新型コロナウイルス感染拡大の影響で仕事の収入が減り、家計が厳しくなっても、あきらめるのは早い。ウチにあるものを見回すだけでも“意外な埋蔵金”があるものだ。3月12日発売の『あなたのウチの埋蔵金 リスクとストレスなく副収入を得る』(朝日新書)の著者で、経済ジャーナリストの荻原博子さんら専門家に見つけ方を聞いた。



*  *  *
「テレワークが増え、残業代も出なくなって、手取りの収入は減りました。春には次男と長女がそれぞれ高校、中学に進学するので出費もかさみます。会社で副業は認められていませんが、こっそりアルバイトでもしないと……」

 東京都内に住む40代の男性はため息をつく。3人の子どもは手がかからなくなってきたとはいえ、家事を一手に担う妻がパートで長時間、家を空けるのは難しいという。来年は長男が大学受験を迎える。家計はさらに厳しくなりそうだ。

 荻原さんはこう話す。

「外出の機会も減って気分もめいりがち。でも、ウチの中でやれることは多い。前向きに構えると、見えてくるものもあります」

 荻原さんが検討する価値があるとして挙げるのは、今入っている保険だ。いったん入ったら、そのままにしている人が多い。年齢やライフスタイルの変化に合わせて見直すと、毎月払う保険料の節約にもつながる。減った分は、毎月の生活費の足しや老後の蓄えなどに回すこともできる。

 荻原さんによれば、貯蓄性の保険を「払い済み保険」にする手もある。払い済み保険とは、保険料を払わずに保険に入り続けられる仕組みだ。保険をやめたときにもらえる解約返戻金を保険料に充てることで、今より保障額は小さくなるものの、今までと同じ期間保障を残したままにできる。

 利回りが高いときに入っていた貯蓄性の保険は、預けたお金が増えていることが多い。このため払い済み保険の保障期間が終わった後にお金が戻るケースもある。荻原さんが説明する。

「その場合、新たな元手なしに一時金が手に入り、保障も継続されます。『埋蔵金保険』ということもできます」

 たとえば、亡くなったときに3千万円もらえる保険に入っていた人が、死亡保障を1500万円に減らす代わりに、保険料の支払いをゼロにできる。保険料を払わなくて済むようになれば、毎月の負担は減る。

 保険の見直しで注意したいのは、バブル時代など利回りが高い時期に加入した生命保険だ。高利回りの保険は入り続けていたほうがいいと、荻原さんは助言する。

「貯蓄部分の運用利回りは、加入したときに約束した利回りが最後まで適用されます。低金利の今でも当時の高い利回りのままで、保険をやめたときにもらえる解約返戻金の額がどんどん増えていくのです」

 保険に入っている人は、お金を借りるのに有利な方法がある。

「解約した場合に戻るお金の7〜8割までを借りられる『契約者貸し付け』と呼ぶもので、運用利回りに1〜2%上乗せした利率で借りることができます。銀行の個人ローンやクレジットカードのキャッシングなどと比べて低い。審査も簡単。比較的早くお金を得られますし、保険の保障もそのまま続けられるメリットがあります」(荻原さん)

 家計を立て直せる見通しがあれば、今まで続けてきた保険をやめなくても、いったん借りて急場をしのげる。

 保険で言えば、2007年の郵政民営化以前に加入した郵便局の「簡易保険」は、実はもらい忘れている人が多い。

 民営化以前の簡易保険を預かっている「郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構」によると、満期や死亡によって本来もらえるはずの死亡保険や年金のうち、引き取り手のないものが19年9月現在、約1300億円に上る。

 簡易保険も、今よりも予定利率が高い「お宝保険」だ。簡易保険の受け取りには期限がないので、今でもその高い利回りで運用されている。しかし、死亡保険金の額が民間保険に比べて少なかったり、子どものために入ったのに伝えないまま亡くなってしまったりして請求を忘れてしまうケースがあるという。

