テレビで告白した紀州のドン・ファンの妻が会話ググり、野崎氏「あの女はあかん」と漏らす

テレビで告白した紀州のドン・ファンの妻が会話ググり、野崎氏「あの女はあかん」と漏らす

「バイキング」(フジテレビ)が15日、急性覚せい剤中毒で怪死した「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(77)の55歳年下の妻に、テレビ初の独占インタビューをした。



 インタビュアーはMCの坂上忍で昨日夜、妻に60分に渡り、話を聞いたという。

 妻は野崎さんについて、「結構、変わった人で元々の気性が荒いというか。私は怒られたことはないんですけど、結構怒りやすい人だった」と振り返った。

 坂上が妻に「覚せい剤を使って、訳の分からないことを言うとかなかったか」

 と質問すると、こう答えた。

「ろれつが回らないとかそういうのはあったんですけど、それは年のせいだと思った。注射器もなかったし、社長がやっていたとは思えないなって」

 家政婦が「覚せい剤が引き出しにあった」と証言したという報道については、妻は「なかったです」ときっぱり否定。

 さらには「家政婦さんの記憶がグチャグチャで言ってしまったんだと思う。元々おしゃべり、饒舌な人なので、『言いたい』ってすごく言っていた。でも、今は情報を外に出さないほうがいいっていう話でお互い黙っていたんですけど、そういうことを言ってしまい、警察が否定したので、余計に疑われてしまった」と説明した。

 野崎さんが経営する会社から2000本以上のビール瓶が警察に押収されたことを説明し、坂上が「野崎氏がどのタイミングで覚せい剤を摂取した可能性があるか」と問うと、妻はこう答えた。

「社長はご飯を食べる時、冷蔵庫からストックしているビールを自分でいつも取って、自分で栓を開けて飲むので、ビールに混入していたとは思えない」

 そして自宅の冷蔵庫のビールは会社の従業員がいつも継ぎ足すなど、誰でも台所に自由に出入りしていたと打ち明けた。

「家はずっと開けっ放しで、出かけるときも開けっ放しが多かった。防犯カメラも全部が機能していたわけではなく、何年か前に強盗に入られた時にカメラに映っていなかったこともあった」(妻)


 さらに妻は愛犬イブちゃんが5月6日に急死して以降、野崎氏が「死にたい」と頻繁に口走るようになったと明らかにした。

「ペットロスでずっと泣いて、結構前からなんですけど、すぐ死にたいって言う。冗談半分だと誰も本気で捉えていなかった。イブちゃんが死んでからはそれが毎日。(野崎氏が亡くなった5月)24日の日も、いつもならイブちゃんがご飯を食べて足元にいるんですけど、『足元にいないね』って寂しがっていた。社長の席からイブちゃんのお墓が見えるんですけど、そこを見てビールを飲みながら『私も早く死にたい』と言っていた。でも、そんな気ないでしょう、といつも流していたが、本当に死んでしまったので、それもあったのかなって思ってしまう」

 さらに妻は野崎氏との夫婦関係を赤裸々に語った。

「交際クラブに登録」との報道もあったが、妻は「友達の紹介。紹介してくれた男性の名前は知らず、電話とLINEのみしかやりとりしていない」とぶっちゃけトーク。

 さらに出会った日に野崎さんからプロポーズされ、妻から幾つか条件をつけて承諾したと明かした。

「(野崎さんは)ずっと結婚願望が強い人だった。はいはいと流していたが、私の『はい』に社長が『はいと言ってくれたのは、君がはじめて』『先が短いから若い女の子と一緒にいたい』と反応。月々100万円をくれる、和歌山には月に何回か行けばいい、とも言われたのでそれらを条件に結婚した」

 だが、自分の両親には結婚について何も話していなかったとも明かした。

 坂上に野崎氏の死について「事故死、自殺、他殺なのか。個人的にどう思っていますか」と問われると、妻は戸惑いながらもこう答えていた。

「自殺はなくはないと思う。ただ、他殺と考えるなら社長は結構、恨みを買っているので。過去に刺されたりとか金融業関係でもめたりもしていた。そして家に誰でも出入りできる。私がいない時、社長の他の女の人が何人も出入りしていて、私が東京から帰ってきた時に『今日から家政婦です』と知らない女の人がいたりとかあった」


 妻は野崎氏が結婚後も複数の女性と交際していた、と明かし、2人の間では離婚話も時折、出ていたことを認めた。

「(野崎氏は女性関係について)オープンでした。私が東京から戻ると社長は『男と会っているんだろう』ってすぐ言ってくる。私が『社長も女の子を家に呼んでるじゃん』って言うと『私はいいんだ』って開き直った」「東京に戻ったら、社長から1日に30回ぐらい電話があり、私が電話に出なければ、『離婚する』と怒ることもあった」

 今年2月に結婚した野崎氏と妻だが、その関係は必ずしもうまくいっているとはいえなかったようだ。野崎氏が経営する会社の従業員がこう話す。

「社長の話といえば、女か金儲けか、戦争時代に自分はくず鉄を拾い、裸一貫からのし上がったとかの自慢話。そして安倍政権、北朝鮮問題ですね。妻はまったくそういう話に興味がなく、和歌山に来たばかりの時は社長の前で『それググってみるね』とスマホでやっていた。社長はググるの意味がわからずポカンとしていた。そのうち、社長と一緒に複数の人がいると話が呑み込めないのでLINEでその場にいる人に『社長、何を言っているんですか』と聞くこともあった。こりゃ長く続かないと思った」

 野崎氏と従業員の不信感は、3月に妻の反対で結婚式を中止したこと、4月にインドネシアから妻あてに届いた小包などがきっかけで募っていったという。

「社長自身は奥さんにぞっこんで結婚したものの、彼女の過去について何も知らなかった。だが、様々なことが耳に入るようになり、不信感を募らせていた。社長は『家の事、なんもしない。あの女はあかん』と言うようになっていました」(前出の従業員)

 妻の告白で様々な新証言が飛び出した紀州のドン・ファン怪死事件の謎が解ける日は来るのか。(取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索