双子用ベビーカーのバス「乗車拒否」広がる波紋 畳むことは不可能と非難も

双子用ベビーカーのバス「乗車拒否」広がる波紋 畳むことは不可能と非難も

 名古屋市の女性が、二人用のベビーカーに双子を乗せて市バスに乗ろうとして運転手から拒否されたというSNSを発信した。「多胎児増加時代」にあって波紋を呼んでいる。

 10月下旬、名古屋市北区で並列型のベビーカーに双子を乗せたままバスに乗ろうとした34歳の女性が、運転士から「ベビーカーを中まで運べますか」と聞かれた。女性はバスに付いている車いす用のスロープを使うことを求めたが運転手は返事をしなかった。あきらめて目的地の区役所まで約40分を歩いたという。

 名古屋市交通局は11月7日から運転士の対応に問題がなかったかを調査し、女性が乗ったと思われる路線の運行を調べたが、バスも運転士も特定できずに調査を終えた。乗客と運転士のやり取りを録音したレコーダーも調査前にデータが更新され、その後、女性が訴えて来たわけでもなく難しかったようだ。

 同局は「200人近くから聞いたが確認できなかった。女性が不快な思いをしたのなら申し訳ない。運転士にはこうした場合の対応をしっかり周知させたい」(自動車運転課)とする。

 この間、同局は市民の問い合わせに「双子用のベビーカーはたたまないと乗れない」と誤った回答をしたことも判明したが、この女性だった可能性が高い。

 同局では原則、大型バスの場合、車椅子のスペースが空いていれば通路は確保できるのでベビーカーに子供を乗せたまま乗車できる。混雑時は折り畳んでもらうことを求めている。中・小型バスではベビーカーから子どもを降ろして畳んで乗るように求めている。乗降の際は乗務員が手伝う、とする。

 多胎児家庭を支援する認定NPO法人「フローレンス」(東京都千代田区)は7日、多胎児育ての社会的困難について都内で記者会見した。名古屋の問題を受けてではなかったが「バスの乗車拒否を経験した人もいた」などとするアンケート結果も発表し、改善を訴えた。アンケートでは「一人でバスに乗ることは難しい」という声が多く、バスの乗車時にベビーカーを畳むことが求められると「荷物と子ども2人とベビーカー全部を抱えることはできない」「ベビーカーを畳む間の子どもたちが心配」などの意見が寄せられていた。

 近年、不妊治療や体外受精の影響で双子や三つ子などが、半世紀前の倍ほどに増えている。妊婦の百人に一人が多胎児の母親だという。とはいえ、今回、女性に好意的な声ばかりではない。ネットなどではベビーカーを狭いバスに持ち込むことに批判の声も見受けられる。フローレンスでは「双子用ベビーカーでも車椅子とほとんど大きさは変らない。誰にとっても利用しやすい公共交通機関になれば…」(広報課)と当惑している。

 フローレンスでは双子用のベビーカーをたたまなくてもバスに乗れるようにすることや、タクシー利用の補助などを行政に求めているが、自治体によって対応が違う。都営バスは車内で転回できない双子用など大型のベビーカーは畳むことを求め、畳めないものは乗車を拒否している。大阪シティバスでは双子用と一人用を区別していないが混雑時は畳んでもらい、運転士は求められれば手伝うとしている。また、地方ではバリアフリーの大型バスの普及が遅れているなど地域差がある。

 昔の乳母車は箱型で重く、バスに持ち込むことなど考えられなかった。折り畳み式になり、軽量化したことや、車いすを乗せるためのバリアフリーのバスが増えたことで変化した。少子化でも逆に多胎児は増えたことで、ベビーカーのバス乗車の問題が顕在化したようだ。ここはしゃくし定規な規則を作るのではなく、混み具合などに応じて運転士と乗客が臨機応変に対応するのが一番ではないか。

(ジャーナリスト・粟野仁雄)

*週刊朝日オンライン限定記事








関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る