 保険料を払ったのに放っておいてはもったいない。親や自分に心当たりがあったら、最寄りの郵便局に問い合わせよう。

 もらい忘れている年金も、大きな埋蔵金だ。荻原さんはこう指摘する。

「意外と見落としがちなのが企業年金。1カ月でも加入していたら、一生年金がもらえます。老後に毎月もらえる額は少額でも、チリも積もれば山となります。実は100万人以上の人がもらい忘れているというデータがあります」

 企業年金は、企業が独自に公的年金に上乗せしている年金のこと。10年間払わなければもらえない国民年金や厚生年金などの公的年金と違って、勤めている会社に独自の企業年金があれば、加入期間が短くても生涯もらうことができる。

 企業年金連合会によると、企業年金をもらい忘れている人は20年3月現在で114万6千人もいる。もらい忘れている人には通知が送られているものの、結婚して姓や住所が変わるなどして届かないケースがあるようだ。心当たりがあれば、以前の勤め先や同会などに問い合わせてみよう。

 学生時代や転職したときに使っただけで、その後利用していない銀行口座はないだろうか。10年間取引がない口座は毎年、額にして1200億円程度発生していると言われる。

 こうした「休眠口座」も、預金者が気づいた時点で郵便局や銀行などに言えば、いつでも出金や解約ができる。通帳やキャッシュカードが見つからなくても、身分証明書などがあれば手続きできるところが多い。休眠口座のある金融機関が近くにない場合、他の金融機関でも手続きできるか相談してみよう。

 ただ、郵便局の貯金の中には、預けてから20年出し入れしていないと消滅してしまうものもあるので要注意だ。かつては国の金融機関の扱いだったので、民営化以前に預けた「定額郵便貯金」や「定期郵便貯金」などは当時の法律が適用される。満期後20年2カ月経っても払い戻しの請求がなければ払い戻しの権利がなくなる。

 意外な埋蔵金もある。硬貨だ。荻原さんは言う。

「古い硬貨ではなくても、発行枚数が少ない時期に作られたものは高値で取引されています」

 最近でも、たとえば11〜18年に製造された1円玉や09年発行の5円玉などの中には1枚3千円前後で取引されるものがある。1986〜87年に発行された10円玉や50円玉、500円玉なども2千〜2万円の値がつくものがあるという。

 見逃せないのが、ドラッグストアや薬局でもらったレシートだ。年間の医療費が10万円を超えると、確定申告で払いすぎた税金が戻ってくる。

 たとえ年10万円に達していなくても、「スイッチOTC薬」と呼ばれる市販薬の購入額が、1年で1万2千円を超えたら確定申告すると超過分の税金が戻る。セルフメディケーション税制という制度だ。スイッチOTC薬かどうかはレシートや薬のパッケージで確認できる。レシートは大切に取っておこう。

 年賀はがきも用が済んだからといって捨てるのはもったいない。未使用や書き損じのはがきは1枚5円の手数料を払うと切手やはがきと交換できる。

 埋蔵金はほかにもある。巣ごもり生活で通信費が家計を圧迫している人も多いのではないか。格安携帯に切り替えれば、たとえば月1万円近くから数千円台に下がることもある。使っていたスマートフォンも売れれば、ダブルでお得になる。ファイナンシャルプランナー(FP)の長尾義弘さんは、こう振り返る。

「夫婦そろって格安携帯に替えるため、iPhone(アイフォーン)を専門業者に買い取ってもらいました。下取りの値段は同じ機種二つで計1万2千円前後。このうち一つに大きな傷がなければ、もう少し高く売れたかもしれません。iPhoneならアップルストアのほか、中古品の買い取り業者もあります。ほかのスマホも、携帯ショップで下取りすることで買い替え品が安くなる仕組みもあります」

 FPの丸山晴美さんは、家にいる時間が増えた機会を使って大掃除することを勧める。

「机やタンスの引き出しの中に未使用だったり残額が残っていたりするクオカードや商品券が見つかればもうけもの。MD(ミニディスク)プレーヤーや携帯型育成玩具『たまごっち』といった昔はやった商品や、定年後に着る機会が少なくなったスーツなどは、メルカリやラクマなどのフリマアプリを通じて売れることもあります」

(本誌・池田正史)

※週刊朝日  2021年3月12日号