の撮影で、前面に交差した日章旗を掲揚している。

 都電の左側で乗車扱いをしているのは、大井競馬場前〜目黒駅前を結ぶ3系統(後年「品93系統」に改番)の都バスで、矢印の方向指示器が懐かしい。品川駅前は、開業時には品川停車場前と呼称されていた。写真の折り返し線は品川駅前停留所から178m延伸された地点だった。ここから500m西進した場所に、開業時の起点である八ッ山停留所が所在した。

■最新の路線は僅か86m

 いっぽう、都電の最新路線は、1958年5月29日に延伸開業した猿江線の錦糸堀〜錦糸町駅前で、その距離は僅か86mだった。国鉄総武線錦糸町駅や錦糸町駅前バスターミナルからの乗り換え客にとって、一刻を争う朝の通勤通学時間帯には僅少の延伸でも値千金だった。
 
 次のカットは先輩の花上嘉成氏から借用した作品。

 錦糸町駅前交差点の歩道橋から撮影した、錦糸町駅前停留所で発車を待つ28系統東京駅丸の内北口行きと36系統築地行きの都電。この日は残暑がきつかったのか、都電の前面窓は開放され、背景の高架線を走る国鉄総武線上り電車の窓もいっぱいに開かれていた。高架橋の奥に少しだけ顔を覗かしているのが、石原線の錦糸町駅前停留所の安全地帯で、ここからは16系統大塚駅前行きの都電が発着していた。

■停留所間隔が一番長かった区間

 隣接する停留所との距離が一番長かった区間が、溜池線(虎ノ門〜四谷見附)の赤坂見附〜若葉町で、その距離は1054mだった。この連載で「都電名物のトンネルがあった喰違見附を走る都電」として2019年3月30日に既報している地点だ。開通当初は赤坂見附と学習院前(四谷仲町→四谷一丁目を経て戦後若葉一丁目に改称)の間に紀伊国坂停留所(後年紀ノ国坂下に改称)があった。1944年に紀ノ国坂下停留所が廃止されて、隣接停留所との距離が1000mを超す最長区間になった。

 写真は、首都高速道路4号新宿線建設工事の進捗により、紀伊国坂の旧歩道上に移設された単線軌道区間を走る3系統品川駅前行きの都電だ。画面中央の背景に東京タワー、その左側に旧線跡と煉瓦巻きのトンネルポータルが遠望できる。余談であるが、赤坂見附に下る「紀伊国坂」は、画面右側に紀州徳川家の中屋敷があったので坂の名称となった。紀州家中屋敷は明治期に宮内省の用地となり、現在は1909年に片山東熊の設計で竣工した「迎賓館赤坂離宮」の美しい洋風宮殿が所在する。

■停留所間隔が一番短かった区間

 前出の猿江町線錦糸町駅前〜錦糸堀86mが最短の停留所区間かと思ったが、上には上があるもので、80mの停留所区間が所在した。それが御茶ノ水線の万世橋〜秋葉原駅西口だった。御茶ノ水線を走る13系統(新宿駅前〜水天宮前)は、1958年の水天宮前運転延伸まで万世橋が終点だった。万世橋交差点西側の停留所で終着の降車扱いをすると、回送で万世橋交差点を渡り、交差点東側にある折り返し線まで移動した。ここで転向して、再び新宿駅前方面に戻っていた。

 上の写真は電気街として知られる秋葉原駅西口に到着し、降車扱い中の13系統秋葉原駅西口行きの都電。1958年の秋葉原駅東口延伸までは、13系統の新宿駅前方面の折り返し線として機能していた。

 画面後方の二階建て石造りの建物が警視庁万世橋警察署で、その背後には駿河台のニコライ堂円形ドームが顔を覗かせている。高層建築が林立する前の一コマだ。

■撮影:1967年9月12日

◯諸河 久(もろかわ・ひさし)
1947年生まれ。東京都出身。写真家。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。著書に「都電の消えた街」(大正出版)、「モノクロームの私鉄原風景」(交通新聞社)など。2019年11月に「モノクロームの軽便鉄道」をイカロス出版から上梓した。

※AERAオンライン限定記事