Charが語る愛用ギター「Char MUSTANG」へのこだわり

Charが語る愛用ギター「Char MUSTANG」へのこだわり

 ギタリストのCharが楽器の名門ブランド、フェンダーと提携して新型マスタングのシグネイチャーモデル「Char MUSTANG」を開発した。そもそもマスタングは、Charが10代から愛用しているモデルだ。

「実物のマスタングを始めて見たのは8歳のころ。銀座の山野楽器でした。あのころの僕は、銀座通りを新橋方面から日本橋方面へ向かって楽器屋さんをのぞくのが最大の楽しみの1つでね。まずヤマハ銀座店があって、アンクルという小さいけれど外国製の珍しい楽器を置いている店があって、銀座4丁目の交差点を渡ると山野楽器、そして銀座十字屋……。マスタングは山野のショーウインドウに飾られていました。メタリックブルーにブルーのラインがきれいでね。これがフェンダーかあー、と眺めていました。まだフェンダー・ジャパンがない1ドル360円時代ですから、ものすごく貴重なギターです。憧れました」

 高校時代にプロになったCharがレコーディングのギャラを貯めて最初に手に入れたフェンダーのギターは、ストラトキャスターだった。テレキャスターとともに、フェンダー社の代表的なモデルだ。しかし、買って1年ほどで盗まれてしまう。19歳のときだった。

「ものすごいショックでした。落ち込んでいると、外国人の友だちから、広尾のガレージセールでフェンダーのギターがたった6000円で売りに出ているという情報が入った。帰国する金持ちのアメリカ人が家財を処分していたんです。そのギターがマスタングでした。すぐに訪ねて、譲ってもらいました」

 それから40年以上、Charはマスタングを弾き続けている。今では、Charの代名詞ともいえる、ギタリストとしてのキャリアを通しての“相棒”だ。

「マスタングはフェンダーのスチューデントモデル。子どもでも扱えるように、ショートスケールでつくられています。だから、体のでかいアメリカ人やイギリス人よりも日本人が持つほうが、見た目がいいんです。ただし、ストラトキャスターやテレキャスターと比べると、つくりがあいまいというか、扱いが難しいギターではあります」

 マスタングのボディに装置されているトレモロアームを引いて弦を緩め、ひずんだ音を出すと、その後元の音に戻りづらいのが特徴だ。

「マスタングは緩んだ弦が戻りきらないことがあるんです。すると、チューニングが狂ったと思うでしょ。でも、チューニングし直したらダメ。そんなときは、アームを指でちょんちょんと触ってあげると戻る。そのコツをつかむまでに時間がかかるギターです」

 ギターにも個体差がある。6本あるどの弦のコントロールが難しいかはそれぞれ違う。

「扱い方のコツをつかむと愛情も芽生えるし、自分だけの音も生まれます。マスタングを手にしたギタリストは、もう勘弁してくれ! と思って手放すか、その個性を追求するか、どちらかでしょうね。僕の場合はどんどんかわいくなっていった。昔の自動車と同じですよ。1970年代のクルマって、よくエンストしたでしょ。でも、そういう手のかかるところがかわいかったりもする。あれに近い感覚です」

 ショートスケールのマスタングだからこそ生まれた曲も多い。Charの代表曲、「Smoky」もその1つだ。

「『Smoky』はEm69というコードを使って、カッティング(利き手で複数の弦を一気に鳴らして和音を出したり、音を殺したりする奏法)をします。Em69は弦を押さえる左手が難しいんです。指を目一杯伸ばしても、全部の弦になかなか届かない。スタンダードのサイズの、ストラトキャスターやテレキャスターだと、もう大変です。ところが、ショートスケールのマスタングだと、比較的楽に押さえられます。ネックが短くて、フレットの間隔も短いでしょ。だから、指が届くんです。『Smoky』を作曲していたらね、思いもよらずEm69を押さえられて、かつて聴いたことのない音の響きになりました。『Shinin’ You, Shinin’ Day』という曲もそうですけれど、僕の場合、マスタングだからこそ生まれた作品はたくさんあります。楽器が音楽をつくらせてくれたといえるかもしない」

 こうして、キャリアを重ねるとともにますます、マスタングへの愛情が増していった。Charは今、自分の楽曲はマスタングがメイン、ほかのミュージシャンのステージではストラトキャスターを弾くことが多い。そういった意味で、6月にCharの2つの面を楽しめるコンサートがあった。東京・蒲田の片柳アリーナで行われた「Music Supreme Char/松任谷由実」だ。Charは、自分のバンドのステージでは「Smoky」や「Shinin’ You, Shinin’ Day」や「Navy Blue」をマスタングで演奏した。そして、ユーミンと共演した「気絶するほど悩ましい」やユーミンがCharのために書いた曲「Night Flight」はストラトキャスターで演奏した。

「ユーミンとの共演は、主に彼女のバンドメンバーとやりました。音程をきちんと決めてね。その環境でマスタングを弾くと、ギターの性質上ほんのわずかなずれが生まれると、バンドを悩ませるかもしれない。僕のバンドで僕の曲をやるときは気にしないけれど、ユーミンバンドとやるときは、メンバーの皆さんに負担をかけちゃいけないでしょ。だから、マスタングではなく、精度の高いストラトキャスターに持ち替えました」

 Char自身のレコーディングでも、ストラトキャスターやテレキャスターと、マスタングを使い分けている。

「デモテープは信頼性の高いテレキャスターを弾いて正確につくる。そして、本番のソロはマスタングを自由に弾く」

 そのマスタングの個性、そして色気がCharだけの音を生んできたのだ。
では、今回開発した新型のマスタングは、特になにを意識したのだろう?

「いろいろあるけれど、フェンダー社に強くリクエストしたのは、ボリュームやトーンのスイッチの位置です。スイッチをピックアップ(弦の下のボディに埋め込まれているマイク)に近づけてもらい、演奏しながら小指でボリュームを操作しやすくなりました。ストラトキャスターのユニットを参考にしてね。デザインはもちろん、音やサイズはマスタング。でも、ストラトキャスターのように扱いやすいのがChar MUSTANGです。鳴りもいいですよ。特に低音が気に入っています」

 11月から全国ツアーがスタートするChar。「Smoky」や「Shinin’ You, Shinin’ Day」を新マスタングのサウンドで聴けそうだ。(神舘和典)


※週刊朝日オンライン限定記事


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索