話題の大作「24 Japan」ジャック・バウアー役に堺雅人が期待される理由

話題の大作「24 Japan」ジャック・バウアー役に堺雅人が期待される理由

 昨年も米国の人気ドラマ「SUITS/スーツ」に織田裕二が主演し、フジテレビ系で放送されて話題となったが、昔から海外の人気ドラマや映画が日本版としてリメイクされるケースは多い。



 そうした中、テレビ朝日が2020年に開局60周年記念番組として、世界中で大ヒットした米ドラマ「24 TWENTY FOUR」をリメイクした連続ドラマ「24 Japan(トゥエンティフォージャパン)」を放送することを今月に発表した。

 原作の「24 TWENTY FOUR」は、キーファー・サザーランド演じるアメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアーが凶悪なテロ事件に挑む24時間の出来事を1話1時間、全24話の構成で描き、日本でも大ブームを巻き起こした。

 今作の「24 Japan」は、テレ朝がオリジナルドラマを放送した20世紀FOXとタッグを組み、24時間の出来事をリアルタイムで体感するかのような作品の醍醐味はそのままに、オリジナル版の放送がスタートした01年から様変わりした20年の最新テクノロジーと世界情勢を反映しながら作品のリメイクに臨むという。

 同ドラマの日本版の放送が発表されると、瞬く間にインターネット上ではオリジナル版のファンを中心に “日本のジャック・バウアー”とも言うべき主演俳優を予想する動きが盛り上がりを見せている。

「原作にアクションシーンが多いことから、アクションに定評のある真田広之さんや唐沢寿明さんをはじめ、肉体派の阿部寛さん、『V6』の岡田准一さん、西島秀俊さん、さらには織田さん、江口洋介さん、小栗旬さんなどさまざまな名前が挙がっています」(テレビ誌編集者)

 そうした中、業界内で有力視されているのが堺雅人という。

 堺といえば、16年に放送されたNHK大河ドラマ「真田丸」やTBS系ドラマ「半沢直樹」、フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」、日テレ系「Dr.倫太郎」など数多くの主演ドラマをヒットさせている売れっ子俳優。

 これまでのキャリアや実績を考えれば、「24 Japan」の主演を務めてもまったく不思議ではないが、芸能プロダクションのマネジャーはこう明かす。

「近年は『相棒』や『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』、『科捜研の女』などのヒットシリーズを生み出し、ドラマが好調なテレ朝からすると、今をときめく人気俳優の堺さんとのタッグには当然、色気を持っているでしょう。タモリさんらが所属する堺さんの所属事務所との関係性も悪くないですし、元々、テレ朝は開局50周年ドラマ『氷の華』に堺さんをキャスティングするなど、以前からその才能を高く評価していますしね。水面下で今回のドラマのオファーをしているといった噂も流れています」
 
 もっとも、NHKやTBS、フジ、日テレでヒット作を持つ堺だが、その一方でテレ朝とはそれほど縁が深くなさそうだが、芸能評論家の三杉武氏はこう語る。

「『開局記念ドラマ』というと、当該テレビ局といかにも縁が深い俳優が起用されるように思われがちですが、実際のところはあくまで視聴率重視でそこまでキャスティングにこだわりはないようです。テレ朝に関していえば、開局50周年ドラマ『氷の華』こそ、『黒革の手帖』をはじめ同局の放送で好評を博していた一連の松本清張作品で主演を務めていた米倉涼子さんが主演しましたが、開局55周年記念ドラマ『宮本武蔵』では同局のイメージがそれほど強くない木村拓哉さんが主演を務めています。ちなみに、木村さんはTBSの開局55周年記念番組『華麗なる一族』、開局60周年記念番組『南極大陸』でも主演を務めています。今回、テレ朝が視聴率を重視し、堺さんを開局記念ドラマの主演に起用したとしてもまったく不思議ではないでしょう」

 近年はCMや映画などでの露出はあるものの、テレビドラマ出演がないことから、一部では育児に励んでいるとの報道もある堺だが、今後の動向が何とも気になるところである。(平田昇二)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索