国立歴史民俗博物館で開催中の「性差(ジェンダー)の日本史」展が話題だ。「売春は女性最古の職業」は本当なのか。AERA 2020年11月30日号では、「性の売買と社会」を軸に同展覧会を紹介する。



*  *  *
 時の流れに浮かんでは消える無数の事実を指す「歴」と、それを文字で記した「史」。日本列島の長い歴史の中で、「歴」として存在しながら「史」に記録されることが少なかった女性たちの姿を掘り起こす展覧会「性差(ジェンダー)の日本史」展が千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館で開催中(12月6日まで)だ。

 男女の区分とその変容を考える、日本で初めての歴史展示だ。古代から現代に至る歴史について、「政治空間における男女」「仕事とくらしのなかのジェンダー」「性の売買と社会」の三つのテーマを軸に、7章で読み解いていく。280点以上の資料と詳細な解説には、重要文化財や初展示の史料も含まれている。

■自立していた遊女たち

 多面的な展示の中から「6章 性の売買と社会」に絞って紹介すべく、展示代表の国立歴史民俗博物館研究部・横山百合子教授に話を聞いた。

「近年の研究によると、古代社会では男女の結びつきが緩やかで、職業としての売春が生まれたのは9世紀後半ごろだとわかってきました。『売春は最古の職業』ではないわけです。彼女たちの前身は遊行女婦(ゆうこうじょふ)などと呼ばれる専門歌人で、地方の役所などで催される宴会で和歌を詠み、時に男性貴族と性的な交渉を持っていました。一夫一婦制が強化される中で、婚姻と区別される売買春の概念が生まれると、彼女たちは『遊女』と呼ばれるようになったのです」

 中世の遊女たちは芸能者として自立し、売春に限らず、宿泊業者の側面を持つなどいろいろな生業を複合的に営んでいた。個人経営者として「遊女の家」を女系で継承しつつ、遊女の集団を形成していった。

「中世の遊女たちは社会の一員として、差別を受けることなく、様々な階層の人びとと関係を結びながら生活していました。例えば鎌倉時代中期、駿河国の傀儡子(くぐつ・遊女の一種)たちが生活を守るために、地域の人びととともに荘園の預所(あずかりどころ・荘官)の非法行為を幕府に訴え、全面勝訴した事例はよく知られています」

 こうした自立的な遊女のありかたは、15世紀後半から16世紀にかけて変化する。「遊女の家」の経営権を次第に失い、遊女の身体を男性たちが売買する動きが強まっていったのだ。

「戦国時代を経て、統一政権が誕生し、城下町ができる中で男性が経営する遊女屋が遊女たちを抱えて売春させる『遊廓』が生まれました。遊女は自営業者ではなくなり、多くが人身売買で連れてこられ、経営者に奴隷的な従属を強いられたのです」

■遊女屋は投資の対象

 京都では1589年、江戸では1617年に遊女町を置くことが公に認められる。江戸では明暦の大火以後、新吉原に遊廓が移転。大阪、長崎にも遊廓設置が認められ、宿場や湊町などに私娼の飯盛女(めしもりおんな)を置く売春営業も黙認された。こうして江戸時代には各地に売買春の場が生まれ、「売春社会」というべき状況が現れた。

 遊女屋経営には資金が必要だ。遊女を調達するための身代金、遊廓でのイベント料、多発する火事への備えも欠かせない。資金調達のために庶民向け金融の一つ「寺社名目金貸付(じしゃみょうもくきんかしつけ)」などが利用されていた。

 新吉原の遊女屋たちが利用していたものに京都・浄土真宗本山佛光寺による名目金貸付がある。この貸付に、幕末になると北信濃の豪農たちが積極的に「差加(さしくわえ)金」として出資したことを示す史料が残っている。担保は遊女たちの身体で、保証人は同じ遊女屋に限られていた。

 遊廓を公認するという幕府の政策が、近世社会を構成する寺社や豪農たちによる広域金融ネットワークを作り出した。そして遊女の性を収奪した利益に有力寺院、公家、豪農までが群がる構造を生み出すに至った。

■遊女たちの抵抗

「1800年以降、幕府が倒れるまでに新吉原では23回もの火事が起こり、そのうち13回は遊女による放火でした。11回は遊廓が全焼しています。偶発的なものばかりではなく、1849年には梅本屋佐吉の抱える遊女16人が合議を重ねたうえで集団で放火し、その足で名主(なぬし)のもとに自首し、抱え主の非道を訴える事件も起きています」

 遊女たちがなぜ放火したのか、という経緯について、彼女たち自身が書いた日記が裁判調書として残っている。「書く」ことで今に伝わる遊女たちの思いを、ぜひ展示で見てほしい。

「1872年に維新政府は芸娼妓(げいしょうぎ)解放令を出し、新吉原のような性売買の独占といった特権を持つ町は解体されます。19世紀半ばに起こった世界的な人権擁護の高まりもあり、近代国家として人身売買と売春の強要を容認するわけにはいかなかったのでしょう」

 とはいえ、芸娼妓解放令の後も政府は「公娼制度」を維持する道を選ぶ。警察が管理していた記録によると、1910、20年代は都市部を中心に「大衆買春社会」とでも呼ぶべき状況が到来。30年代に入ると農村男性にも遊廓で女性を買う習慣が広がった。

「江戸時代の遊女たちは同情される存在でしたが、近代公娼制度では家の都合で身売りを強要された女性たちでも、娼妓たちは『自由意思で売春をする淫乱な女』と見られるようになりました。こうした見方は、現在にも続いていると思います」

 政治空間がどのように女性を排除していったのか──といった展示もある本展。最後に元厚生労働省事務次官の村木厚子さんが寄せた言葉を紹介しておこう。

「最近、『<悪い>と<良い>は両立する』という言葉が気に入っています。日本はジェンダーについては世界の劣等生ですが、ここ何十年かを振り返ると制度はどんどん良くなっています。今回の展覧会のように歴史を勉強すると、絶対的なものはなく、時代や制度を作ることによって物事が変わっていくのがよくわかる。公的な制度は現場の後押しをする形で生まれることが多いので、気づいた人からアクションを始めることが大切だと思います」

(ライター・矢内裕子)

※AERA 2020年11月30日号