1月29日、上皇さまが一時意識を失ったとき、非常ブザーで知らせたのは美智子さまだった。その美智子さまも体調不良を抱え、背景には「精神的なストレス」も指摘されている。AERA2020年2月17日号で掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 昨年5月の代替わり以降、宮内庁から、上皇ご夫妻の健康状態について、発表される回数が増えてきた。お二人とも年齢的には80代半ばにさしかかり、健康問題と無縁ではない生活を送っている。

 今年1月30日午後。宮内庁は、上皇さま(86)が同月29日夕に、お住まいの皇居・吹上仙洞御所で一時意識を失い、倒れる症状があったと発表した。

 同庁によると、上皇さまが意識を失ったのは、私的な外出先から御所に帰った約1時間後。そばにいた上皇后美智子さま(85)が、上皇さまの体を支えながら非常ブザーで、侍医を呼んだ。侍医らが駆けつけた時、上皇さまはいびきのような息づかいをしていたが、間もなく意識は回復したという。上皇さまは担架で寝室に運ばれ、夕食はとらずに休んだ。

 翌朝、上皇さまはいつもと同じ時間帯に起床。美智子さまと一緒に朝食をとり、午前中には宮内庁病院で頭部のMRI検査と専門医による診察を受けた。検査の結果、脳梗塞(のうこうそく)などの病気が疑われるような所見は認められず、同庁は、引き続き経過観察を続ける方針だ。

 上皇さまについての体調不良の発表は昨年7月にもあった。強い脳貧血の症状がみられたという。上皇さまは夕食前に御所の食堂で立っているのが難しくなり、美智子さまが侍医を呼んだ。この日は定期的な健康診断を受けていて、検査による疲れが影響したとみられている。

 いずれの場合も上皇さまの体調不良に気がつき、非常ブザーで知らせたのは美智子さまだった。宮内庁幹部は、「上皇后さまは、上皇さまの日常におけるご生活ぶりなどを一番ご承知。お体のご変調に一番最初にお気づきになる」と話す。

 だが、その美智子さまも体調が万全とは言えない。定期的に実施されている健康診断では、上皇さまと比べて、再検査を要する項目が多い。

 同庁によると、美智子さまは昨年から、日課としている朝の散歩後に息が切れる症状が目立つようになったという。同年6月の定期的な血液検査では、心不全の診断指標となるホルモン「BNP」値が正常値を上回っていたため、心臓の検査が実施された。検査の結果、中等度の三尖(さんせん)弁逆流症や不整脈などの所見が認められた。心臓への負荷の増大が疑われ、経過観察が続く。

 両眼の白内障の手術も実施され、昨夏には、左胸に比較的早期の乳がんが見つかった。同年9月に、東京大学医学部付属病院(東京都文京区)で乳がんの摘出手術を受け、現在もホルモン療法を続けている。

 さらに、昨春以降、美智子さまの体重が急減し、元に戻っていない。同庁は同年12月、BNP値は高い状態が続き、同年9月以降に血が混じる嘔吐(おうと)が数回あった、と発表した。同庁幹部は「精神的なストレスが一因として考えられる」と説明する。

 お二人は今年3月末までに、高輪仙洞仮御所(東京都港区)に転居する予定だ。現在は、引っ越しの準備を進めている。今のところ、スケジュールに変更はない。

 上皇さまは現在、日課となっている散策をして過ごしたり、皇居内の生物学研究所に通ってハゼ科魚類を研究したりして、普段と変わらない生活を送る。だが、上皇さまは69歳だった2003年に前立腺がんの摘出手術、78歳だった12年には心臓の冠動脈バイパス手術を経験した。ましてや年齢を重ねれば、健康問題が生じる可能性はさらに高まる。

 同庁幹部は上皇さまと美智子さまについて、「ご年齢に応じた様々な症状が出てくることが考えられ、その一つひとつに丁寧に向き合い、早め早めに色々な措置をしていく必要がある」と話す。(朝日新聞社・長谷文)

※AERA 2020年2月17日号