新型コロナウイルスで、小中高が全国一斉休校になり、戸惑う子どもや家族。想定外の事態に、子どもも大人もストレスを溜めている。

 そんな子どもや家族にのしかかる「コロナ・ストレス」にどのように対応すればいいのか。自衛隊で長年、メンタル教官として災害派遣など厳しいストレスと向き合う自衛官の心の健康を支え、『自衛隊メンタル教官が教える 心の疲れをとる技術』(朝日新書)の著書もある下園壮太氏に話を伺った。短期集中連載(全4回)でお送りする。3回目は「子どもや家族のストレスへの対応」について。

※第2回「『コロナうつ』に陥らないために必要なのは“不安”と“情報”の関係を知ること 自衛隊メンタル教官に聞いた」はこちら

■コロナ・ストレスが人間関係をむしばむ

 危機の時は、それぞれが「自己保存」に走ります。ところが「人」は本来、力を合わせてリスクを乗り越える動物です。

 目は前にしかない。だから背後は危ない。手はふたつしかない。2点で重いものを持ち上げるのは重いし、バランスも悪い。誰かと共同で持ち上げれば、安全も確保できるし、作業もうまくいく。そのために人は言葉を覚えたのです。ボス猿でも、群れから離れると毛繕いをする相手がいなくてすぐ死んでしまうといいます。

「相手のためは自分のため」、それができるほうが、戦争にも勝ちます。だから昔から軍隊は団結を重要視してきました。

 ところが今の時代、社会が発展して、人々が協働しなくても生きていけるようになりました。自国主義、自分主義が横行しています。マスクを買い求めたのも、人のためというより自分のためと考えた人が多かった。この漠然とした不安が続くと、誰もがイライラし、猜疑心が強くなり、一層協力の雰囲気が作れなくなってきます。政府や医療従事者の動きに対しても、評価や感謝するより、非難のほうが多くなっていました。

 ところが、最近少し風向きが変わってきているように思います。ヨーロッパやアメリカの状況が報道され始めたからです。前回は、原始的な不安は「比較」によって冷静になれる可能性を指摘しましたが、まさにこの比較の対象ができたのです。「イタリアに比べて、感染の拡大はまだまし」といった感覚が生まれました。

 その一方で、世界の首脳が「戦争状態」などと表現する今の状況で、さらにじわじわと不安が強まっているのが、子どもではないでしょうか。

■子どもは「親の背中」を見ているからこそ、大人が落ち着かないといけない

 子どもは、「過去」という比較の対象が少ないのです。おそらく、小学生にとって、このような行動制限や各国首脳の報道、オリンピック延期の議論がもたらす世の中の「ただならない雰囲気」は、初めてのことです。

 何が起こっているのか、これからどうなるのか、医学的な知識や情報とその理解力がない子ども達は、「アウトブレイク」「院内感染」「クラスター」「パンデミック」「オーバーシュート」「ロックダウン」という聞きなれない言葉が増えるたび、不安を増していきます。

 人は、自分でリスク判断ができないとき、信頼できる他者を観察して判断しようとします。つまりこういう時、子どもは、「親の顔」を見て世の中のリスクを予測するのです。だから今こそ、大人がしっかりするべきなのです。大人が、きちんと自分で情報を整理し、自分の言葉で子どもにリスクとその対処法を説明することが大事です。

 狭いところで人が大勢、集まるような場所はしばらく避けたほうがいいけど、公園なら遊んでも大丈夫。そのかわり、外から帰ったら、しっかり手洗いしようね、とつとめて具体的に話す。そして、親も落ち着いて、言行一致した行動を取ることです。子どもは親の言葉ではなく、背中を見ています。

 さらに特に気をつけたいのが、家族内の人間関係です。1カ月におよぶ休校や、通勤・外出の自粛で、家族での時間が急に増えています。一見、良いことのように思えますが、慣れていない、初めての状況なので、実は家族全員のストレスが多くなっているはずです。子どもは自由に遊んでいるだけだからストレスは軽い、と考えるのは間違っています。

 また、不安やストレスは、イライラや不機嫌、無気力などのいろんな形で表現されやすいということも、知っておくべきです。その中でもイライラは最も出やすい表現です。子どもは不安やストレスをきちんと言葉で表現できず、態度でぶつけてくるかもしれません。いつもと違う態度が出ることも予測して、大人がそれを「どん」と受け止めることが大切です。

■9月1日問題が、4月の新学期に起こるリスクも

 9月1日問題をご存知の方も多いでしょう。最近、小中学校で注目されている、夏休み明けに子どもの自殺が増える問題です。高校生にもそのリスクはあります。

 何らかの要因でエネルギーが低下している子どもにとっては、長期の休みの後、再び登校するのは、かなり大きなハードルになることがあるのです。

 今回、コロナウイルスの影響で、思いがけず夏休みに匹敵する長期休暇に入った子どもには、このリスクがより高まっていると思います。通常の夏休みではなく、イレギュラーな長期休暇であることに加えて、コロナ・ストレスの影響でエネルギーが低下している子どもが増えていると思われるからです。

 子どもを支える様々な支援組織を含め、社会全体があまりそのことに意識が向いていないように思います。

 親御さんや学校の先生は、注意して子どもをよく観察して欲しいと思います。もし、新学期のはじめに子どもが登校できなくても、親が動揺しないことが大事です。

 ただ、夏休み明けに学校に行けないのと、新しい学年に進学した当初からいけないのでは、ダメージも違うので、数日の不登校でも、学校の先生と、より良く連携して欲しいと思います。

■「任務解除ミーティング」で家族の不安を軽減する

 このリスクを避けるためにも、親はふだん以上に子どもを観察し、子どもの言葉を聞くことが大切になってきます。そのために有効なのが、自衛隊で行っていた「任務解除ミーティング」です。

 自衛隊では、災害派遣などの緊張度の高いときは「任務解除ミーティング」という会合を実施しています。一日の終わりに、各人がその日何をやったかを報告したり、感想を述べあったりするものです。お互いの不安や疲れ、イライラや疑心暗鬼を予防するには、とても効果がありました。

 同じように、毎日、家族の活動をお互いに報告する機会を持つのです。夕飯の時間や、朝ごはんの時間に、そんな会話の時間を意識して設けることを試して欲しいと思います。

 毎日が難しければ、週に2、3日でも、週末だけでも構いません。お互いの気持ちを言葉にして、受け止め合うことが、家族の不安とストレスの増大を防いでくれるはずです。