日本の宝! 司馬遼太郎・幻の直筆原稿“発見”秘話

日本の宝! 司馬遼太郎・幻の直筆原稿“発見”秘話

 司馬遼太郎さんの人気小説『竜馬がゆく』『坂の上の雲』。そのクライマックスと書き出し部分の生原稿が5月末、東京・神田の古本市場に突然、姿を現した。司馬遼太郎記念財団が入手し、半世紀ぶりに里帰りしている。現在は東大阪市の司馬遼太郎記念館で公開中で、ファンの熱い注目を集めている。

 司馬さんは『街道をゆく36 神田界隈』のなかで、東京・神田の古書街のセリ市について書いている。

<私は、神田神保町を歩きながら、「鳩山の『債権』!」という、セリ手のシゲチャンの高い声をおもいだした>

 セリ市は古書業者の腕の見せどころ。どんなセリ手が活躍し、どんな本に値がついたか、司馬さんは楽しそうに書いている。

 ところがそんな司馬さん自身の重要な原稿がセリ市にかかろうとしていた。

 5月26日のことで、セリ市に参加していた一人で、今回、原稿の“仲介役”になった東京・本郷の古書店、森井書店店主の森井健一さんはいう。

「驚きましたね。『竜馬がゆく』の最終回があるじゃないですか。私も長いこと商売をしてきて、司馬先生の原稿やはがきなどを扱ったことはありますが、『竜馬』の原稿はありません。岩田専太郎画伯の挿絵はときどき出ましたが、生原稿が出たという話は聞いたことがなかった。坂本龍馬関係の展覧会に原稿が出たことはないはずですね」

『竜馬』は「朱欒(ざぼん)の月」と最終章「近江路」で計23枚。にわかに信じられず、森井さんはいったん会場を出ている。

「ちょうど神田なので『竜馬』の文庫本を買いました。表紙には、司馬さんが書いた題字がある。やはり同じだと。特徴的な字体、推敲(すいこう)や色とりどりの書き直しの仕方などはよく知っているつもりですが、念のために確かめたわけです」

 さらに『坂の上の雲』の原稿まであった。冒頭の「春や昔」3回分と「日清戦争」3回分の計24枚と、本人が書いた『坂の上の雲』の題字までがあった。

「つまり、特に人気のある作品の最終回と書き出しがセットで出てきちゃった。これはもういわば日本の宝ですから、司馬財団に連絡するしかないなという話になったわけです」

 連絡を受けた司馬財団の上村洋行理事長もいう。

「ひょっとしてニセモノの可能性もあるかなと思いましたが、森井さんに見せていただき、本物だと確信して、入手することに決めました。6月初めのことです。まずは『竜馬』の最後の一行を目で追いました。自分の動悸(どうき)が聞こえるようでしたね」

 坂本竜馬が中岡慎太郎とともに暗殺される場面で、

<天が、この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者を地上にくだし、その使命がおわったとき惜しげもなく天へ召しかえした>

 と、ファン必泣の一行である。

「最初は『惜しむように』と書いたのを『惜しげもなく』と書き直しています。筆跡は力強かったです」

『坂の上の雲』の冒頭部分もあまりにも有名だ。

<まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている>

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」、渡辺謙のナレーションが蘇(よみがえ)ってくる。

「『坂の上の雲』の原稿の大半は、日本近代文学館に寄贈されていますが、この書き出しの部分と、『日清戦争』の一部はありませんでした。書き出しから十数行は、『竜馬』と違って、ほとんど書き直しがありません。頭のなかですでに文章ができあがっていたんでしょう。この作品にかける気迫を感じましたね。この部分については、出版社が展覧会を開くときに頼まれ、わざわざもういちど書き直したことがあったぐらいです。長編を象徴する部分が出てきただけに、ほっとしました」

『竜馬がゆく』も『坂の上の雲』も産経新聞に連載された小説。上村さん自身も司馬さんと同じく、産経新聞社に勤務していた。

「勤務していたころに、編集局で原稿を捜したこともありますし、先輩たちにも聞きましたが、見つかることはありませんでした」

 どういういきさつで神田に現れたかについてはわからないそうだ。

「原稿には『要返却』と司馬遼太郎とは別の字で書かれています。当時の編集にかかわった誰かが、司馬遼太郎の了解の元で保管というか、保存していたのではないかとは思いますね。『竜馬』のころはコピーもなかった時代ですし、1カ月ほどは編集局に保存されていたでしょうが、他の一般原稿と一緒に廃棄されていたようです。ただ、『要返却』と書いてくれたので、これだけ戻ってきた。その後の流れを詮索(せんさく)するより、出てきたことを喜びたいと思っています。大事に持っていてくれた人に感謝ですね」

 それにしても原稿を持って帰るのも一大事だったと、上村さんはいう。

「森井書店の方は、できれば早く持っていっていただければと。高価なものが店内にあるのでは落ち着かないようなので、妻の事務局長と2人で直接持って帰ることにしました。なにせ“原稿様”がいるので、はじめて東京─大阪でグリーン車に乗りました。私が窓際の席に座って原稿を抱えていたわけです。一睡もできず、トイレも行きませんでした。事務局長はぐっすり寝ていましたが」

 司馬さんのかつての担当者だった文藝春秋の和田宏さんは、『司馬遼太郎という人』(文春新書)のなかで、生原稿について書いている。文藝春秋の倉庫には、司馬さんがまだ若い時代に書いた小説の原稿が長く保存されていたが、1980年代後半になって返すことになった。司馬さんと相談し、各地の文学館に寄贈されたが、『十一番目の志士』だけが残った。和田さんがはじめて担当した小説で、司馬さんに相談したところ、

「そんなもん、いらんから和田君にあげるわ」

 といわれたそう。

 この原稿もいまは、司馬財団に里帰りしている。

 さて、どの程度高額なのかは、当たり前だが、森井書店も司馬財団も明らかにはしていない。

 記者はかつて『街道をゆく』の担当記者である。

「君はだらしがないので、原稿をなくすことだけが心配だ。もらったらすぐコピーしなさい」

 と、先輩にいわれた。

 当時、その原稿は編集部から書籍編集部に送られ、その後は近代文学館に寄贈されていた。つまり私の手元にはない。

 しかしどのくらい高価なものだったのだろう。はしたないが、森井さんに聞いてみた。

「今回の原稿はそれより数段高価であることはまちがいありませんが、『街道』もなかなかです。原稿1回分が16枚ぐらいだとして、まず数十万円にはなるでしょう」

 記者が担当した期間は約6年間で220余回になる。χ×220……と、つい計算してしまった。司馬先生、あなたはいろいろな意味で錬金術師でしたね。

※週刊朝日 2017年8月18−25日号

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索