最近、少し変わったものが自動販売機で売られていることに、お気づきですか? ペットボトルや缶コーヒーといった飲料が定番だったラインアップが近年、大きく様変わりしています。各地をたずね、何が起きているか聞いてきました。

*  *  *

 西武鉄道所沢駅(埼玉県所沢市)の構内に、目を引く自販機を見つけた。

 その名は「Chabacco(チャバコ)」。売られているのは一見、たばこに見えるが、中身はお茶だ。スティック状になった狭山茶の粉末が8本入り600円で売られている。パッケージには、4年前に運行を始めた西武鉄道40000系と、今年4月に定期運行を終えたレッドアロークラシック号を用意した。

 本物のたばこさながらのパッケージで、遊び心をきかせた。9月から発売し、所沢駅だけで1カ月で5200個近くを売り上げたという。

 喫煙者が減ったことで近年、廃棄されるたばこ自販機が増えている。

 一方で若者のお茶離れは進み、後継者不足で茶葉の生産も縮小気味だ。「チャバコ」は、廃棄される自販機の活用と、地域の活性化を同時にかなえる狙いで開発された。

 地元・新井園本店の茶葉は甘くまろやかな味わいで、ミネラルウォーターに混ぜることで水から冷茶への「味変」も楽しめる。

 西武ホールディングスでプロジェクトを担当する庄司智恵子さんは「予想を超えた反響に驚いています。沿線外の観光客のほか、地元住民が帰省の手土産やプレゼントに買っていく場合もあります」。11月には西武園ゆうえんち駅でも売り出し、新たなパッケージも加えた。今後、西武秩父駅にも置く予定だ。

 バニラ、抹茶、ほうじ茶ラテ、いちごミルク──。京王八王子駅(東京都八王子市)にほど近いシフォンケーキ専門店「ボン・ムー」の前に置かれた自販機には、彩り豊かな10種類のシフォンケーキが並ぶ。色合いや凹凸の入り方は実物のようだが、実はどれも「食品サンプル」だ。

「全部で40種類はあります。本物に似せた雰囲気を出すのに苦労しましたが、その分思い入れが深いです」。自販機を考案した同店のマネジャー、浦田智恵さんはそう話す。

 コロナの感染拡大の影響で、入店人数を2組までに制限せざるを得なくなった。外に行列ができ、「待ち時間を少しでも減らしたい」と思いついたのが自販機。菓子用の冷蔵自販機を導入し、平日・休日問わず24時間、買える体制を整えた。ひとつ300円。見た目がいびつな商品が、アウトレット品(280円)として並ぶこともある。今年9月から売り始めたところ、週平均で400〜500個の売り上げがある。

「定休日の日曜や夜間も買えてありがたいという声が多く、続けていく意味を感じます」(智恵さん)

 智恵さんの母・千枝子さん(62)が看護師として働く傍ら、夫が経営する居酒屋で振る舞う菓子が評判となり、自宅の一角で店を始めた。有精卵を使い、メレンゲで仕上げるケーキは、耳元でちぎるとしゅわっと音がする。

 店頭と変わらぬ味を楽しんでもらうため、賞味期限まで2日を切った自販機の商品は入れ替える。千枝子さんは「どちらも卵を割るところから手作り。味わいを楽しんでもらいたい」と話す。

「コロナ禍でも非対面・非接触でできるビジネスを模索していたら、『自販機』に行きつきました」。千葉県印西市の老舗焼き肉店「京城苑」を運営する松山商事の専務、菰岡(こもおか)翼さんはこう語る。

 今年5月から店前に置いたのが冷凍肉料理の自販機。扱うのは肉ギョーザ2種類、生ハンバーグ、牛トロフレークの4種。いずれも、素材の味をしっかり感じられる本格派だ。

 緊急事態宣言が出ていた昨年4月、海外のニュースを見ていたら、中国の無人倉庫でロボットが商品を売る姿が目に留まった。「治安の良い日本なら自販機でも商品は売れる」と直感。保健所の反応は芳しくなかったが、2カ月後に改正食品衛生法が施行され、冷凍食品の販売が許可制から届け出制になったことに背中を押された。

 クラウドの仕組みを利用して在庫を管理し、販売履歴もスマートフォンで確認する。「足を運ばなくてもスマホで管理できるのは楽。今はワクチン用に冷凍輸送庫の開発も進み、この時代に生まれたものをフル活用できている」と菰岡さん。

 同店ではコロナ禍に入る前から、配膳用のロボットを店舗に導入するなど、デジタル化にも前向きに取り組んできた。

「BSEや東日本大震災など、外的な要因で売り上げが途絶えてしまうことは以前もあった。新しい試みに挑戦し続けることで、危機に負けない、強い飲食店を作りたい」

 生活必需品を売る自販機も登場している。

 横浜市の鶴見区役所1階に、この4月から置かれたのが「おむつ自販機」。飲料の横に、MとLサイズのおむつ(各200円)やおしりふき(170円)、ウェットシート(110円)と、おむつ替えのグッズをそろえた。売り上げの一部は、子どもを支援する「ウェルカムベビープロジェクト」に寄付される。

 導入の橋渡しをしたのは、区内で不動産事業を手がける中西美里さん。昨年5月、保育園やカフェが入る複合施設の前におむつ自販機を設置した。「区役所におむつの自販機があれば、子育て中の親たちに便利では」と考え、同区で児童支援を担当する民生委員をしていた夫を通じ、区役所に話を持ちかけた。

 同区役所の柏木利明・総務課長は「役所が開いている間はいつでも買えるので、お父さんお母さん方に存在を知っていただきたい」と話す。

 扱う商品が年々、バラエティー豊かになっている点について、自動販売機の情報サイト「山田屋」を運営する野村誠さんは「冷蔵・冷凍食品も自販機で扱えるようになり、活用方法を模索する企業が増えた。以前は訪日客向けに物珍しさを狙うものも多かったが、コロナの感染拡大以降は、住民の暮らしに必要な商品が売られることが増えている」と分析する。

 コロナ禍を契機に、生活スタイルや働き方の見直しが進んだ。時代のニーズをくみ取りながら、自販機もまた進化を遂げていると言えそうだ。(本誌・松岡瑛理)

※週刊朝日  2021年12月3日号