足の付け根の痛みや動かしづらさは、とくに中高年以降の女性に好発する。その多くは変形性股関節症で、放置すれば股関節の変形が進み、強い痛みや歩行障害が起こりうる。股関節の状態を確認し、負担を減らすことが大切だ。


*  *  *
「股関節」は、左右の足の付け根にあり、体重を支える重要な関節だ。骨盤側の「寛骨臼」と呼ばれるくぼみに、大腿骨の丸い骨頭がはまる球関節で、動かせる自由度が高く、クルクルと動く。この可動域の大きさも股関節の大きな特徴である。

 股関節の周囲に痛みが起こる原因は、一つではない。大腿骨骨折や関節リウマチ、その他の股関節の病気などがあげられるが、最も多いのは「変形性股関節症」だ。

 股関節には歩行時に体重の約3倍、ジャンプすると約10倍の負荷がかかるという。東京医科大学病院副院長、整形外科主任教授の山本謙吾医師は、次のように説明する。

「股関節の表面は、クッションの役割をする軟骨組織で覆われています。その軟骨が加齢などによりすり減り、はがれて遊離すると、炎症や痛みを誘発します。さらに軟骨がなくなると、関節の隙間が狭くなり、露出した骨がぶつかり合って、関節のかみ合わせが悪くなります。これが変形性股関節症で、進行すれば強い痛みや、関節の動かしづらさが表れます」

■発育性の異常あり 日本人では約8割

 変形性股関節症には二つの種類がある。一つは、明らかな原因がなく、加齢や肥満などで股関節に負担がかかり発症する一次性。もう一つは、もとから股関節の形状に問題があるため、あるいは骨折やその他の病気が原因となって発症する二次性だ。日本では、後者がおよそ8割を占める。

 日本人には、発育性股関節形成不全と呼ばれる、小児期の発育障害の後遺症により、寛骨臼のくぼみの部分が狭く股関節が不安定な人がかなり多くいるという。

 埼玉医科大学病院整形外科・脊椎外科講師の渡會恵介医師は、こう話す。

「関節軟骨が正常なうちはほとんどが無症状なため、X線検査をしないと気づきません。激しいスポーツや、子育て中に子どもを抱いたり重量物を持ち上げたりして、不安定な股関節に過剰な負荷がかかると、徐々に関節軟骨がすり減ったり、寛骨臼のへりにある軟骨組織の関節唇が傷ついたりして、痛みが表れます」

 変形性股関節症の病期は、前股関節症期から、初期、進行期、末期へと段階的に進行する。典型的な症状として、腰を揺らして歩行する「跛行」、「痛み」、「可動域の減少」の三つがある。

「なかには、自覚症状がなく、周りの人に歩き方がおかしいと指摘されて初めて受診する人もいます。痛みはかなり個人差があります。ひどくなると動作時だけでなく、安静時にも痛みが起こるようになります。また、左右の足の長さに差が生じることもあります。末期に一度痛みがひどくなっても、関節の変形が進んで動きが悪くなると、かえって痛みが少なくなる場合もあるので、注意が必要です」(山本医師)

 痛みは、足の付け根だけでなく、太ももの前側やひざ、腰に表れることもあるという。日常生活で、足の爪が切りにくい、靴下がはけない、正座やあぐら、和式トイレが困難になるなど不便を感じた場合は、股関節の動きの低下のサインだ。ひどくなる前に整形外科を受診してきちんと診断してもらい、自身の関節の状態を知っておこう。基本となるX線検査のほか、必要に応じて軟骨の変性を調べるためのMRI検査などがおこなわれる。

 病状の進行を防ぐためには、いかに股関節にかかる負担を減らして、関節軟骨の損傷を防ぐかが鍵になる。変形性股関節症はロコモティブシンドローム(運動器症候群)の一つでもあり、高齢になってから寝たきりや要介護状態になることを防ぐうえでも重要だ。

■筋肉は股関節を支えるコルセット

「痛みがあると、日頃から動かなくなったり、ストレスで食べすぎたりして、体重が増えがちです。負荷を減らすために、まず減量を心がけましょう。杖などの補助具を使った歩行や、水中歩行などは、関節にかかる負荷を減らしながら運動ができるので有効です」(渡會医師)
 また、自分でのストレッチも、股関節の可動域を広げるのに効果的だ。

 股関節の周りには、中殿筋、大腿直筋、内転筋などの筋肉や腱が取り囲み、関節をしっかり安定させている。運動療法でこれらの筋肉を鍛えると、股関節の安定性が高まる。

「筋肉を強化することは、たとえればからだの中に股関節を支えるコルセットを作るようなものです。それにより股関節にかかる負荷が減るとともに、血流も改善でき、痛みなどの症状の緩和が期待できます。無理をしない程度の筋力トレーニングを積極的におこないましょう」(山本医師)

 痛みが強くつらい場合には、NSAIDsを始めとする鎮痛薬による薬物治療が併用される。

 これらの保存療法で効果がない場合には、手術が検討されることになる。

「関節唇の損傷や、関節軟骨のかけらなどが、痛みの原因となることもあります。その場合、小さな穴を数カ所開けて、関節鏡と手術器具を入れて傷んだ部分を取り除く、関節鏡手術をすることもあります」(渡會医師)

 しかし、症状が再発して、関節鏡手術では問題を解決できないことも多いという。股関節の変形が進めば、傷んだ関節を人工関節に取り換える「人工股関節置換術」が必要になる。50代までの若い人で、まだ関節軟骨の障害が軽い場合には、自分の骨を残したまま、骨を切って股関節の形を変えることにより症状を改善する「骨切り術」が勧められることもある。

 変形性股関節症は放っておくと進行してしまう。治療のタイミングを逃さないように、痛みや違和感を感じたら早めに整形外科を受診しよう。

 変形性股関節症の手術については、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』で、全国の病院に対して独自に調査をおこない、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。ランキングの一部は特設サイトで無料公開しているので参考にしてほしい。「手術数でわかるいい病院」
https://dot.asahi.com/goodhospital/
(文・坂井由美)

※週刊朝日  2020年12月4日号