覚醒剤と危険ドラッグ所持の疑いで逮捕された槇原敬之容疑者。1999年の1度目の逮捕から20年以上が経過していただけに、その衝撃は大きい。果たしていつから薬物を再開していたのか、その依存度はどの程度のものなのか、注目が集まっている。

 そもそも「依存症」とは何なのか? 久里浜医療センターの精神科医長、中山秀紀氏の新刊『スマホ依存から脳を守る』から、スマホ依存を通した「依存症」についての解説をお届けする。



*  *  *
■「快楽」と「不快」の同時進行

 人は「快楽」を得るために依存物を使います。「快楽」を得ることによって、より「幸福」になろうとします。ところが依存物を使いすぎて依存症になると、依存物で「快楽」を得られる(正の強化)ものの「幸福」というゴールに至るのではなく、依存物を使わないときにはいつも「不快」(負の強化)が生じてしまうのです。

 依存症の人はしばしば、依存物を使用する間は「快楽」を得られるので、それに満足して「幸福」になれると信じて使い続けます。しかし同時に、負の強化も進行していきます。そして実際には、いつの間にか、自らが依存症の負の強化によって「不快」になっていることに気づきにくくなります。

 もちろん依存物をたくさん使用することによって、たとえばアルコール依存症の場合、多量飲酒によって肝臓が悪くなる、違法薬物やギャンブル依存症の場合にはお金がなくなる、人間関係が悪くなる、インターネット依存症やオンラインゲーム依存症の場合は学業成績が不振になるなど、依存症特有の悪影響によって「不快」になる場合もあります。それらの悪影響による「不快」解消のために、さらに依存物を使うこともあるでしょう。しかし世の中には肝臓が悪いことや、お金がないこと、人間関係が悪いこと、学業成績が不振になることをあまり気にしない人もいます。そういう人たちでも、依存症の負の強化によって脳内が「不快」になると、やはりその解消のために依存物から離れがたくなってしまうのです。

「でも、ちょっと待ってください」と、あなたは思うかもしれません。「楽しい(快楽を得られる)ことをたくさんしている人は、幸福なのではないでしょうか?」と。

 たしかに、ひんぱんに海外に遊びに行ったり、いつも高価なものを買ったりしている人のSNSやブログなどを見ると、その人は幸せそうに見えるかもしれませんね。「快楽」の量や頻度が多いほど人は「幸福」になると考えるのは自然なことですから。

 しかしながら、依存物の場合は、その逆を行くのです(だから、病なのです)。依存症者の場合は、快楽をもたらす依存物を使えば使うほど、その人の不快度は次第に増していきます。

 依存症者にとっても、その周囲の人にとっても、依存物による「快楽を得られるけど不快になる」のを体感的に理解しにくいということが、この病の最もやっかいなところかもしれません。こうして依存症という病は重篤化してしまうのです。

■知らないうちに猛獣に食べられている

 人は、「快楽」を求めて依存物を使います(正の強化)。依存物をやりすぎて次第に依存症になると、依存物を使っていないと「不快」になります(負の強化)。

 その「不快」を解消するために、さらに依存物を使います。これを繰り返しているうちに依存物を使わないときの「不快」が強くなり、依存物から離れがたくなり、依存症が重症化していきます。

 ゲームを例にすると、子どもたちは「楽しい」のでゲームをします(正の強化)。「楽しくて」「飽きにくい」、そして「手軽」にできるのでつい、たくさんゲームをしてしまいます。そのうちにゲームをしていないと「不快」になってきます(負の強化)。今度は「楽しみ」を求める他に「不快」の解消手段が必要になります。ゲームは「手軽」に快楽を得られるので、「不快」の解消にもってこいです。そこでさらにゲームをすることになります。次第にゲームをしていないときの「不快」が強くなり、依存物から離れがたくなり、依存症が重症化していきます。

 まさに悪循環です。この繰り返しのうちに依存症は次第に悪化し、重症化していきます。ゲームを例に挙げましたが、ゲームがアルコールに、違法薬物に、タバコに代わるだけで、依存症はみな同じような悪循環になります(ただし違法薬物の場合にはやりすぎの回数がごく少ないという特徴があります)。

 こうした関係は、猛獣使いと猛獣に喩えるとよりわかりやすいかもしれません。人々にとって、依存物という猛獣を飼いならすのは憧れであり、かっこいいかもしれません。しかし依存物は猛獣よりもしたたかです。猛獣に食べられれば痛いのですぐ気づきますが、依存物は「快楽」をもたらすので食べられてもすぐには気づきません。つまり、飼いならせずに食われていることに気づくことができないのが、依存物なのです。依存物に食われてしまう人は後を絶ちません。

 ところで、ほとんどの依存物は「石コロ」と同じで、動物や虫のようにあちらから襲いかかってくることはありません。たとえばアルコール、違法薬物、ゲームすべて、それ自体が能動的に動くことはありません。動かない液体、白い粉、小さな機械にすぎません。人が勝手に依存物を製造し、それを使い始めて、使いすぎて、依存症になって止められなくなって自滅しているだけです。要は、動かない依存物の上で人間が勝手に踊っているだけなのです。

 しかし、人はその状態すなわち依存症を、長い歴史のなかでも克服できずにいます。

 たとえば、2016年現在アルコールが原因で亡くなっている人は、世界中で三百万人と推計されています。トラやクマに殺される人よりも、動かないただの液体(アルコール)や白い粉(覚せい剤)に殺されている人のほうが圧倒的に多いのです。

 依存物の使いすぎは、最終的に依存症になることによってその人を不幸にします。依存物の使いすぎには基準がありません。そして負の強化による不快が増していくので、そのつきあいはどんなに気をつけていても難しいものです。

「自制して使いなさい」といって簡単にできるような、ヤワなものではありません。大人もそうですが、特に未来のある子どもや青少年をスマホ依存症(ゲーム障害)にしてしまうことは、絶対に防ぎたいものです。いうなれば社会が依存症を生んでいるのも事実なので、社会全体でその回復を応援しなくてはなりません。