“神見出し”連発で話題の「月刊住職」編集長に聞く

“神見出し”連発で話題の「月刊住職」編集長に聞く

 日本人がなじんできた「お葬式のかたち」がいま激変している。従来型のお葬式ではなく、「家族葬」が広く受け入れられ、弔いの形は家から個へ――。葬儀費用の「見える化」と価格破壊は何を生むのか。AERA 8月7日号で、新しい葬式の姿と、大きく影響を受ける仏教寺院のいまを追った。

 科学全盛の時代、お寺や仏教界も進化を遂げている。住職向けの雑誌でありながら、神見出しを連発しネットでも話題となっている「月刊住職」の編集長に話を聞いた。

*  *  *
 ずっと気になる雑誌があった。「月刊住職」。新聞広告の見出しを見ただけで妙に心がざわつくのだ。例えば、最新号(2017年7月号)では、

「住職後継とされた青年僧の死の真相」「警察にマークされた住職の共謀罪反対」「消えたペット霊園」──。

 などと、実にそそられる見出しが並ぶ。そしてこの見出しが最近では「週刊文春超えの神見出し」「攻めの姿勢すごいな」とネット上でも話題だ。

 編集長は、矢澤澄道(ちょうどう)さん(68)。横浜市にあるお寺の、26代目住職でもある。

 お寺の長男として生まれ、明治大学法学部を卒業後、高野山で1年間学んだ。その後に就職した仏教系出版社の社長にこう言われた。

「お寺に役立つ雑誌を出せないか」

 それがきっかけで1週間で雑誌名を決めて企画書を書き上げ、10カ月後には自ら編集発行人となって1974年に創刊。3カ月後には亡き親の後を継いで住職になり、それ以来、二足のわらじを履き続けている。

 雑誌のコンセプトは何か。

「伝統仏教を支える住職への応援です」(矢澤さん)

 現在編集部員は4人で、僧籍を持つのは矢澤さんだけ。部員たちは普段からアンテナを張り巡らし、お寺がらみの事件や裁判などの時事ネタをはじめ、頑張る住職の話や、法律・税金相談まで、カバーエリアは広い。

「調査報道」にも力を入れる。住職アンケートを実施し、「日本の死刑制度について賛成か? 反対か?」など、社会問題にも正面から取り組む骨太なジャーナリズム精神もあるのだ。

 連載陣も大物がそろう。矢澤さんは「マイナーな雑誌なので書いてくれない人もたくさんいます」と謙遜するが、玄侑宗久氏をはじめ、『お寺さん崩壊』の著書でも知られる福岡県の住職・水月昭道氏など、豪華なラインアップだ。定点観測として創価学会の問題はほぼ毎号記事に盛り込むのも本誌の特徴。「折伏(しゃくぶく)」と呼ばれる創価学会の布教活動は、伝統仏教を「邪教」としてきたからだ。

●「4人に1人が読む」

 国内に仏教寺院は約7万7千寺あり、住職は約6万人。「そのうち4人に1人が読んでいる」(矢澤さん)といい、仏教専門誌としての存在感を示している。

 では、“文春砲”にも匹敵するといわれる見出しはどのようにしてつけるのか。

「十中八九、私がつけています」

 と矢澤さん。

 しかし、読者に興味を持ってもらえる見出しをつけているだけで、「うまい」と思ったことは一度もないと話す。

「ただし、俳人だった父の影響や、谷川俊太郎さんなどの詩が好きなこともあるかもしれません」(同)

 創刊43年。校了日は徹夜作業だというが、こうも言う。

「どんな状況でも、お寺が地域の核や心の拠点としての役割を果たしていけるよう続けます」

 御年68歳。意欲は衰えない。(編集部・野村昌二)

※AERA 2017年8月7日号

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索