個人情報を含む行政文書が記録された神奈川県庁のハードディスク(HDD)計18個がネットオークションを通じて転売された問題で、警視庁は12月6日夜、HDDの処理を請け負ったブロードリンク(東京都中央区)社員高橋雄一容疑者(50)=横浜市=を窃盗容疑で逮捕した。

「高橋容疑者を捜査したところ、別のHDDを持っていた。聞けばオークションで売るつもりだったというのでその場で窃盗として逮捕となった」(捜査関係者)

 流出が判明したのは、高橋容疑者がオークションサイトで売り払ったハードディスク、18個のうち9個を落札した人が、安全性チェックのため復元ソフトで試したことがきっかけだ。

 大半のデータは復元できなかったが、一部のデータは復元できた。

 それが神奈川県のものだった。流出したデータは、個人名や企業名が入った納税記録、県職員の業務記録など大量で、機密性の高いものだった。

 神奈川県によると、HDDは富士通リースから借りていたサーバーに使用されていた。今年春が交換時期となったので、別のHDDを設置。古いHDDは富士通リースからデータが復元できないように破壊するために、高橋容疑者が在籍するブロードリンク社に作業が委託された。

 だが、高橋容疑者はそれを勝手に持ち出しオークション売ったというのだ。

 ブロードリンク社のホームページによれば、最高裁判所、防衛省など役所から大手メガバンク、マイクロソフトなど有名企業から仕事を請け負っている、と記されている。

「高橋容疑者については朝日新聞のスクープ記事が6日にあり、昼頃から任意で事情を聞いていた。別のHDDを持っていたことで罪証隠滅・逃亡の恐れもあるので緊急逮捕した。持っていたHDDもオークションで売却するつもりだったと言っている。3年前からブロードリンク社の消去室と呼ばれる、データを消す作業をする部屋から何度も盗みを重ねて、売っていた。金目当てと供述している」(前出の捜査関係者)

 朝日新聞の報道で大騒ぎなると、「あれ、オレの売ったHDDだ」などと周囲に言っていたという高橋容疑者。

 高橋容疑者のオークションサイトの履歴には数多くのHDDを販売していた記録が残っている。逮捕直前、12月2日には6個、11月26日には7個とまとまった数のHDDが落札されていた。

「神奈川県の問題のHDDについても、間違いない、自分が売ったものと認めている。ただ中のデータなどはまったく知らなかったと話している。ブロードリンク社では、社員の所持品検査などは時折していたそうだが、高橋容疑者によれば、盗み出すのはそう難しくなかったとそうだ。オークションサイトからも大量のHDDや関連品を売却しており、さらに被害が拡大する可能性もある」(同前)

 これ以上、機密が漏えいしないことを祈るばかりだ。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事